1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. トラベルコちゃんさん

  海外エリア: オセアニア > オーストラリア の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

旅行比較サイト【トラベルコ】
格安航空券、国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイトです。全国の旅行会社や旅行サイトの価格を一目で比較できます!
プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
20代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー
2月<2020年03月>4月
1234567
891011121314
15161718192021
2223 24 25262728
293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

12
「フリーマントル・ドクター」っていったいナニモノ!?フリーマントル散策〜続編〜【パース旅日記 vol.11】
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>パース
テーマ:観光地 街中・建物・景色 散歩・自転車 
投稿日:2020/03/24 11:12
コメント(0)
こんにちは! トラベルコです。

2019年9月に成田からの直行便が就航した、【西オーストラリア州・パース】への旅日記を引き続きお届けします。

前記事に続き、パースから約30分で行ける港町フリーマントルについてご紹介しますよ♪

▼フリーマントルに関する過去記事はこちら
===================
▼\女子旅イチオシ/世界遺産もマーケットも!パース中心部から30分で行ける港町フリーマントル【パース旅日記 vol.9】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/109091/

週末に行くなら絶対マスト!欲しいお土産がきっと見つかる♪フリーマントル・マーケット【パース旅日記 vol.10】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/109103/
===================

旧刑務所やマーケットの観光を終え、フリーマントルの西側、ビーチ方面へと向かって歩きだしたスタッフ一行。

マーケットストリート/サウス・テラスのあるメイン通りから外れて路地へ。住宅も並び、落ち着いた雰囲気です。

1

街並みがおしゃれ! どこも絵になるんだよな〜

コロニアル調のレトロな建物はそのままに、中はきれいにリノベーションされている素敵なレストラン、カフェやホテルが点在!

2
(リノベーションホテル)

中でも雰囲気◎だったのは、ブレッド・イン・コモン(Bread in Common)というベーカリー&カフェ。

3

4

窯焼きの美味しいパンや、パンに合うお食事が味わえるお店です。

5

倉庫を改装したという店内は天井も広く、モダンでお洒落!

6

パンはもちろん、オリジナルのスパイスなどもテイクアウト可能。有料のショップバッグもお洒落でしたよ〜(*´▽`*)

アパートメントなどの住宅や大学棟を横目に、さらに歩きます!

7

8

すると何やら目を引く、白亜の綺麗な建物が!

9

こちらはエスプラネード・ホテル・フリーマントル・バイ・リッジスという有名ホテルで、街のランドマークとしても広く知られているのだそう。

10

写真に写っているのはほんの一角。総客室数は全300室、ホテル内には大きな展示会場もあります。

11

ホテルの目の前には、思わず深呼吸したくなるような緑いっぱいの公園! ファミリーに嬉しい立地ですね♪

さあさあ、目指すインド洋、ビーチはもうすぐそこです!


インド洋からの海風を全身に受けつつ(この日はやや強め)、ビーチに到着です!

12

13

ちなみに、午後になると風向きが変わり、このインド洋からの風がパースの街中を吹き抜けるのですが、この風のことを現地では【フリーマントル・ドクター】と呼ぶそうなんです。

直訳すると「フリーマントルの博士?お医者さん?誰のこと?」という感じですが、

夏の暑い空気を一掃してくれる、まさにパースっ子たちの“癒やし”の存在である爽やかな風を「お医者さん」と呼ぶとはなんとも粋な話ですよね。


海沿いを歩いていると、パーティーの準備をしている人たちの姿が。

14

白砂のビーチに白いテーブル、白いイス。映える〜!

ビーチ沿いには大型のシーフードレストランが並んでいます。港町ならではの新鮮シーフード、ぜひここで味わいたい!

15

16

美味しいフィッシュアンドチップスが名物だそうですよ♪

17

18

写真映えするモニュメントや、可愛らしいサイズの観覧車も発見!

19

20

さらに歩みを進めると・・・これこれ!! ありました!!

21

ビールラバー必見! 現地で大人気! パース発祥のクラフトビール、リトル・クリチャーズ(Little Creatures)のブリュワリーです!

ビールの大きなタンクと、トレードマークの天使の絵が目印。

ガイドしてくれた現地在住のおじちゃまも大のお気に入りだそうで「僕の誕生日にはいつもここで食事するんだ」とニコニコ。いいな〜!

店先にはテラス席もあり、開放的!

22

23

店内も吹き抜けで明るい空間…☆

24

25

カウンター奥にある、大きなビールタンクが目を引きます!

ビールサーバーもずらり。出来立てのビールがここで飲めるなんて…! ビール好きにはたまりませんね〜。

26

ちょうど土曜日、さらにディナータイムに差し掛かるところだったので、多くのお客さんで大盛況。人気ぶりが伺えます◎

このブリュワリーでは、ビールだけでなく、充実したフードメニューも味わえるんですよ!

