1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. 旅工房さんの旅行ブログ

  海外エリア: 北米 > カナダ の他のブログはこちら|

旅工房ブログ

~各地域専門のトラベル・コンシェルジュが旅の最新情報をお届けします~

プロフィール

ニックネーム:
旅工房
居住地:
東京都
会社名:
株式会社 旅工房
会社英字名:
TABIKOBO Co. Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5950-3505
業種:
旅行業
自己紹介:
旅工房では、現地に詳しい各地域専門のトラベル・コンシェルジュがお客様のご要望に合わせてオーダーメイドの旅をご提案。1組のお客様に対して1人のコンシェルジュが専任で担当し、ご相談からご帰国まできめ細やかにサポートいたします。

カレンダー
6月<2011年07月>8月
12
345 67 8 9
1011 12 13141516
17181920212223
24252627 282930
31

記事一覧

1 - 5件目まで(8件中)

バーベキューテーブル
カナダでバーベキュー ナイアガラ滝近くをハイキング
エリア:
  • 北米>カナダ>ナイアガラフォールズ
テーマ:観光地 ハイキング・登山 自然・植物 
投稿日:2011/07/27 19:16
コメント(0)
カナダといえば大自然のイメージ
世界三大瀑布の一つナイアガラの滝
のある ナイアガラ滝近くには
ちょっとして散策、ハイキングコースが
あります。その一つ、かつてナイアガラ滝が
あって、削り取られた様子が垣間見れる
ナイアガラグレン ハイキングコース
トレイル
かつてここにあのナイアガラ滝が
時間が決まっていますが、1日2回 ガイドさんによる
説明を聞きながらのハイキングが楽しめます
トレイル
トレイル入口には こんなバーベキューテーブルが
スーパーマーケットで食材、炭を購入すれば バーベキューが
楽しめます
バーベキューテーブル
ハイキングの後、バーベキュー
ハイキングしなくてもバーベキュー
カナダの旅にちょっとしたアクセント
バーベキューテーブル
夏カナダ 良いシーズンです

カナダ紅葉ローレンシャン
秋、カナダの紅葉を観に行こうよう。
エリア:
  • 北米>カナダ>ケベック シティ
  • 北米>カナダ>ローレンシャン地方
テーマ:街中・建物・景色 世界遺産 自然・植物 
投稿日:2011/07/12 22:16
コメント(0)
日本の紅葉はもう各地定番な感じですが、たまにはカナダの紅葉を楽しんで、日本と違った紅葉の風情を楽しんでみるのもどうでしょう?

紅葉なんて日本でも観られるんだから、わざわざ海外まで行ってもしょうがない、なんて思っているあなた。
それは違います!

日本の紅葉は文字通り真っ赤な「もみじ」が一面に色づきますが、カナダの紅葉は国旗にもなっている「かえで」すなわちメープル。赤に加え、まっ黄色な「黄葉」も織り交ざり、日本の山々の紅葉とはまるで違った美しさを楽しむことができるのが

カナダ紅葉

日本と同じく四季が訪れ、世界有数の規模を誇るカナダの大自然は、秋になると息をのむほど美しいプレミアムな紅葉が楽しめる最高のスポット。
日本の紅葉も美しいですが、一度は世界有数のスケールの大自然を誇るカナダで紅葉を楽しんでみませんか。

カナダ紅葉

紅葉を訪ねてカナダを旅するのなら、ここは押さえたい!カナダの中でも紅葉が最も美しいメープル街道沿いの街「ケベック」「モントリオール」、そして他のツアーではあまり催行されない紅葉の穴場「プリンスエドワード島」など、一生の記憶に残るようなロマンティックな秋カナダを紹介します。


カナダの紅葉スポット その1
スケールの違う大自然が作り出す、神秘の紅葉を楽しむ。
ローレンシャン高原
カナダ紅葉ローレンシャン大自然に抱かれた広大な高原エリア、ローレンシャンはなだらかな丘陵地帯に7万ともいわれるほどの湖沼が点在し、高原リゾートリゾートとして人気のエリア。
カナダ紅葉ローレンシャン
そのローレンシャン高原が最も美しくなるのが、秋。

9月中旬から10月いっぱいにかけ、絶好の紅葉の季節が訪れ、カエデやシラカバが一斉に赤や黄色に色づき、その美しさはメープル街道随一。 保養地としても有名だけに、澄み切った空気の美味しさも格別です。旅工房のツアーでは、車で1時間ほどのモントリオールを基点とし、ローレンシャン高原の美しく紅葉に彩られた大自然を訪れることができます。
カナダ紅葉ローレンシャン

日本の自然とは桁違いの雄大なスケールの紅葉が楽しめます!



