1. ι? ???
  2. 海外の旅行ブログ
  3. トーホートラベルさんの旅行ブログ
  4. トーホートラベルさん バヌアツの記事一覧

  海外エリア: 南太平洋 > バヌアツ の他のブログはこちら|

南太平洋旅行専門店スタッフブログ

~フィジー、ニューカレドニア、タヒチ、バヌアツ、イースター島など南太平洋の魅力あふれる最新情報、旅行社の日常などご案内しています~

南太平洋旅行専門店トーホートラベル
フィジー・ニューカレドニア・タヒチ南太平洋専門の旅行会社です。特典豊富なツアーも満載。オリジナルツアーもおまかせください!
プロフィール

ニックネーム:
トーホートラベル
居住地:
東京都
会社名:
南太平洋旅行専門店トーホートラベル
会社英字名:
South Pacific Specialists toho travel
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5643-8032
業種:
旅行業
自己紹介:
■(株)トーホートラベルは長年の歴史と実績を誇る、国内唯一の南太平洋旅行専門店です。取扱エリアは南太平洋の人気リゾート地、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア、クック諸島、イースター島、バヌアツ他、世界の厳選リゾートとしてモルディブも多数のリゾートをご案内中です。日本でどこよりも早く、幅広く取扱っている南太平洋のスペシャリストです。
■スタッフは全員、定期的な視察で現地との繋がりも深く、現地情報にも精通したスペシャリストです。最新のリアルな情報でお得な価格にて、ご提案いたします。
■専門店だからこそ、オーダーメイドの旅やツアーアレンジも自由自在!お好みのホテル、航空会社、離島めぐりもお好み次第!お見積もり無料&迅速に対応いたします。
■日本全国の空港から出発できます!成田、関空、中部、福岡、新千歳の各空港から出発できます!
■営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土曜日)日・祝日休
■東京都中央区日本橋茅場町3-8-5松村ビル2F
ご旅行のご相談は事前予約制となっておりますので、ご来店前にお電話またはメールにてご連絡ください。
トーホートラベル予約担当03-5643-8031
《最寄り駅》
日比谷線 八丁掘駅 徒歩1分
日比谷線 茅場町駅 徒歩1分、
日比谷線 日本橋駅 徒歩10分
JR東京駅 徒歩15分
半蔵門線 水天宮前駅 徒歩10分

旅行企画・実施:株式会社トーホートラベル
観光庁長官登録旅行業第1848号
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
旅行業公正取引協議会会員

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(19件中)

2
【幸福の国、バヌアツ】南太平洋の穴場★大人の隠れ家リゾート「ザ・ハバナ」
エリア:
  • 南太平洋>バヌアツ
テーマ:ビーチ・島 ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2017/10/13 13:53
2

Halo
今日は、南太平洋にあるバヌアツという国にある
大人の隠れ家リゾート「ザ・ハバナ」をご紹介させていただきます♪

「ん??バヌアツ?」

どこにあるんだろう?
どんな所?
何があるの??

。。。という方が、きっと多いかと思います。
そうなんです。
まだまだ日本人の方は、あまり多くは訪れていない国かもしれません。

そんなご紹介も少しふくめて♪

1

バヌアツはニューカレドニア経由で行くことができます。
ニューカレドニアからの乗換になりますが、
そのフライト時間は、わずか1時間。

距離的にもとても近いです。
ですが、国が違うのはもちろんですが
この1時間で文化も、自然もいろいろと異なる場所・・というのが、とてもおもしろいです。

南太平洋にぽっかり浮かんだ、独立国「バヌアツ共和国」

「幸福の国、バヌアツ」

とも呼ばれることがあります。
それは、英国の調査会社の調査で「世界一幸せな国」に選ばれ、
ロンリープラネット誌にも「世界一幸せな国」と紹介されるなど、
国民の幸福度数の高さは・・まさに、マックス!

