1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. トラベルコちゃんさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > シンガポール の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
3月<2018年04月>5月
1234567
8910 1112 1314
15161718192021
22232425262728
2930

アーカイブ

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

空港
【シンガポール】眠らないチャンギ空港での7つの過ごし方
エリア:
  • アジア>シンガポール
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 
投稿日:2018/04/10 10:00
コメント(0)
空港での待ち時間、お土産などのショッピングをされる方は多いですよね!
チャンギ空港にはTWGをはじめとするさまざまなショップがあります。

twg

ただ、チャンギ空港には、
この他にも出発前の待ち時間を退屈させないためのスポットがあるんです!
今回はその中からいくつかの過ごし方をご紹介します!

1.滑り台

滑り台

滑り台2

世界の空港の中で最も高いこの滑り台は、なんと12mもあり、
秒速6mの速さに達することも!

滑り台3

チャンギ国際空港内で買い物をしたレシートで、
SGD10ごとに最大10回まで楽しむことができます。

子どもたちも夢中になって滑っていました。
(到着後のエリアのため、
トランジットでご利用の場合は1度外に出る必要があるのでご注意ください)

2.リラックススペース

スヌーズ

とっても楽しい旅行でも、やっぱり疲れてしまうことはあります。
そんな時に嬉しいのが、休憩スペース!

マッサージ

フットマッサージマシンや

マッサージ2

マッサージチェア、

フラット2

ほぼフルフラットのチェアまで。
休憩しながら充電も可能です。

これらすべて、無料で利用が可能です!
ターミナルのあちこちにスペースが設けられているので、
探し回って歩き疲れることもありませんよ。

3.映画館

映画館

ターミナル2と3にある映画館は、なんと24時間無料で楽しめます!

映画館

最新の映画も見ることができます。

映画館内

広さも十分にあり、待ち時間があっという間に過ぎますね!

4.インターネット

ネット

ターミナル内で使える無料Wi-fi はもちろん、
無料でインターネットを利用できるスペースもあります。

5.バタフライガーデン

バタフライ

ターミナル3の奥へ進むと、この看板が見えてきます。

バタフライ入口

「とっていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけ」
蝶のためにも、ルールは守りましょう。

バタフライ内

扉の先には植物が植えられていて、

パイナップル

フルーツなどもあり、蜜を吸っている姿を見ることもできます。

ちょうちょ

今回は、時間が朝早かったので、残念ながらあまり飛んでいませんでした、、、
みなさんも、時間帯には気を付けてくださいね!

6.Koi Pond

鯉ポンド

ターミナル3には、鯉もいますよ!

鯉

錦鯉がゆったり泳いでいるのを見ると、
リラックスできますよね♪

7.無料の市内観光

ツアー

今回は直行便利用だったので、参加できませんでしたが、
乗り継ぎでチャンギ空港を利用する場合は、
乗り継ぎ時間の間にシンガポールの市内観光に無料で参加することができます。
こちらの受付で申し込みをしてください。

他にもまだまだ、紹介しきれなかった様々な過ごし方があるので、
ぜひ、自分のお気に入りの過ごし方を見つけてくださいね!

航空機
【搭乗体験記】シンガポール航空 ★羽田-シンガポール 直行便★
エリア:
  • アジア>シンガポール
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2018/04/10 10:00
コメント(0)
今回は、羽田からシンガポールまで、
シンガポール航空の直行便で約7時間のフライトを体験しました!

まずはチェックイン!
チェックインカウンターでの待ち時間は長くて大変ですよね、、、。
アプリ1

そこで便利なのが、シンガポール航空のアプリ、「SingaporeAir」

アプリ2

フライトの検索から、予約、管理までができちゃうんです。
このアプリから事前チェックインをしておけば、
当日、カウンターの長い列でチェックインを待つ必要がなくなります!

アプリ運航

その他にも、運航情報の確認もできるので安心ですね!

