1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. トラベルコちゃんさんの旅行ブログ

  国内エリア: 近畿 > 大阪 の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
10月<2016年11月    
12 345
67891011 12
1314 1516 17 1819
2021222324 2526
27282930

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(7件中)

タイトル用文楽
大阪の夜を忍者・サムライのステージで楽しむ♪
エリア:
  • 近畿>大阪
テーマ:お祭り・イベント グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2016/11/30 12:11
コメント(1)
こんにちは♪

最近めっきり寒くなりましたね。

そんな寒さを吹き飛ばすような、
熱いイベントに参加してきましたのでレポートします(^▽^)。

それは、
「OSAKA BON! BON!! NIGHT☆〜なにわのオモロイがギッシリ〜」。

2017年1月からの本格開催に向けたプレオープンイベントで、
主に外国人観光客の方が、
“大阪滞在中に楽しめるナイトエンターテインメントを”という
思いから企画されました。

「ニンジャ」「サムライ」をテーマにしたプログラムに、
日本の伝統芸能やフォーマンスも取り入れた盛りだくさんの内容です。

会場は、普段はライブハウスとして運営されてる
「フラミンゴ・ジ・アルーシャ」。

外観
様々なジャンルの音楽ライブや、ブライダルパーティなども行われているそう。


早速会場の中へ。

ステージ1

真田甲冑
ステージには、今話題の真田の甲冑も・・・


まずは、乾杯(^u^)。

ビールコースター

・・・となんとコースターが手裏剣とは(^○^)。


ここからステージの始まり〜。


まずは「Lunare(ルナーレ)」の4人組。

三味線1

津軽三味線、和太鼓、ピアノの和洋ミックスの音色で、

群馬の八木節、津軽のじょんがら節などを演奏♪♪

三味線2
さすがライブハウスとあって、音響はバッチリ(^^)

けっこう演奏が激しいので、気分もどんどん盛り上がる〜


続いてのステージはガラッと雰囲気が変わり、

「乙女文楽」

文楽ひき

乙女文楽は大正末期に大阪で生まれ流行した伝統芸能で、
女性一人が人形と一体となり踊るのですが、
とっても華やか〜(*^^*)

乙女文楽2
出演は日本各地や海外でも活躍されている、
吉田光華さん。


最後は、日本殺陣道協会「浪花サムライ大使」による、
侍・忍者のステージ!

忍者1
世界中で人気のサムライやニンジャ。

サムライ1
近くで見ると迫力がありますね〜(^○^)。


フィナーレは出演者皆さんがステージへ。

ステージフィナーレ

食事と合わせ約2時間のイベントがあっという間でした(^▽^)。
本格的な開催は2017年1月31日(火)から毎週火曜日開催を予定だそう。

もちろん日本人の方も大歓迎とのことですので、
一度チェックしてみてください。
日時や内容は変わることもあるので、
詳しくはフラミンゴ・ジ・アルーシャのホームページへ。

■フラミンゴ・ジ・アルーシャ
http://www.flmg.jp/

行きはメインキャビン
メインキャビン(=エコノミークラス)のサービスも充実!デルタ航空の羽田発直行便でミネアポリスへ!
エリア:
  • 北米>アメリカ東部>ミネアポリス/セントポール
テーマ:鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2016/11/24 19:11
コメント(0)
羽田-ミネアポリス・セントポール直行便の就航便で、一路ミネアポリスへ!
往路は、デルタ航空では「メインキャビン」と呼ばれているエコノミークラスを
利用しました。「メイン」と名前をつけているのはダテではなく、
サービスにも力を入れているそうです。

利用機材(飛行機の機種ですね)はボーイング社の777。
今回のシートは「プリファードシート」といって、メインキャビンの中でも前方に近い
通路側または窓側の席を指定できるサービスで、通路側を確保!
フライト時間が長くて、並び席が友達や家族でない場合は特に、人を起こす気兼ねなく
トイレに行ける通路側席を指定できることって重要ですよね。


▼枕とデルタ航空カラーの赤いブランケット。
行きはメインキャビン


▼その他の機内アメニティは、スリッパとスリープ・キット(赤い袋・アイマスクと
   耳栓入り)、イヤホン(グレーの袋)。
   スリッパがあると、靴を脱いでリラックスしていても、トイレなどに
   立つたびに履き直す煩わしさがなくなるので、うれしいですね〜。
スリッパ・イヤホン・アイマスク


▼無料のプレミアムエンターテイメントは、タッチパネル式のパーソナルモニターで!
   リモコンより操作が分かりやすいので、機械が苦手な方でも楽ちんです♪
   モニター右にはUSB差込口があるので、スマートフォンなどの充電も可能。
タッチパネル式のパーソナルモニター


▼デルタ航空のエンターテイメントの映画は、実は邦画が充実!
   普段はついつい洋画を優先的に見てしまうので、おもしろそうだな〜と思いつつ
   見逃していた邦画をいくつも発見!往路は邦画漬けになって「64‐ロクヨン」の
   前後編と「殿、利息でござる!」を見ました。どれも見応えがあって大満足♪
   阿部サダヲさん、サイコーです。
邦画が充実!


