1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. 旅工房さんの旅行ブログ

  海外エリア: 北米 > アメリカ西部 の他のブログはこちら|

旅工房ブログ

~各地域専門のトラベル・コンシェルジュが旅の最新情報をお届けします~

プロフィール

ニックネーム:
旅工房
居住地:
東京都
会社名:
株式会社 旅工房
会社英字名:
TABIKOBO Co. Ltd.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5950-3505
業種:
旅行業
自己紹介:
旅工房では、現地に詳しい各地域専門のトラベル・コンシェルジュがお客様のご要望に合わせてオーダーメイドの旅をご提案。1組のお客様に対して1人のコンシェルジュが専任で担当し、ご相談からご帰国まできめ細やかにサポートいたします。

カレンダー
8月<2011年09月>10月
1 23
45 67 8910
111213 1415 1617
18192021222324
252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(8件中)

LAS4
*世界中のわくわくがぎゅっと集まる場所*
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>ラスベガス
テーマ:観光地 
投稿日:2011/09/24 14:10
コメント(0)
こんにちは!

さて!突然ですが、ここがどこかご存じでしょうか?


LAS1

ニューヨーク・・・?

LAS2

パリ・・・?


いえいえ、ここは世界で1番わくわくしてしまう都市、
★ラスベガス★です!


ホテル1個1個がとても手の込んだ作りで、
街を歩いているだけで世界中を旅行したような錯覚に陥ります!

1都市で、自由の女神が見れて、凱旋門がみれて、エッフェル塔がみれて、スフィンクスだって見られちゃう!

とってもお得な気分ですよね〜^^


そして、ラスベガスと言えば、やはり夜!


LAS4

とてつもなくゴージャスできらびやかなイルミネーションにつつまれます!

LAS3

ラスベガス名物の噴水もあります!


そんなゴージャスな雰囲気の中、カジノにチャレンジしてみたり。。
気分はすっかりセレブです!*


ラスベガスは本当に世界中のわくわくを凝縮した街なんです!

NYグラセン
ニューヨークで便利なグラセンデリ
エリア:
  • 北米>アメリカ東部>ニューヨーク
テーマ:買物・土産 グルメ 
投稿日:2011/09/24 13:50
コメント(0)
ニューヨーカーなセレブが御用達のデリといえば、

グランドセントラルにある「グラセンデリ」(正式名称は知りません)
NYグラセン

NYグラセン

東京で言えば、東京駅って感じで常に賑わっていて、いろんなものが売っていて楽しいデリです。

私が気になったのは、なんといってもソーセージの数々。

NYグラセン


日本とは比べものにならないくらいのいろんな種類のソーセージが売られていて、かなり迷っちゃいます。

NYグラセン

ソーセージを買ったら、一緒に粒マスタードちゃんも買って、部屋でボイルして食べましょう♪

ソーセージといえば、やっぱり飲みたいのがビール。
ビールは「ローリングロック」というのがおすすめです。
NYグラセン
あっさりしていてとっても飲みやすいビールです。
ただ観光するだけではなく、本場のデリ探索なんかもニューヨークでは本当に楽しいので、ぜひ行ってみてください!
タグ:
ニューヨーク グランドセントラル デリ 

PR
ニューヨークのツアーは旅工房で!
ニューヨークのツアーは旅工房で!
オーロラ
この冬は「極北女子」がプチブレイク!?オーロラかがやく極北の夜空の下で、ニューイヤーを迎えたい。
エリア:
  • 北米>カナダ>ナイアガラフォールズ
  • 北米>カナダ>イエローナイフ
テーマ:観光地 鑑賞・観戦 自然・植物 
投稿日:2011/09/24 13:21
コメント(0)
旅工房です。
今年ももう残り3ヶ月ですね。
え!?あと3ヶ月!?早すぎませんか!?

気がつけばクリスマス、気が付けば大晦日、そして2012年。。。

今年の年越しはこんなのいかがですか?

