1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. Tomochanさんのブログ
  4. 美味しいものを少しずつ!ラスベガスでチェックしておきたいヘルシー&ポーション少なめレストラン

  海外エリア: 北米 > アメリカ西部 の他のブログはこちら|

いつでも旅が私をバージョンアップしてくれる!

~旅のビフォーとアフターでは、いつも違う私がいる!私にとって旅は癒しとインスピレーションに満ちている。~

プロフィール

ニックネーム:
Tomochan
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
株式会社 TMR
会社英字名:
TMR Co.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
トラベルジャーナリスト/ライター。日本旅行作家協会会員。
主に女性向け&旅行関連のサイトに執筆
主としてアメリカ方面に詳しい。
旅行以外の趣味は、アルゼンチンタンゴと猫。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

アーカイブ

美味しいものを少しずつ!ラスベガスでチェックしておきたいヘルシー&ポーション少なめレストラン

2019/06/02 02:56
フォトジェニックなレストランフロア
エリア:
  • 北米 > アメリカ西部 > ラスベガス
テーマ:
  • グルメ
ラスベガスでのダイニング・シーンはエキサイティング!SNSなどで話題の店やトップシェフ率いる有名店など、リーズナブルからゴージャスまで、レストランは選びきれないほど揃っています。そんな中、アメリカンサイズの食事メニューにギブアップしないため、ポーション少なめ、かつ話題の店をピックアップしてみました!
フォトジェニックなレストランフロア

ザ・コスモポリタンのシャンデリア
3フロアを突き抜けるクリスタルのシャンデリアなど、フォトジェニックな内装が楽しいザ・コスモポリタンの2階には、カジュアルダイニングがたくさん集まっています。朝から行列ができているのは、「エッグスラット(Eggslut)」という店。
エッグスラット大人気!
ロサンゼルスのグランド・セントラル・マーケットの一角にある本店は屋台のような店ですが、看板メニュー、「The Slut」が大ブレイクして、現在はカリフォルニアの他の地域やラスベガスにまで店舗を構えるようになりました。「The Slut」とは、耐熱のガラス瓶で温められたマッシュポテトと半熟卵を、スライスしたバケットで混ぜてすくって食べる料理。シンプルで、朝から脂っこいものを食べたくない人や女性にもピッタリ!ポーションも少なめなのも嬉しい限りです。もちろん、これだけでは足りないという人には、スクランブルエッグがタップリ入ったバーガー類もあります。
手前がThe Slut
( Eggslut)
営業時間:
月-金:7AM – 7PM
土-日:12AM - 7PM
エッグスラットの向かい側には、「Block 16 Urban Food Hall」というフードホールがあり、いずれも個性的なレストランが屋台風に並んでいます。

そのザ・コスモポリタンで、カジノ・フロアに隣接のクリーク・バー&ラウンジでは、今アメリカで大ブレイク中の「ミクソロジーカクテル」を楽しむことができます。
ラウンジバー
ミクソロジーとは、素材選びから製法まで、今までのやり方を見直し、様々なアプローチで “混ぜ”、新しいカクテルを生み出すことを言います。しぼりたてのオレンジジュースを飲む時に、ここにウォッカを混ぜたら最高のスクリュードライバーができるのに!と思っていた人は、ついに自分の時代がキター!と思うことでしょう。ここでは、ミクソロジスト(ミクソロジーカクテルを作るバーテンダー)が材料を携えて席まで来て、目の前でカクテルを作ってくれます。
お酒を飲みながらも健康には気を遣いたい人にはぜひオススメです。
女子受け必至!ミクソロジーカクテル
(CLIQUE BAR&LOUNGE)
営業時間:4:00PM〜3:00AM 無休


ザ・ベネチアンには約40カ所のレストランがあります。中でもシュガーケーン・ロー・バー・グリルは朝9時から深夜2時までといった長い時間営業しているザ・べネチアンの人気店。
おしゃれな客席
ロー バー(Raw Bar)とは生の魚介類が置いてあるレストランのことで、 多国籍フュージョン料理のこの店には、北海道産のホタテを使ったメニューもあります。シュガーケーンのメニューはポーションが小さいタパス風。なので居酒屋感覚で飲みながらチビチビ食べたい人にはぴったりです。

(SUGARCANE RAW BAR GRILL)
営業時間:月〜木・日 9:00AM〜1:00AM
金・土 9:00AM〜2:00AM

海を意識した空間
最後にとっておきのレストランは、ラスベガスストリップ最南端にあるホテル、デラーノの64階にあるリビエラ。海をイメージした店内では、眼下に広がるラスベガスの街を楽しめる窓際の席がオススメです。
ラスベガスの街を一望!
国際的に有名なシェフ、アラン・デュカス氏の監修によるフレンチとイタリアンの影響を受けた料理は、季節の食材がふんだんに使われています。ここではフルコースというより、2、3皿を2人ぐらいでシェアしていただく方が、最後のデザートまでしっかり楽しめるでしょう。ラスベガス最後の夜に、少しドレスアップして行きたいレストランです。
フレンチとイタリアンのいいとこ取り

(Rivea)
営業時間:月 - 木, 日曜 6:00PM - 10:00PM、金 -土 6:00PM - 10:30PM

がっつりアメリカンサイズのメニューも食べたい!という人は、なるべく胃が疲れていない旅の前半で。美味しい店がたくさんあるラスベガスで、最後までグルメ三昧するためには、少しずつ食べられる店も要チェックです。帰国してから、もっと食べておきたかったと後悔のないように、一軒でも多くのグルメを楽しんで帰りましょう!
タグ:
ラスベガス
グルメ
Egg Slut
ミクソロジー
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
ラスベガス観光局
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。

最新記事一覧

国一覧
北米
アメリカ西部(2)
テーマ一覧