▼機内食は、1回目はチキンをチョイス。甘じょっぱい味付けで、ゴハンによく合う
   好みの味でした。もちろん完食。飲み物は、ビール・ワインなどのアルコール、
   オレンジ・アップルなどのジュース類、コーヒー・紅茶などが揃います。
   食事中に白ワイン、食後にはコーヒーをいただきました。
   ちなみにデルタ航空のコーヒーは、全便でスターバックスなんですよ!
最初の機内食はチキンをチョイス


▼2回目の機内食はこちら。マッシュルーム入りのオムレツがメイン。個人的には、
   大好きなのにひとり暮らしだとなかなか買えないパイナップル(丸々1個だと
   多いし、カットフルーツだと割高な気がする貧乏性のため…(;_;))が
   フルーツの中に入っていたのが◎◎◎(笑)。
2回目の機内食も完食


▼あと、どうってことなさそうで実はすごくいいな〜と思ったのがコレ。
   1回目の機内食の後に、ペットボトル入りのエビアンを配ってくれるのです。
ペットボトル入りのお水サービスがうれしい

機内はどうしても乾燥しやすいので、機内食の間の時間にもちょこちょこ喉が
乾きますよね。もちろん頼めば飲み物を持って来てくれますが、
いちいち頼むのも気が引けるし、カップでもらうと飲みたい分だけ飲んで
とっておくわけにいかないのが不便。飛行機に乗る前に自分で買っておけば
いいのですが、うっかりセキュリティチェック前に買ってしまうと液体なので
持ち込めなくて廃棄しなくてはならず、セキュリティチェック後のエリアは…
割高!(そして私は貧乏性!)それに、搭乗直前ってバタバタしてて
買うの忘れちゃったりすることも多いんですよね。
なので、機内で配ってくれるのって、結構うれしい。
喉の乾きを我慢せずに済んで助かりました。


今回残念だったのは、メインキャビンとデルタ・コンフォートプラス
(メインキャビンよりちょっと広めのシート)だけで提供されている
ハーゲンダッツのアイスクリームを食べ逃してしまったこと!
日本発のアメリカ本土行き路線ではハーゲンダッツ、アメリカからの帰国便では
ベン&ジェリーズ(一部路線ではマグナム)のカップアイスのサービスが
あるのですが、映画を必死で見すぎて目が疲れて寝てしまったようです…
食いしん坊としてはかなりの不覚。次に乗るときは絶対ハーゲンダッツ食べるぞ〜!

▼というわけで、ハーゲンダッツのサービスについては、詳しくはこちらの
   デルタ航空ブログでチェックしてみてください。
デルタ航空機内誌SKY 旅のブログ:メインキャビンでハーゲンダッツのアイスを


それと、有料ですが、デルタ航空の国際線は全機材でWi-Fiが使えるので、
Wi-Fiがない環境なんてムリ!という方や機内でお仕事を進めておきたい、
という方には便利ですね。
お値段は、24時間パスで16ドル、月間パスで49.95ドル、年間パスで599ドルです。
モバイルメッセージだけ使えればOK、という人にはもっとリーズナブルな
Wi-Fiモバイルパスがおすすめ。2ドルでFacebookメッセンジャーやApple iMessage®、
WhatsAppなどのアプリを利用するモバイルメッセージの送受信ができるサービスです。

▼機内Wi-Fiサービスの詳細や、Wi-Fiパスの購入はこちらでどうぞ。
デルタ航空:機内 WI-FI


次のブログからはいよいよミネアポリスです!お楽しみに!
タグ:
Delta Airlines 羽田発海外 Minneapolis 

PR
羽田-ミネアポリス便で北米へ!全米有数のハブ空港利用でニューヨークなど人気の北米各都市への旅行がさらに便利&快適に!
羽田-ミネアポリス便で北米へ!全米有数のハブ空港利用でニューヨークなど人気の北米各都市への旅行がさらに便利&快適に!
タイトル画像
来年夏開通★伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の発表記者会見に行ってきました!
エリア:
  • 関東>神奈川>横浜駅周辺
  • 中部・東海>静岡>伊豆山温泉
  • 中部・東海>静岡>伊東
テーマ:観光地 街中・建物・景色 鉄道・乗り物 
投稿日:2016/11/17 17:23
コメント(0)
こんにちは!トラベルコちゃんです♪