カナダ・イエローナイフ
オーロラ降り注ぐ極北の夜空の下で感動のカウントダウン。
オーロラと共に2012年を迎える旅。

   

オーロラ

オーロラ

オーロラ

オーロラ

オーロラ

オーロラ
写真提供:オーロラビレッジ


澄み切った夜空に数えきれないほどの星たち。
そんな星たちを遮って夜空を彩るのは天空の神秘オーロラ。

オーロラ鑑賞はもちろん深夜なので、オーロラがちゃんと出現していれば、ゆらめくオーロラの下でニューイヤーのカウントダウン!
これ以上のロマンティックってありませんね!
欲を言えば、オーロラの前にトロントに立ち寄って、滝の飛沫が凍ってキラキラ輝く冬のナイアガラなんかも素敵ですよ!
一生に一度の思い出を作るため、オーロラを見ながら新年を迎えてみませんか?


日本からカナダまでの便は機体も大きく空席状況が比較的落ち着いていますが、イエローナイフやホワイトホースまで行くカナダ国内線が年末は毎年すぐに埋まってしまいます。機体も小さいし。今年も既にもう席の空いていない日があるくらいなんで。

もしオーロラの下でカウントダウンという一生モノの体験をして見たければ、今からご計画を。>
タグ:
オーロラ イエローナイフ ホワイトホース カナダ 年末年始 

PR
旅工房はカナダのオーロラツアーに強い旅行会社です!
イエローナイフ、ホワイトホース、バンクーバーやナイアガラカナディアンロッキー、ケベックなど様々な都市とのコンビネーションも自由!
旅工房はカナダのオーロラツアーに強い旅行会社です! イエローナイフ、ホワイトホース、バンクーバーやナイアガラカナディアンロッキー、ケベックなど様々な都市とのコンビネーションも自由!
オーロラ1
**憧れのオーロラを見にラップランドへ**
エリア:
  • ヨーロッパ>フィンランド>ロバニエミ
  • ヨーロッパ>スウェーデン>キールナ
  • ヨーロッパ>ノルウェー>トロムソ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 鑑賞・観戦 
投稿日:2011/09/15 14:13
コメント(0)
****一生に一度は見ておきたいオーロラ****

ぜひ、その夢をラップランドで叶えてはみませんか?


ラップランドにはたくさんの魅力があります!


●オーロラといえば・・・フィンランド

その中でも「ロヴァニエミ」をご紹介。


オーロラ以外にも
サンタクロースに会えるのが最大の魅力。
サンタオフィス
さんた
さんたしょっぷ

世界中でサンタさんに会えるのは、ここだけ!!

サンタさんに会って、
今年のクリスマスプレゼントをリクエストしちゃいましょう♪

また、他にもトナカイ牧場や
サンタクロース郵便局があります。

サンタクロース郵便局では、
クリスマスに手紙を届けてくれるポストがあります。
大切なヒトに出して、サプライズしてみてはいかがですか??

オーロラを見るなら、オプショナルツアーに参加することをおすすめします。
街が人工の光で明るく、移動しないといけないからです。



●氷と雪でできた”アイスホテル”に行ける スウェーデン「キールナ」

キールナは鉱山がある街です。
また、オーロラの研究所がキールナにはあります。
レストランやお店もあり、ラップランドの中でもラップランドと同じくらいの大きな街です。

キールナの街の中心部から少し離れたところにある「キャンプリパンホテル」はおすすめです。

◆ラップランド料理が味わえる
レストランを現地で探すのは難しく、ラップランド料理が食べられるレストランを見つけるのは特に困難です。
しかし、このホテルのレストランでは食べられます!
ラップランドに行ったら、ラップランド料理を食べることをお勧めします!!!
ちなみにラップランド料理はトナカイ・雷鳥・アザラシといった
日本でも珍しい食べ物ばかり。