幸せだからこそ、
非常におおらかで楽天的な国民性があり
“笑顔の民”とも呼ばれています。

2

さて、そんなバヌアツには、
美しい自然、海はもちろんのこと・・
欧米人たちに人気の素敵なリゾートも実は沢山あるんですよ♪

オーストラリアやニュージーランドからもとても近いので、
この恵まれたロケーションや文化は、やはり人気が高し・・・

そんなリゾートの中でも、
ロケーション◎、リゾート◎という
大人の隠れ家リゾート「ザ・ハバナ」を今日はご紹介させていただこうと思います。

2

バヌアツ本島(エフェテ島)、ポートビラから車で約30分・・
「ザ・ハバナ」は、北部の岬の先端にあり
16歳以下のお子さまは宿泊不可の大人の隠れ家リゾートです。

リゾート前には青い海と白砂のビーチが続いています。

4

リゾートのお部屋の中でも、特に人気のお部屋は「ラグーンプールヴィラ」です。
メインプールを囲むように位置する客室からの贅沢な眺めは、言葉では言い表せません。

リゾート自慢のレストランやスパも充実、
ロマンティックディナーなども、もちろんお楽しみいただけます。

3

まだまだ日本からのお客様は少なく、
これから問い合わせが増えてくること間違いナシの注目リゾートです。

ぜひぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

5

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜
【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
バヌアツ ホテル ザ・ハバナ 

PR
【みんなが知らない穴場リゾート♪バヌアツ】ハイダウェイ島日帰りツアーへご招待!! ★ロマンティックな大人の隠れ家リゾート『ザ・ハバナ・バヌアツ』8日間¥285000〜
【みんなが知らない穴場リゾート♪バヌアツ】ハイダウェイ島日帰りツアーへご招待!! ★ロマンティックな大人の隠れ家リゾート『ザ・ハバナ・バヌアツ』8日間¥285000〜
2
【バヌアツ】視察旅行〜旅日記7
エリア:
  • 南太平洋>バヌアツ>タンナ島
テーマ:ビーチ・島 ホテル・宿泊 自然・植物 
投稿日:2017/06/25 12:42
1

ちょっと飛び飛びの旅日記になっておりますが(すみません・・!)
南太平洋の秘境、バヌアツにある離島、
タンナ島滞在をへて、国際空港のある本島エフェテ島へ戻ってきました。

トランジェットのような本島滞在(笑)
1泊だけして、明日はサント島という離島へ移動の予定です。

タンナ島は火山のイメージが強く、
滞在中に火山を見に行くのは「絶対、外せない♪」とずっと思っていました。

火山、火山・・と思っていましたが
実は、実際に滞在してみると、火山以外の見どころもたくさんあり
火山に固執することは、全然ないと思うようになりました。

・・・という訳で^^
今日のブログでは、タンナ島の魅力を・・
火山以外の写真を選んでみました。


2

3

4

5


もちろんヤスール火山見学が一番のおススメであることには変わりありませんが・・・。

サント島は「海」のイメージが強く、
イメージそのものなのか、タンナのようにイメージが変わるか・・・楽しみです。

視察報告はまだまだ続きます。
宜しければ、またご覧になって下さい。

1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜

【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
バヌアツ 旅日記 旅行記 タンナ島 

PR
専門店だからできるオリジナル・オーダーメイドのプランもお任せください!ツアーアレンジも自由自在。お客様のお好みにぴったりの南太平洋旅行をご提案デザインいたします。
専門店だからできるオリジナル・オーダーメイドのプランもお任せください!ツアーアレンジも自由自在。お客様のお好みにぴったりの南太平洋旅行をご提案デザインいたします。
1
南太平洋バヌアツが舞台の映画『タンナ(Tanna)』この夏公開!
エリア:
  • 南太平洋>バヌアツ
テーマ:お祭り・イベント 鑑賞・観戦 
投稿日:2017/06/20 21:06
1

部族のしきたりと愛の間で揺れる少女ワワと
族長の息子の悲しき恋の物語を描いた『タンナ』が
2017年、この夏、日本で公開になります!

オーストラリアとバヌアツの合作となる
こちらの映画。

先月、ちょうど弊社スタッフのトモ氏が、
このロケ地に当たるタンナ島へ視察旅行で訪問し
とらべるこちゃんのブログでも、旅行記をご紹介させて頂いておりました。


2

『タンナ』(Tanna)は、南太平洋のタンナ島を舞台とした2015年のオーストラリア・バヌアツの映画です。『ロミオとジュリエット』に類似した手法が使われるこの映画は、両親の決めた政略結婚に逆らったカップルの実話が基となっています。

第72回ヴェネツィア国際映画祭(英語版)では観客賞(ピエトロ・バルチサ)を獲得した。第89回アカデミー賞外国語映画賞にはオーストラリア代表作として出品され、2017年1月に本戦ノミネートが発表されました。