「今、観光列車がアツい!!」ということで、2017年夏に、横浜と伊豆エリアを結ぶ新たな観光列車が運行開始予定という情報を聞きつけ、早速その列車の発表記者会見に参加してきましたよ〜☆彡


会場は渋谷にあるセルリアン東急タワーホテル39F。
セルリアン外観
今回発表される観光列車。実はバブル期の伊豆人気を支えた伊豆急行の観光列車「アルファ・リゾート21」がリニューアルした新列車です。
有名な観光列車のリニューアルなだけあって、多くの記者が集まっていました。今回の登壇者は、鉄道車両のデザインで有名なドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治氏。鉄道ファンだけでなく、多くの人が一目置くデザインナーが手掛けた列車なのです!
水戸岡さん画像提供:白鳥真太郎氏


会見の始まりは、東急電鉄の野本社長のお話から、気になる列車の名称と、そのシンボルマークが発表されました。
▼シンボルマークは「ROYAL」の「R」に水資源が豊かな伊豆半島のイメージから「水滴」をデザインしたもの
ロゴ発表
列車の名称は「THE ROYAL EXPRESS」
目的地に向かうための列車ではなく、お客様ひとりひとりの記憶に残り、"憧れの旅"となるように、「煌めく伊豆。美しさを感じる旅」というコンセプトのもと名付けられました。

そしてそして列車の外装はこちら↓
外装画像提供:ドーンデザイン研究所
じゃーーーーーーん!!!!

鮮やかなロイヤルブルー色が美しい車体です。車体のイメージは伊豆半島!水平線を望む広大かつ透き通るような海の"碧"、変化に富む地形が織り成す高原や豊かな山々の"青"とさまざまな"あお"に恵まれた半島をイメージした外装になっています!また、列車の名称にもある「ROYAL」のイメージから金色のラインをアクセントにしています。
見るだけでもわくわくするようなデザインですよね♪

実はこの「THE ROYAL EXPRESS」には、国内を走る他の観光列車と違うスペシャリティな部分あるのです!

さて、どの部分がスペシャリティなのか。それはこの列車をデザインした水戸岡先生にご説明頂きます。
水戸岡先生説明

まずは車内の広さ↓列車編成画像提供:ドーンデザイン研究所

列車編成は全8両で、なんと 国内最大級! 約100名乗車可能ですが、全員乗っても余裕があるほど広々とした造りになっています♪伊豆下田方面が1号車となり、1、2、7、8の4号車分が客車です。

▼車内イメージ
車内イメージ
車内は木を基調としたぬくもり溢れる雰囲気で、伝統的な素材や職人の技を組み合わされた造り。
1車両内だけでも、椅子の配置の仕方が違います。一緒に旅行している人と向き合える席、隣に並んで海を眺められる席、そしてゆったりと社内の雰囲気を楽しめるソファ席など。それは、乗客ひとりひとりのニーズに合わせたもの。座る位置で見える風景が違うという、まるで車両内が観光地みたいに飽きない造りになっているのです。乗車そのものが乗客すべての人の豊かな思い出になってほしいという水戸岡先生の思いが投影されたデザインになっています!


この観光列車のスペシャリティはこれだけじゃないんです!
3号車にはマルチスペースを設置しています。
3号車画像提供:ドーンデザイン研究所

ここは、ミニコンサートの開催や結婚式、展示会など様々な用途で活用できるスペースになっています。
車内でイベントができる観光列車は世界初!
今までの観光列車にはないですよね〜。列車を貸切った結婚式は、普通とは違うスペシャル感!特別な思い出がも〜っと特別で素敵な思い出になること間違いなし★★

また、4号車にはキッチンを完備!木のぬくもりが溢れたキッチンでは、誰もが懐かしむ、ほっとするような食事が提供されます!
キッチンカー
列車内にあるのが珍しい、寿司カウンターも完備!その場で本格的なお寿司を作ってくれます。この寿司カウンターは野本社長たっての希望なんだとか!