◆オーロラをホテル敷地内から見ることが出来る
街の中心部から離れているので、人工の光が邪魔することがありません。

この点から、おすすめしたいホテルです★

《おすすめスポット》


■ユッカスヤルヴィ村にあるアイスホテル

アイスホテル


氷と雪でできたアイスホテルは世界でも珍しいホテルです。
ホテルのドアは毛皮を使っていて、とてもリアル。

部屋は世界中のデザイナーがそれぞれ作っていて、個性的です。

キールナからバスで約20〜30分

■アビスコツーリストステーション

アビスコツーリストステーションは国立公園です。
そこには大自然が広がっています。


山と森、湖、川と壮大な自然。

ここは、まさにオーロラを見るのに絶好のロケーションです。

光が全くないので、
星もバッチリ見えます。
空を見上げればプラネタリウムのような星空が。

オーロラ2
オーロラ3
オーロラ1

キールナから鉄道で約1時間半。


●夜景が美しい ノルウェーの「トロムソ」
トロムソ


北欧のパリとも呼ばれるトロムソは、北欧の中でも暖かい場所です。
マイナス10度以下になることはまれとか。(ちなみにキールナはマイナス25度くらい)


そんなトロムソも楽しみが満載。

《おすすめスポット》

●ポラリア

北極圏に生息する動物に会えます。
まんまるアザラシが人気者。
トロムソ あざらし


●マックビール工場
おいしいビールをぜひ飲んでみて。



なにより、トロムソは夜景が綺麗!
夜景とオーロラ両方を楽しめるのはトロムソ!!

スカンディックトロムソというホテルは
街の中心部から離れているものの、
オーロラ鑑賞に最適なホテルです。


移動せずにホテルの近くでオーロラを見れるというのは
かなり大きなポイント!!

寒い中、4時間外で待つのは本当に辛いです。。。
実際マイナス25度の中、
外で粘ってまるでガマン大会のようでした(笑)

ですが、オーロラが見えたときは寒さが吹き飛ぶくらい
オーロラに見とれてしまいました。
まるでオーロラの光に吸い込まれていくよう。

ぜひ、皆様にも見ていただきたいものです。

とにかく、ラップランドはオーロラ以外にも楽しみがございます!!!
オーロラを見にラップランドに行きませんか???

PR
北欧のオーロラツアーを多く取り揃えております。お客様のご希望を叶えます。一生の思い出に残る旅に致します。まずはお問い合わせください。
フェアモントマヤコバ
カンクンを超えるカリブ海リゾート、リビエラ・マヤってどんなとこ?
エリア:
  • 中南米>メキシコ>プラヤ デル カルメン
  • 中南米>メキシコ>リビエラ マヤ
  • 中南米>メキシコ>カンクン
テーマ:ビーチ・島 マリンスポーツ ホテル・宿泊 
投稿日:2011/09/13 10:31
コメント(0)
皆さんに知ってもらいたいビーチリゾートがあります。 カリブ海のメキシカンリゾート・カンクン。 カンクン?超有名じゃん!ってお思いの方も多いでしょう。
正確には「カンクン」ではなく、カンクンの隣の「リビエラ・マヤ」というエリアです。

カンクンは一言で言ってしまうと『町』です。

少し内陸に入ったあたりに一般の人達が生活しているダウンタウンがあり、市場や安いレストラン、安いホテル、映画館、大きなスーパーなどがあります。

ダウンタウンから車で大体10〜20分分ぐらい海の方に行くと、綺麗なカリブ海に半島のように出っ張ったエリアがあり、そこが「ホテルゾーン」と呼ばれ、旅行者の大半がここに宿泊します。