3

映画は全編史上初となる、バヌアツでロケーション撮影が行われました。キャストの多くは原住民が起用され、実生活と同様の役柄を演じさせており、ダイン役が選ばれた理由は彼が村で最もハンサムな男であると言われていたから・・だそうです。映画はNauvhalとNafe語で撮られ、キャストたちは自身の役割が「日常生活で慣れていることを行う」ことであったために撮影が難しいとは考えていなかったとか。

4

2015年にサイクロン・パムが襲った直後に部族向けに特別上映会が開かれました。同年9月に第72回ヴェネツィア国際映画祭(英語版)で上映され、観客賞(ピエトロ・バルチサ)を獲得し、さらにベントレー・ディーンが撮影賞を獲得した。他にロンドン映画祭やアデレード映画祭(英語版)で上映されています。日本では昨年の2016年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭でも上映されています。

5

公開の映画館について、調べてみたところ、
新宿シネマカリテにて、上映されるようです。

詳しい日程については、まだこちらの映画館のサイトでも未公開でしたので、
もし興味がある方は、直接のお問い合わせなどされてみて下さい。
こちらの5週間の中で、何本かの映画が上映され、
その中に「タンナ」が含まれているそうです。

自分でも、仕事抜きにしても
この映画・・是非、観に行ってみたい!と思っています。

「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」
開催期間: 2017年7月15日(土)〜8月18日(金) 5週間!
開催場所: 新宿シネマカリテ
(東京都新宿新宿3丁目37-12 新宿NOWAビルB1F)
https://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2017/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜タヒチ・フィジー・ニューカレドニア・クック諸島 旅行専門店〜

【トーホートラベル】
https://www.tohotravel.com/
■お問い合わせ専用ダイヤル 03-5643-8032
■ご予約専用ダイヤル 03-5643-8031
営業時間10:00〜19:00(平日)10:30〜19:00(土)
タグ:
バヌアツ タンナ 映画 Tanna 

PR
美しい自然に抱かれる南太平洋の秘境バヌアツ。バヌアツへの旅は南太平洋旅行専門店トーホートラベルへおまかせください。お好みにぴったりな旅をご案内致します。
美しい自然に抱かれる南太平洋の秘境バヌアツ。バヌアツへの旅は南太平洋旅行専門店トーホートラベルへおまかせください。お好みにぴったりな旅をご案内致します。
3
【バヌアツ】視察旅行〜旅日記6
エリア:
  • 南太平洋>バヌアツ
テーマ:観光地 歴史・文化・芸術 自然・植物 
投稿日:2017/06/18 12:08
先日から、飛び飛びペースになってしまってましたが
ご紹介させていただいていた
南太平洋の秘境の楽園、バヌアツ視察旅行の様子を続けてご紹介させていただきます。

先日から、離島タンナ島の見所の火山観光などを
ご紹介させていただいておりましたが、
今日は、バヌアツ・タンナ島の中でも人気のある見所、
「ブルーケーブ」を訪れるツアーの様子をご紹介させていただきます。

宿泊リゾートからはボートで約45分。
ブルーケーブに到着しました。
ここからはフィンとマスクを装着して、いざ出発!

1

海に向かって、穴のあいている所をくぐり抜けると・・
青・・の世界が広がっていました!

4

幻想的で、言葉にならない美しさ。
まるで神様が降りてきてくれそうな・・
なんとも美しい空間です。

3

ドーム状になったこの空間では、
シュノーケルも出来ますし、
岩場に腰掛けて、ゆっくりこの世界を眺めるもよし!です。

ここで天井を仰ぎ見てみました。

2

本当に地球の内部に入らせてもらったような
そんな錯覚も感じてしまいました。

この天井から差し込む光が
水面にこんな美しい陰影を映し出してくれていました。

5

光の入り具合で
青の景色が刻々と変わり・・ずっと眺めていても飽きることがありません。

タンナ島はヤスール火山見学が目玉ではありますが
今回訪れた「カスタムビレッジ」や「バニヤンツリー」、
そして今日の「ブルーケーブ」ツアーと見どころ満載の島でした。