カナダの紅葉スポット その2
プチ・フレンチのかわいい街並みが紅葉に色づく、世界遺産の街。
ケベック
カナダ紅葉ケベック
メープル街道沿いの美しい街ケベックは、紅葉の美しさもさることながら、仏英の開拓者により築かれた北米唯一の城塞都市で、歴史ある街の美しさも魅力のひとつ。
フランス色が強く、公用語もフランス語で、まるでヨーロッパにいるような気分にさせられる。
カナダ紅葉ケベック
世界遺産に登録されている旧市街は散策にもぴったりで、秋になると、歴史ある街並みと紅葉の色づきが絶妙な美しさのコントラストを醸し出す。

ケベックに行ったらで歩いてみたいのが、“カナダ最古の商店街”と言われる「プチ・シャンプラン」。
石畳の細い道のわきにブティックやレストラン、カフェなどたくさんのお店が軒を連ねる情緒ある通り。
カナダ紅葉ケベック
そんな通り沿いカフェで、赤や黄色に色づいた紅葉を眺めながら、芳醇なメープルシロップをたっぷり使ったカナディアンスイーツを楽しんでみたい。



カナダの紅葉スポット その3
紅葉の穴場。晴天率も高く、気持ちの良い秋を過ごせる。
プリンスエドワード島
カナダ紅葉プリンスエドワード
カナダの紅葉というと、ローレンシャン高原やケベックなどのメープル街道ばかりが取り上げられるが、紅葉の穴場としてカナダ通に人気なのが、赤毛のアンでもおなじみのプリンスエドワード島。
カナダ紅葉プリンスエドワード
ちょうど10月のサンクス・ギビング(感謝祭)の頃が紅葉のシーズン。
カナダ紅葉プリンスエドワードカナダ紅葉プリンスエドワード
ローレンシャンやケベックなどのメープル街道ほどダイナミックな紅葉ではないが、赤毛のアンをイメージする赤土の小道にかかる美しい紅葉のアーチなどが楽しめ、小さな幸せを一杯もらったような気持ちにさせられることだろう。




カナダの紅葉スポット 番外編
車窓一面から飛び込んでくる紅葉の美しさ。これを楽しめるのは短い秋の期間だけ。
VIA鉄道の旅
カナダ紅葉VIA
カナダを東西に横断する大陸横断列車VIA鉄道。中でも、モントリオール⇔ケベック間を走るコリドー号は、紅葉のシーズンになれば車窓からの眺めが一面秋の紅葉に。
カナダ紅葉VIA
その景色の美しさはまさに格別。 雄大にかつ繊細に、赤や黄色に色づくメープルのグラデーションは短い秋のわずか2ヶ月間しか楽しむことができないレアな鉄道の旅となります。
カナダ紅葉VIA


さあ、紅葉のチャンスは9月中旬から10月下旬までのわずか1ヶ月半。
今からでも遅くない!海外の紅葉を今年は楽しんで!
タグ:
カナダ 紅葉 モントリオール VIA ローレンシャン 

PR
カナダの紅葉・黄葉を楽しむ旅なら、旅工房が充実です。
カナダの紅葉・黄葉を楽しむ旅なら、旅工房が充実です。
カルビ
ソウル仁川空港新都市で1泊して行く海外旅行
エリア:
  • アジア>韓国>韓国その他の都市
テーマ:旅行準備 ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2011/07/11 16:40
コメント(0)
直行便で目的地へ行く 旅行 もちろん アリですが。
スケジュールの関係から、で なくても
ソウルで1泊して行くのも アリ だと。
夜ソウル仁川空港に着いて 1泊して 翌朝出発の場合
便利なのが、仁川空港新都市にある スカイホテル
ソウル仁川空港着後、ホテルへ電話すると 送迎車が
迎えに来てくれます。車で約10分でホテルへ。
ホテルの送迎車
ホテル内はwifi フリー インターネットが利用出来ます。
WIFiの館内