今回発表された観光列車「THE ROYAL EXPRESS」は今までの観光列車にはない新しい楽しみ方を提供してくれる列車になっています!開業が待ち遠しいですネ♪♪


その他、今回の開業に合わせて周辺施設も充実!
まずは横浜駅にできる「カフェ・ラウンジ」
横浜カフェラウンジ画像提供:ドーンデザイン研究所

「THE ROYAL EXPRESS」の発着駅となる横浜駅。一般の人も利用できるカフェと、列車を乗車する待合室から特別な旅が始まってほしい」という思いがこめられたラウンジが隣接した造りになっています。

列車の下車駅である伊豆急下田駅周辺では、下田ロープウェイ寝姿山山頂に飲食ができる休憩スペースがオープン。
下田ロープウェイ画像提供:ドーンデザイン研究所

寝姿山自然公園から素晴らしい下田湾の景色を眺めることができます★

さて、せっかく下田に来て泊まるなら素敵なホテルで宿泊したいですよね!
そこでもってこいなのが、2017年春にリニューアルオープンする下田東急ホテル!来年で開業55年になるこのホテルは、さらなる施設充実のため、全館を改装します。海を見下ろす美しい自然景観を最大限に生かし、贅沢なリゾートステイを提供!
下田ホテル画像提供:東急ホテルズ
素敵な旅行がさらに充実したものになるはず!


観光列車に乗って伊豆にきたら、最大限楽しみたいですよね!実は伊豆は観光資源が豊富というのを知っていましたか?「自然」、「歴史的遺産」、「文化」、「食」すべてを網羅している伊豆は注目スポットがいっぱい!そこでおすすめの観光スポットも併せてチェックしておきましょう♪

まずは「自然」から!伊豆は豊かな自然がたくさん★
下田にある「龍宮窟」は波の浸食でできた海の洞窟。
龍宮窟
直径50mほどの隙間から光が差し込み、神秘的な光景を演出。

初春に必ず訪れたいのが「河津川」!町内に植えられている約8000本の河津桜が見頃を迎えます。
河津桜

秋には稲取にある「細野高原」に訪れるのがおすすめ。東京ドーム26個分の広大なススキ野原は圧巻。高原を見たら日頃の悩みや疲れが吹き飛ぶかも!
細野高原

次に紹介するのが「歴史」。伊豆を物語る遺跡巡りも◎。
時代の流れを感じるなら「川津来宮の大楠」がおすすめ
川津来宮神社の大楠
樹齢1,000年以上の大楠は国の天然記念物に指定されており、古くから信仰の中心として崇められています。

伊豆の内陸と南部を分断する「天城峠」
天城峠
川端康成の「伊豆の踊子」で知られるこの峠は、ハイキングを楽しむ人も多く、人気の観光スポットになっています。紅葉の時期に訪れるのがおすすめ。

地域に根付く「文化」
伊豆人気の一つ!毎年5月にはペリー来航を記念した「黒船祭」を開催しています。
黒船
パレードや当時の調印再現劇が行われます。

最後に注目したいのが「食」。おいしいご飯は旅行には欠かせないはず!
豊かな自然の中で育った食材は伊豆の魅力の一つです。
特に金目鯛は伊豆の名産で、水揚げ量は年間を通して日本一!
脂の乗った身で作られた煮つけは必食。
金目鯛

また、下田や南伊豆では、秋から冬にかけて「伊勢エビ」が水揚げされます。
伊勢エビ
生はもちろん、焼いてもゆでても絶品★

食の魅力は海だけじゃないんですよ!山の幸も充実。
天城の郷土料理である「イノシシ鍋」がおすすめ♪
イノシシ鍋
煮込めば煮込んだだけおいしくなるイノシシの肉と白菜、ねぎ、ごぼうなど、伊豆で収穫された新鮮な野菜を味噌で味付けした鍋は濃厚でほっとする味。伊豆に来たら必ず食べておきたい一品です★



さて、こんなに書いてたら来年7月の開業がとても楽しみになってきました。トラベルコちゃんも早く乗りたいな〜♪

お楽しみの「THE ROYAL EXPRESS」の乗車券販売開始は未定。
販売開始後は乗車券が完売する恐れがあるので、興味のある人は新情報をチェックしてみてネ!!!


記事掲載:伊豆観光列車 記者発表会
資料提供:伊那市観光協会
画像提供:東急急行電鉄、ドーンデザイン研究所、白鳥真太郎、東急ホテルズ

看板
ホノルル・ファッションウィーク2016で「ハワイアン航空」の新ユニフォーム発表!
エリア:
  • ハワイ>オアフ島>ホノルル
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2016/11/16 20:07
コメント(0)
こんにちは♪トラベルコちゃんです!