観光地化されていない、こうした自然がお好きな方には
きっと素晴らしい魅力を感じていただける場所ではないかと思いました。

今回は2泊3日での滞在でしたが
欲を言えば、もう1日あっても良かったかな〜とも感じました。

南太平洋の秘境バヌアツ・タンナ島の様子でした〜♪
お読み下さいまして、ありがとうございました!
タグ:
バヌアツ タンナ島 ブルーケーブ 旅日記 旅行記 

PR
美しい自然に抱かれる穴場リゾート、バヌアツの旅は南太平洋旅行専門店トーホートラベルへお任せ下さい。お好みにぴったりな島、泊数、ホテルの組合わせでご案内させていただきます。
美しい自然に抱かれる穴場リゾート、バヌアツの旅は南太平洋旅行専門店トーホートラベルへお任せ下さい。お好みにぴったりな島、泊数、ホテルの組合わせでご案内させていただきます。
2
【バヌアツ】視察旅行〜旅日記5
エリア:
  • 南太平洋>バヌアツ>タンナ島
テーマ:ビーチ・島 鑑賞・観戦 自然・植物 
投稿日:2017/06/14 10:20
2

ちょっと間が空いてしまいましたが
先週の記事に続きまして、5月に訪れていた
南太平洋の秘境、バヌアツのタンナ島の旅行記です。

バヌアツの中でも、都会的な本島とはうってかわって、
離島に渡ると、大自然と文化があり、
巨大沈船のあるダイバーに人気の島・・
バンジージャンプ発祥の島として有名な島・・
伝統的なダンスや生活を見ることが出来る島・・と

何を見たいか。
によって、訪れる島選びをするのが
バヌアツの旅のポイントかもしれません。

1

前置きが長くなってしまいましたが、
今日の旅日記は、先日に続き、
文化の色濃く残る「タンナ島」の様子です。

この島は、何を隠そう、
文化の他に、もう一つ、バヌアツの中で
とても有名なあるものがあるんです。

良くバヌアツ観光局さんなどのポスターなどにも
真っ赤に噴火している火山の写真がありますが、
そう!その火山のあるのが、
ここ・・・タンナ島になります。

この日は、午後出発で、この火山を訪れるツアーに入りました!


3


この火山の名前は「ヤスール火山」と言います。

リゾートから道無き道・・ワイルドな道を走り、
火山灰の砂丘(?)を通過すること、、、約2時間。

もうこの時点で、秘境のワイルド感も満喫!
かなり大自然、地球の息吹も感じられるような
そんなドライブを楽しみました!

火山の入り口付近へ到着です。
途中から山の噴火の様子も見えてきました。


4


8合目?からは、車を降りて
徒歩で山頂を目指します。

道もそんなに険しくはなく、ちょっとほっとしました。
でも歩きやすい靴は必須ですね〜

ここバヌアツ、タンナ島の「ヤスール火山」は何が有名か・・・というと
【世界で最も火口に近づくことのできる火山】ということでもあるんです。

活火山を山頂から覗く光景は・・まさに迫力もすごい。

5

噴火の時の音は、どすん!とお腹に響くほどで
見た目だけでなく、この音、雰囲気、全てが今迄味わったことのないものです。

まさに・・・
これが地球の音!

1

だんだんと日も暮れてくると
真っ赤なマグマ・・噴火の様子もより鮮明に見えてきます。
益々迫力が・・・!

2


なかなか体感することのできないものを
しっかりと味わうことが出来ました。

う〜ん。。。地球ってすごい。
圧倒されました。

こちらの「ヤスール火山見学」は、山道と言っても
歩く距離はそれほどでもないので、シニアの方やお子様のご参加もお楽しみいただけると思います。

日本では日頃できない、こんな体験!
夏休みの自由研究〜になんか出来たら、
先生の方が興味もってくれそうですね〜(笑)

そのくらい、面白みのある
美しき秘境バヌアツのタンナ島でした!

秘境ファンの方、必見です!
タグ:
バヌアツ タンナ島 ヤスール火山 旅日記 南太平洋 

PR
南太平洋の美しき秘境、バヌアツへの旅は専門店トーホートラベルへお任せ下さい。ツアーからのアレンジ、オリジナルプランも自由自在です。お気軽にお問い合わせ下さい。
南太平洋の美しき秘境、バヌアツへの旅は専門店トーホートラベルへお任せ下さい。ツアーからのアレンジ、オリジナルプランも自由自在です。お気軽にお問い合わせ下さい。

1 - 5件目まで(19件中)


国一覧
アジア
シンガポール(1)
南太平洋
タヒチ(654)
ニューカレドニア(254)
フィジー(240)
クック諸島(57)
バヌアツ(19)
ソロモン諸島(1)
中南米
チリ(18)
ホンジュラス(1)
北米
カナダ(1)
インド洋
モルディブ(14)