機内のエンターテイメント「KrisWorld」の情報を
事前にチェックすることもできます!
お気に入りリストを作成しておけば、
搭乗後に簡単にお気に入りの映画が鑑賞できたり、
フライトマップやフライト状況を自分のスマホから見ることができます。

アプリのダウンロード
<iOSの方はコチラ、androidの方はコチラ


そしていよいよ搭乗です。

エコノミー

こちらはエコノミーのシートです

エコノミー2

十分な大きさのモニターや、フットレストもあります。
調節が可能なヘッドレストもあって、快適に過ごせそう!

イヤホン

イヤホンにはシンガポール航空のロゴが入っていますよ!

プレエコ

次に、今回搭乗体験させていただいたプレミアムエコノミーのシート

プレエコ画面

13.3インチと大きなモニターはとてもきれいでした。
充電が可能なUSBポートもあります。

プレエコライト

読書灯は角度を自由に調整できて、手元をしっかり照らすことができます。

プレエコポケット

収納スペースも十分にあり、搭乗後に配られるミネラルウォーターボトルやヘッドホンだけでなく、
ガイドブックも簡単に出し入れすることができました!

プレエコレスト

長旅には欠かせないリクライニングは、
なんと、通常のフットレストだけでなく、
ふくらはぎを休めることができるカーフレストが備わっていました。
写真の右側のボタンで調整できます。

プレエコアメニティ

機内食のメニューとヘッドホンです。
ヘッドホンにはノイズキャンセリングの機能が搭載されており、
映画の世界にしっかり入り込めますよ!

そしてビジネスのシート

ビジネス

広々としていますね!!

ビジネス

プライベートをしっかり確保できるシートで、
安心してくつろぐことができそうです。

さて、離陸後の楽しみの一つはやっぱり機内食ですよね!
シンガポール航空は機内食がおいしいことで有名なようですよ!

アプリ3

プレミアムエコノミークラス以上を利用する場合、出発地が限定されますが、
"Book the Cook"から事前に機内食を予約することが可能です。
もちろん、アプリからも予約可能です。

アプリ食事

例えば日本発の場合、シンガポール料理はもちろん、和食も洋食も用意されており、
自分の好きな食事を選ぶことができます。
出発の24時間前までに申し込みを済ませる必要があるので、気を付けてくださいね!

そして今回は、、、「魚のサンバル風味とココナッツライス」を選びました!

プレエコ食事

「サンバル」とはチリソースの一種のことのようで、
適度にピリッとしたソースと白身魚の愛称はぴったりでした!

プレエコサイド

副菜も大きなエビやイカが入っていておいしかったです!

スリング

また、シンガポールで有名なカクテル「シンガポールスリング」が無料で飲めます。
こちらはエコノミークラスの方でも飲むことができますよ!
提供されるまでに少し時間がかかりますが、特別な気分を味わえます

機内食にも満足してゆっくりしていると、
突然、客室乗務員の方から、、、

「お誕生日おめでとうございます!」

とお祝いの言葉が、、、!

ケーキ

なんと、メッセージプレート付きのかわいいケーキをいただきました。

ポストカード

手書きのメッセージ入りのポストカードや、

トランプ

シンガポール航空のトランプもいただきました。

飛行機でのサプライズは初めてだったので、とてもいい記念になりました!
客室乗務員の方に祝っていただけるのはとてもうれしいですね!

クルー

祝ってくださった素敵な客室乗務員さんです。

左の女性の乗務員さんの制服、
他の航空会社とは違って特徴的ですよね!

バティック染めの布で縫製されたサロンケバヤと呼ばれる民族衣装だそうです。
とても素敵なデザインで、
シンガポール航空の代表的な青を含めた全4色あり、
職位によって色が分かれているそうですよ。
搭乗の際にはぜひ見てみてくださいね!

入口
【シンガポール】チャンギ空港でゆったりと過ごしたい方におすすめ!ラウンジ体験記
エリア:
  • アジア>シンガポール
テーマ:鉄道・乗り物 その他 
投稿日:2018/04/10 10:00
コメント(0)
チャンギ空港にはいくつかのラウンジがありますが、
その一つがターミナル2とターミナル3にあるアンバサダー・トランジット・ラウンジです。
今回はターミナル3にあるラウンジを利用しました。

入口

3階の奥、アンバサダー・トランジット・ホテルや映画館のすぐ近くにあります。

入口2

搭乗券を見せて手続きをし、中へ入ります。

ラウンジ内

ソファー席やテーブル席など、様々なタイプがあります。

新聞

新聞も置いてあり、ビジネスマンにはうれしいですね!