先日、ハワイ・コンベンションセンターで開催された「ホノルル・ファッションウィーク 2016」に行ってきました!
看板

▼ホノルルファッションウィークとは▼
2014年より開催されているハワイ最大級のファッションの祭典。地元ハワイだけでなく世界各国から著名なデザイナーを招き最新のファッションを発表するイベントとなっています。2016年は11月10日(木)〜12日(土)の3日間で開催されました。
私が行った時も、地元の方や多くの方観光客で賑わっていました!

日本からはハワイ観光局のスタイル親善大使も務めるモデルの梨花さんやAKB48の小嶋陽菜さんがショーに参加されました!日本女性に人気のモデルさんが参加されるのも、見に行きたいポイントのひとつ◎

今年の大イベントはなんといっても、
「ハワイアン航空」の新ユニフォーム発表!

11月11日(金)に行われたファッションショーで発表されました。そのショーを見に行ってきたので、その日のレポートをお伝えします!

▼行われた場所はハワイ・コンベンションセンター
会場

ワイキキへの入り口であるカラカウア通りとカピオラニ通りに位置しています。

早速中に入っていきましょう〜!
ドア
入口を通り抜けると...
会場
会場が、ハワイアン航空のイメージカラーであるピンク・ムラサキに染まっていました!

ハワイアン
シャンパンやワインなどもズラリ。おっしゃれ!
▼入ってすぐ頂きました▼
シャンパン

ショーまで、少し時間があるので会場内を回ってみました。

日本女性にも人気でビーチ感たっぷりの「Angel By the Sea」など、
ハワイ生まれファッションブランドが多く出展していました。
ワンピース

ちなみに、こちらのブランドのワンピース、AKB48の小嶋陽菜さんが12日のファッションショーで着られたそうです!12日も行きたかったなあ(涙)

ハワイらしいアイテムと言えばアロハシャツやムームーを思い出しますが、都心で着られるような洋服もたくさん並んでいました。
出展
▼水着も!
出展2
どこのお店も日本語を話せる方が多いので安心して買い物できます。

ショーの時間に近づいてくると、人が込み合ってきました!
会場

そして!ついに!
「ハワイアン航空プレゼンツ:Ranway to Ranway ファッションショー」へ!
ランウェイ
ランウェイ2
ランウェイ3
始まります。まずは映像から流れ、機内アナウンスのような案内で、飛行機に乗っているかのようにワクワクしました。
映像1
▼制作中の映像
映像2

そして、\新ユニフォームの発表です/
映像

▼まずは整備士の方から登場
整備士
整備士2
整備士3
かっこいい!!

その後も続々と、空港勤務のカスタマーサービス、客室乗務員、グランドスタッフの方々も!
制服2
制服3
制服4
▼ショーに出演されている方も楽しそう!
制服1
制服5

周りの歓声もすごく、とっても盛り上がりました!
最後は全員でランウェイに登場!
制服

新ユニフォームは、ハワイ出身のデザイナーシグ・ゼーンさんに手がけられたデザイン。
ハワイで伝統的な竹製スタンプ「オヘカパラ」と、ハワイ固有の花「レフア」を基調とし、ハワイ文化を象徴するデザインだそうです。
2017年1月以降着用開始を予定、約5,000人以上のハワイアン航空の現場スタッフが着用予定とのこと。新ユニフォームになる「ハワイアン航空」も、早く乗ってみたいです!

制服お披露目の後は、ニューヨーク、東京、ソウル、シドニーの各国からそれぞれゲストデザイナーによるファッションショーも◎
ショー
ショー2

地元ハワイだけでなく、世界各国のデザイナー・モデルの方が参加することで、多くの観客が集まっていました!この世界的なファッションイベント、来年以降も盛り上がること間違いなし!来年以降も開催が決まったら、是非訪れてみては♪

就航記念グッズ
デルタ航空 羽田空港-ミネアポリス・セントポール国際空港直行便が就航!
エリア:
  • 北米>アメリカ東部>ミネアポリス/セントポール
テーマ:お祭り・イベント 鉄道・乗り物 
投稿日:2016/11/14 21:50
コメント(0)
羽田空港から行く海外、首都圏在住の方にはもちろん、日本国内各地から
羽田乗継ぎで海外へ、という方にもとっても便利ですよね。

そんな羽田空港国際線旅客ターミナルからのフライトで、
2016年10月30日から新たに就航したのがデルタ航空の
羽田空港-ミネアポリス・セントポール国際空港直行便!