↓カンクンの地図
リビエラマヤ

このカリブ海に面したほそ〜〜〜〜いところが「ホテルゾーン」

そして、空港やカンクンよりももっと南に行くと、国道の沿いの左右にジャングルが広がり、それがずーっと何十キロも続きます。

リビエラマヤ

↑このAとBの間の140キロ近くに渡るジャングルエリア。

北はカンクンから、南はマヤ遺跡のあるトゥルムという町まで、ここが「リビエラ・マヤ」と呼ばれるエリア。

このジャングルの中に、高級なリゾートエリアがいくつも点在し、それはそれは豊かな自然とカリブ海に囲まれた贅沢な滞在が楽しめるわけです。

カンクンはもう開発されつくされちゃっていて、自然が豊かとは言いがたいですが、飲みに行ったり、夜遊びしたり、ショッピングしたり、町に繰り出して遊ぶのもリゾート滞在の中では欠かせない!っていう人はいいかもしれませんが、ちょっと賑やかすぎたり、完成されつくされちゃってる感が物足りないって人も。

そんな人には、リビエラ・マヤ。

静か。のんびり。カリブ海。
遊ぶところはちょっと遠くて大変だけど、リゾート滞在をのん〜びりと楽しみたいならリビエラマヤ!

プライベート感たっぷりにすごしたいハネムーンの人なんかには好評ですね。

↓そんなリビエラマヤのオススメを紹介します。↓

バンヤン・ツリー・マヤコバ

『バンヤン・ツリー』って知ってます?
アジアを中心にラグジュアリー系のリゾートホテルを展開する超有名ホテルグループです。
設備やサービス、ホスピタリティ、レストラン、どれを取っても本当に最高級レベルなんですが、中でも絶大な人気なのが「バンヤンツリー・スパ」。
本格的なタイ古式マッサージに最新鋭の設備、そして五感を楽しませてくれるロケーション、世界中のセレブに愛されています。

そんなバンヤンツリーが2009年にカリブ海進出。
それがここ。『バンヤンツリー・マヤコバ』

バンヤンツリーマヤコバ バンヤンツリーマヤコバ バンヤンツリーマヤコバ バンヤンツリーマヤコバ バンヤンツリーマヤコバ バンヤンツリーマヤコバ バンヤンツリーマヤコバ バンヤンツリーマヤコバ バンヤンツリーマヤコバ バンヤンツリーマヤコバ
はっきり言って、高いです。でも泊まってみたいです。


つづいては

フェアモント・マヤコバ

北米を中心に豪華なリゾートを展開するフェアモントがリビエラマヤに!

フェアモントマヤコバ フェアモントマヤコバ フェアモントマヤコバ フェアモントマヤコバ フェアモントマヤコバ フェアモントマヤコバ フェアモントマヤコバ
数々の 雑誌に取り上げられてきたフェアモント・マヤコバ。

広い敷地内には数多くの水路がはりめぐらされ、移動はボートでのんびりゆったり。 手つかずの緑豊かな自然と波の音に癒されます。
また、自然の美しさと対照的に、夜になるとオレンジ色の灯りがジャングルを彩り、水路に反射し て輝く光景は幻想的そのもの。


3つ目は、

グランド・べラス・リビエラ・マヤ

プラヤ・デル・カルメンという町に近い、オールインクルーシブが人気のリゾート。

グランド・べラス・リビエラ・マヤ グランド・べラス・リビエラ・マヤ グランド・べラス・リビエラ・マヤ
9件ものレストランが敷地内にあって、オールインクルーシブなので全部のお店でほとんどのメニューが無料!
もちろんお酒も。チップだって無料なので面倒な計算も不要。


ということで、ハネムーンでもカップルでも友達同士でも、カリブ海に行きたいならぜひリビエラマヤを検討してみてください!


タグ:
カンクン リビエラマヤ バンヤンツリー フェアモント 

PR
今回ブログでご紹介したホテルの宿泊ツアー、全部揃ってます!
お問合わせは→03-5956-4103
Emailはusa@tabikobo.com
今回ブログでご紹介したホテルの宿泊ツアー、全部揃ってます! お問合わせは→03-5956-4103 Emailはusa@tabikobo.com

1 - 5件目まで(8件中)