アルコール飲料など、一部のサービスは有料ですが、
ラウンジの奥ではビュッフェを楽しむことができます。

サラダバー

サラダバー2

不足しがちな野菜をサラダバーでしっかり補給できます。

ピラフ

カレー

ピラフやカレーなどの暖かい食事もうれしいですね。

ミートパイ

こちらはチキンパイです。
ビュッフェにはうれしい、大きすぎないサイズでした。

パン

パンも。自分で焼くことができます。

サンドイッチ

サンドイッチもありますね。
何を食べようか迷ってしまいます!

ケーキ

食後のおいしいデザートももちろんありますよ♪

クッキー

クッキーや

アイス

アイスもおいしそう!
バリエーションが豊富ですね!

ドリンク

ソフトドリンクも充実していました。
隣にはコーンフレークも。
搭乗後の機内食が待っていますが、構わずにいろいろ食べてしまいました!

シャワー

奥にはシャワールームやマッサージルームもありました。

3時間利用可能なので、待ち時間をゆったり静かに過ごしたい方にはおすすめですよ♪

ツリー(夜)3
【シンガポール】絶対訪れたい「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」と「セントーサ島」体験レポート
エリア:
  • アジア>シンガポール>シンガポール
  • アジア>シンガポール>セントーサ島
テーマ:観光地 自然・植物 
投稿日:2018/04/10 10:00
コメント(0)
シンガポールに行くなら1度は訪れたいのが、
世界各地の様々な植物を鑑賞できる「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」と
誰でも楽しめるリゾートアイランド「セントーサ島」

今回は、その中にある観光スポットの中から5か所を紹介したいと思います♪

〜ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ〜

ガーデンバイザベイ

1.「スーパーツリー・グローヴ」
シンガポールと聞いて、これを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ツリー(昼)1

巨木をイメージしたスーパーツリー

無料で入れる庭園内に建てられており、
昼は様々な植物を見て楽しむことができます。

スカイウォーク

入場料がかかりますが、スカイウォークと呼ばれる空中の散策路を歩いて、
より間近でツリーを見ることもできます。

鳥

耳を澄ますと鳥のさえずりも聞こえてきますよ!
人に慣れているのか、すぐ近くを歩く姿も!

ツリー(夜)4

夜はガラッと変わって、ライトアップされます。
なんと、19:45〜20:45〜の毎晩2回、
約10分間のショーを楽しむことができます!

ツリー(夜)1

赤や緑、青など様々な色のライトが、
テンションが上がる音楽にあわせて光り、とてもきれいでした!

寝転ぶ

おすすめの鑑賞場所はスーパーツリーの真下にある広場。
360°をスーパーツリーに囲まれるので、十分に雰囲気を味わえます。
ベンチに座っている人や寝転んでいる人もいましたよ

インドシン受付

また、スーパーツリーの上には、
オープントップバー「スーパーツリーインドシン」があります。
ここで入場料を支払い(うれしいワンドリンク付き!)、
エレベーターで上に上がります。

夜景

上からはスーパーツリーを見下ろせたり、

インドシン

バーカウンターの向こう側にライトアップされたマリーナベイサンズが見えたり、
涼しい夜風にあたりながら、夜景を楽しむことができます。

昼と夜の2回訪れたいおすすめの観光スポットです♪


2.「クラウドフォレスト」

入口

ドーム型の屋内施設で、熱帯雨林の様々な植物を楽しめます。
中はひんやりとしているで、羽織れるものを持っていくといいかもしれません。

入ってすぐに目に飛び込んでくるのは、、、

滝

巨大な山とそこから流れ落ちている滝!
とにかく大きい!!