ホテル外観
客室はシンプルです
客室
ホテルの周りは賑やかでレストランやコンビニ、ロッテマート
スーパーマーケットが徒歩圏内で韓国のお土産もここで買えちゃいます。
韓国料理 カルビ
カルビ
ユッケ
ユッケ
チジミ
チジミ
冷麺
冷麺
その他屋台に居酒屋 色々とレストラン充実の仁川空港新都市
ホテル発の無料シャトルバスは朝6時から 予約要
シャトルバスホテル発時間
韓国で楽しみすぎて寝坊しない様に。
ソウルで1泊して行く海外旅行も楽しいです。

フィヨルド7
アクティブな旅行をしたい方必見!!絶壁の岩プレーケスト-レンから見るフィヨルド *リーセフィヨルド*
エリア:
  • ヨーロッパ>ノルウェー>スタヴァンゲル
テーマ:観光地 街中・建物・景色 クルーズ 
投稿日:2011/07/08 20:39
コメント(0)
そろそろ、梅雨が明けそうですね!

もうすぐ夏本番!!


夏といったら、北欧がベストのシーズンです。

そこで、オススメしたい場所をご紹介いたします☆


ノルウェーのフィヨルドといえば、
ガイランゲルフィヨルドやソグネフィヨルドが有名ですが、

今回ご紹介するのは、リーセフィヨルドというところです!


ここは、絶壁の岩プレーケスト-レンからフィヨルドを見下ろすことができるんです!

頂上までは約2時間くらい登ります。


このような感じで、登ります。

フィヨルド4

途中で、池があったりと
歩きながらも景色の変化を楽しめます♪

フィヨルド5


頂上に着けば、こんな感じです!

先端に行くと
落ちてしまいそうで、足がすくみました。(汗)


私は、先端に手をかけるだけしかできませんでした!


フィヨルド1


こんな美しい景色で
ランチは格別です!!

フィヨルド3

自分で登って、達成感もあり
眺めるフィヨルドは一味違いますよ♪


ソグネフィヨルドに行くなら
ついでにリーセフィヨルドも行ってみることをおすすめします!


夏は、自然が作り上げたフィヨルドで
思いっきりリフレッシュしてはいかがですか???

PR
せっかくフィヨルドに行くなら2か所のフィヨルドにいきましょう! ノルウェー2大フィヨルドツアーございます☆お気軽にお問い合わせ下さい!
オーロラ
夏のオーロラと冬のオーロラの違い
エリア:
  • 北米>カナダ>イエローナイフ
  • 北米>カナダ>ホワイトホース
  • 北米>カナダ>ドーソンシティ
テーマ:観光地 自然・植物 
投稿日:2011/07/07 17:32
コメント(0)

こんにちは。毎朝寝汗だくだくで目が覚めます。
そんな暑い夏がもう目の前ですが、こんな時に行きたいのがカナダ。

そしてカナダといえばオーロラ。
でも、オーロラって冬のイメージが強いですが、夏も観ることができます。
さて、そこで 夏と冬、どう違うの?どっちがいいの?そういうご意見も多いので、ここで改めてご紹介。

イエローナイフ
【夏のオーロラ シーズン:8月中旬〜10月初旬】

■寒くない
寒くないと言うと語弊が生じますが、冬に比べたら圧倒的に寒くありません。
夏オーロラ催行中のイエローナイフ、平均最低気温は、
8月:10.3度
9月:3.8度
氷点下にはなりません。
日本の11、12月ぐらいの気温ですので、それ用の上着はご用意ください。