ミネアポリスもセントポールも、ちょっと聞き慣れない都市名からもしれませんが、
実はこの直行便が就航したことで、羽田からアメリカ・カナダ各都市への旅行が
快適&便利になるのです!!

というわけで、今回の直行便就航は、デルタ航空にとっても羽田空港にとっても
大イベント!関係者を招いて華やかな記念式典が行われたので、その模様を
少しだけご紹介します。


▼まずは羽田空港国際線旅客ターミナル3階 デルタ航空チェックインカウンターで
   搭乗手続き。記念式典は搭乗ゲート前、保安検査後のエリアで行われるのです。
羽田空港デルタ航空チェックインカウンター


▼セレモニー開始前に、この記念すべき就航便に乗務するクルーの集合写真をパチリ☆
   日本人クルーもいるので、英語が苦手な方も安心ですね。
記念すべき就航便のクルー集合写真


▼就航記念式典がいよいよスタート!司会の女性の後ろに飾られているのは
   新規就航地のミネアポリス、セントポールがあるミネソタ州の風景写真。
   デルタ航空カラーの赤に負けないほどの鮮やかな紅葉!見てみたい!
就航記念式典がスタート


▼デルタ航空日本支社の森本社長のご挨拶。
   「日中の時間帯の北米路線が就航できた」とニッコリ。
   そう、この便は羽田16:35発でミネアポリスに同日13:30着の便なのです。
   早すぎず・遅すぎないこの時間の羽田発なら、都内から公共交通機関で無理なく
   羽田にアクセスできるし、日本国内の別の空港から羽田で乗り継ぐ場合にも、
   最寄り空港を当日出発で利用できるので、この時間が絶妙!
デルタ航空日本支社の森本大社長のご挨拶


羽田-ミネアポリス直行便(毎日1便)のスケジュール詳細は下記の通り。
便名出発到着
DL120羽田16:35発同日13:30ミネアポリス着
DL121ミネアポリス11:31発翌日14:20羽田着

*フライトスケジュールは季節(夏時間/冬時間)やその他の理由により予告無く変更される場合があります。
*羽田-ロサンゼルス、ミネアポリス両路線とも、ビジネスクラス「デルタ・ワン」37席、「デルタ・コンフォートプラス」が36席、エコノミークラス「メインキャビン」が218席、計291席のボーイング777-200ER/LR型機を使用します。


森本社長に続いて、在日米国大使館 経済・科学担当公使 ニコラス・ヒル氏、
東京国際空港長 今込毅氏、東京国際空港ターミナル株式会社代表取締役社長 土井勝二氏
からも就航のお祝いのスピーチがありました。


▼皆さまのスピーチの後、就航を記念するテープカット。
   息の合ったテープカットで、幸先のよいスタートを切りました♪
就航記念のテープカット


▼こちらは就航便の搭乗客に配られた記念グッズ。
   丸い方はシールなのですが、もったいなくてまだどこにも貼れていません!
   そしてCAさんがお美しい〜
就航記念グッズ


▼ついに搭乗開始!トラベルコスタッフもこれに乗って取材に出発です!
いよいよ出発です



まずは2016年10月30日(日)に開催された、デルタ航空 羽田空港-ミネアポリス・
セントポール国際空港直行便就航記念式典の様子をお届けしました。

この就航便に乗って、ミネアポリス、セントポール、そしてニューヨークへ
取材に行ってきたので、次のブログからは機内の様子やサービス、各都市の情報など、
詳しくお伝えします。どうぞお楽しみに!
タグ:
羽田発海外 Delta Air Lines Minneapolis St. Paul ツインシティ 

PR
羽田-ミネアポリス便で北米へ!全米有数のハブ空港利用でニューヨークなど人気の北米各都市への旅行がさらに便利&快適に!
羽田-ミネアポリス便で北米へ!全米有数のハブ空港利用でニューヨークなど人気の北米各都市への旅行がさらに便利&快適に!

1 - 5件目まで(7件中)


国一覧
アジア
韓国(108)
ベトナム(57)
タイ(55)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
スリランカ(8)
中国(8)
フィリピン(8)
マレーシア(7)
マカオ(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
オーストリア(2)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(26)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
中南米
ペルー(16)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(2)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
千葉(5)
栃木(5)
神奈川(3)
埼玉(2)
群馬(2)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(4)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)