エレベーター

お気に入りの写真が撮れたら、
ぐるっと回ってエレベーターで最上階の7階まで登りましょう。

それぞれの階にテーマがあり、
下りながらさまざまな植物を鑑賞することができます。

ロストワールド

高山地帯の珍しい植物が植えられていたり、、、

レゴブロック

よく見たらブロックで作られているものも!?

滝(裏)

滝を裏側から見たり、、、
迫力満点ですね!

鍾乳石

鍾乳石が展示されていたり、、、

花1

花2

もちろんきれいな花も近くで見ることができます。

シンガポールの暑さをしのぎつつ、世界の植物を見ることができました。


フラワードーム

残念ながらメンテナンス中だったのですが、
クラウドフォレストのすぐ隣にある「フラワードーム」もおすすめです。
世界中の木や花を観賞することができます。
両方楽しみたい方には、「クラウドフォレスト」との共通券もありますよ!

日本では見ることのできない植物がたくさんあるので、
ぜひ行ってみたいですね!


〜セントーサ島〜

観光スポットをご紹介する前に、、、

セントーサ島へはケーブルカーやモノレール「セントーサ・エクスプレス」、
他にも車やなんと徒歩でも行くことができます!

モノレール

今回はモノレールに乗ってみました。
セントーサ島内に駅が3つあり、
観光スポットへのアクセスも便利なのでおすすめです。

まずはチケットを買いましょう。

ハーバーフロント駅

地下鉄の「ハーバー・フロント」で降り、

案内

駅直結のモールの3階へ。

チケット売り場

カウンターでチケットを買い、いよいよ出発です。

改札

行ってきます!

3.「シー・アクアリウム」

ウォーターフロント駅

隣の駅「ウォーターフロント」で降りて、

案内

看板の案内に従って少し歩きます。

シーアクアリウム

建物が見えてきました!

チケット売り場

入口

チケットを購入して、早速入場。

水槽

水槽が大きいですね!

水槽アップ

いろいろな魚が泳ぎまわっています。
沈没船の置物がいい雰囲気を出していますね。

サメ2

こっちの水槽にはサメが!

サメ展示

サメについての展示があったり、

トンネル型水槽

トンネル型の水槽の下を歩くと、間近でサメの泳ぐ姿を見ることができます。

サンゴ

いろんな色の発光サンゴや、、、

マンタ

大きなマンタも泳いでいました。

クラゲ

クラゲもいますよ!

優雅に泳ぐ魚を見ていたら、
あっという間に時間が過ぎていきました!

4.「セントーサ・マーライオン」

インビア駅

再びモノレールに乗り、隣の「インビア」駅へ向かいます。
そこにいたのは、、、

モニュメント

セントーサ・マーライオン!
本島にいるマーライオンよりイケメンですよね、、、?
オブジェもあってインスタ映えしそうです。

マーライオン入口

このマーライオン、入場料を払うと展望台に上ることができるんです。

メダル

入場チケットには記念コインもついてきます。

エレベーターで上に上がると

頭から

頭の上からと、、、

口から

口の中からの景色を眺めることができます。
牙を入れて写真を撮るとGood!

鐘

繁栄を祈る鐘もありました。

下にはお土産屋さんもありますよ。
記念にマーライオンの置物などいかがですか?

5.「パラワンビーチ」

ビーチ駅

モノレールの最終駅は「ビーチ」駅。
この駅の近くには「パラワンビーチ」と「シロソビーチ」があります。

ビーチ看板

今回訪れたのは「パラワンビーチ」。

ビーチ1

奥の方には吊り橋があったりもしますよ♪
この日は人も少なくて、ゆっくり静かに過ごせました。

ここで紹介しきれなかったスポットも含めて、
ぜひ訪れてほしいスポットばかりでした。

1 - 4件目まで(4件中)


国一覧
アジア
韓国(107)
ベトナム(57)
タイ(54)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
中国(8)
フィリピン(8)
スリランカ(8)
マカオ(7)
マレーシア(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(25)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(2)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
栃木(5)
千葉(5)
神奈川(3)
群馬(2)
埼玉(1)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(3)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)