■カメラの扱いが簡単
極寒地ではデジカメの使い方もかなり気を使う必要があります。
冬はデジカメのバッテリーの持ちがとにかく悪くなります。数分電源をつけっぱなしにしていただけでバッテリー切れなんていうこともよくあること。
それに、冬は結露にも注意。
外で使用したカメラをそのまま暖房の効いたティーピーや食堂に持ち込むと、激しい温度差によってカメラに結露が発生してビッショリになり、水に弱いカメラは壊れてしまいます。
夏はそういう心配が全くなし。日本で普通に使うのと何ら変わらずに写真を撮ることができます。
また、凍傷になる心配をすることなく好きなだけ写真撮影ができるのも夏ならではですね。


■逆さオーロラ
オーロラ鑑賞を楽しむオーロラビレッジには大きな湖があります。
冬は全面凍結しますが、夏は氷が全て溶け、豊かな水を湛えます。
深夜、オーロラが天空に発生すると、その湖の水面にもオーロラが映り、幻の『逆さオーロラ』が現れます。
これは冬には決して見ることのできない夏だけの光景です。これを写真に収めに訪れる人も多いです。

オーロラ


■防寒着不要
冬のイエローナイフでは、極寒地仕様のごっつい防寒着が無料で貸し出されます。
これを着ると寒さはかなり抑えられるんですが、、、いかんせん重い。
イエローナイフの街中など少し歩いただけで結構疲れます。ブーツもスキー靴みたいなやつなので重くて歩きづらいです。これを着て暖かいショッピングモールを歩くと、汗だくになります。
夏なら防寒着の貸し出しはありませんので、普段着で行動していただきます。着慣れた軽い衣類でかなり行動範囲が広がることでしょう。

■蚊が多い
夏のイエローナイフは湖が凍結しないので、蚊が結構います。
夏のオーロラ鑑賞に行く際は、虫除けスプレーやウナコーワなど持っていくのがおすすめです。

【冬のオーロラ シーズン:11月下旬〜4月初旬】


■料金が安い
夏のカナダはピークシーズンですので、エアチケットもホテルも高いです。
冬は寒すぎて、いくらオーロラが見えるといえども欧米人はあまり訪れません。
自然と料金は安くなります。

■寒い
残念ながら冬のイエローナイフは極寒です。
月別平均最低気温
11月:-17.7度
12月:-27.7度
1月:-30.9度
2月:-28.1度
3月:-23.3度
まあいつ行っても寒いですが、少しでも寒くなく!というのなら早めに行くのがおすすめです。


■凍傷に注意
身体の末端を外気に晒し続けていると凍傷になる危険性があります。写真撮影の際は特に注意。極寒地用の分厚い手袋ではシャッターが押せないので、撮影の時は手袋をはずさないといけませんが、長時間指を出しっ放しにしていると、だんだん指の感覚がなくなってきて最悪の場合凍傷になってしまいます。レンタルの手袋以外に登山用の薄手の手袋を持って行くと便利です。

■蚊がいない

冬は全くいません

■冬のアクティビティが色々
雪原を走る犬ぞり体験や、市内観光では凍った湖の上が公道になるアイスロード体験、スノーモービル、バナナで釘を打ったりタオルを瞬時に凍らす極寒実験、などなど、日本では体験できないマイナス30度の世界を逆に楽しむことができます。(これが結構面白い)
オーロラ

ということで、夏も冬もメリット・デメリットがありますが、どちらも魅力的なオーロラ。

どちらを選ぶかは、あなた次第です。

オーロラ

ちなみに、昨年がそうだったんですが、年末年始の出発はあっという間に席埋まります。、まだ5ヶ月もあるから〜ってのんきにしてるとあっという間に席なくなっちゃいますよ!

私の個人的なおすすめは、せっかくオーロラを見に行くならカナディアンロッキーとの周遊いいですね!

タグ:
イエローナイフ オーロラ カナダ 

PR
夏のオーロラツアー、好評発売中。
冬のオーロラ2011年ツアツアーも受付開始しました!
夏のオーロラツアー、好評発売中。 冬のオーロラ2011年ツアツアーも受付開始しました!

1 - 5件目まで(8件中)