ピザやスナックなどの“定番”はもちろん、ローカルフードのチリ・マッスル(Chilli Mussels/ムール貝のピリ辛トマト煮込み)も人気なのだそう。

そのほか、レストランに併設されたショップではビールやオリジナルグッズの販売もありました。

27

28

29

30

ビール好きの家族や友人、そして自分用にも! いいお土産になりそうですね〜♪

そのほか、店舗の詳しい情報はこちら(↓)をご覧ください!
https://littlecreatures.com.au/locations/fremantle


さてさて、ここまで約半日で巡ったフリーマントルの見どころをレポートしてきました。

フリーマントルの街の魅力、おわかりいただけましたでしょうか?

コロニアル建築の美しい街並みや世界遺産、マーケット、カフェ、ビーチなどいろいろな顔を見せ、人それぞれに楽しみ方が見つかるフリーマントル。

誰と行っても、いつ行っても、存分に楽しめるパースからのデイトリップ先! 電車や車で気軽に行ける距離なので、パース滞在の合間にぜひ足を運んでみてくださいね♪


次回は、これまたパースから日帰り旅行先として人気の【スワンバレー地区】についてご紹介します。

あまりにも素敵な経験ができたので、トラベルコスタッフの「パースに住みたい」欲がいよいよ爆発しかけます(笑)

乞うご期待!

PR
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
1
週末に行くなら絶対マスト!欲しいお土産がきっと見つかる♪フリーマントル・マーケット【パース旅日記 vol.10】
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>パース
テーマ:買物・土産 観光地 グルメ 
投稿日:2020/03/24 10:50
コメント(0)
こんにちは! トラベルコです。

2019年9月に成田からの直行便が就航した、【西オーストラリア州・パース】への旅日記を引き続きお届けします。

前記事に続き、パースから約30分で行ける港町フリーマントルについてご紹介しますよ♪

▼フリーマントルに関する過去記事はこちら
===================
\女子旅イチオシ/世界遺産もマーケットもあり!パース中心部から30分で行ける、レトロな港町フリーマントル【パース旅日記 vol.9】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/109091/
===================

今回は、週末(金〜日・祝)に開催されている「フリーマントル・マーケット」についてレポートします!

会場はフリーマントルの駅から徒歩約15分の距離にある建物内。

なんと【1897年】から続く、歴史の長〜いマーケットなんですよ!

1

赤レンガの可愛らしい外観と、フリーマントル(FREMANTLE)の文字が目印です。


2

入口をくぐると屋根も高く、開放的な空間が広がっていました。大小さまざまなお店が軒を連ね、土曜の日中ということもあり賑やかな雰囲気です。

フリーマントル・マーケットはクラフト雑貨や食料品など、なんと【150以上】もの店が並ぶ巨大マーケット。

エリアごとにざっくりとジャンルが分かれていて、正面の入り口を入って手前に並ぶのが雑貨店、奥が食料品店です。

「あまり時間がない!」という方は、効率よくお目当てのエリアを目指しましょう!

3


まずは雑貨エリアの風景。小物や衣料品、オーガニックの石鹸を扱うお店など多様な顔ぶれ。

4

5

6

定番のお土産品を多数扱う、ザ・お土産屋さんも。

7

奥へ進むと、野菜や果物がズラリ! 圧巻です!

8

その場で食べられる軽食、ドリンク、スイーツなどを売るお店も並んでいます。

9

10

11

着席型のレストランもありました。

12

多国籍! 日本食も人気のようで、何店舗か並んでいましたよ〜


全部の店舗をレポートしていきたいところなのですが、短時間では回り切れず・・・

というわけで、今回はトラベルコスタッフが見つけた「ここは見逃せない!」という人気店を、4つピックアップしてご紹介します♪


■モリッシュ・ナッツ(Morish Nuts)

現地をガイドしてくれた日本人の方がおすすめしてくれたナッツ屋さん。

オーストラリア原産のナッツを使用した、西オーストラリア州発祥の人気店です!

笑顔のキュートなおじさまが、次々とやってくる観光客を見事にさばいていました。

13

ピーナッツ、カシューナッツ、アーモンド、ピスタチオ、マカダミアナッツなど、ナッツの種類だけでなく、味付けも多様。

塩味、キャラメル味、そして人気はワサビ味なんだとか(*^。^*)

味見したい旨を伝えると試食も可能。おじさんが一粒ずつ手に乗せてくれます。英語が苦手な方は簡単なジェスチャーでも伝わるはずですよ!

14

お値段は少しお高め?(1オーストラリアドル≒75円)

でもナッツって基本いい値段しますよね。そう考えたら妥当かもしれません。

サイズもたくさんあったので、バラマキ土産用、自分用、と好きにチョイスできるのもよい点です! パッケージもお洒落だから、そのまま渡してもOK!

甘党なトラベルコスタッフTは、小分けになったキャラメル味のナッツをGET。

歯ごたえもよく、甘〜いキャラメルが香ばしくてとっても美味しかったです(*´▽`*)


■ルージェニック(Roogenic)

15

こちらはフリーマントル発祥のお店。オーストラリア原産の植物を使った、自然由来のオーガニックティーが販売されています。

フリーマントル・マーケットで家族経営していた小さなお店から始まり(現在では売り場面積が拡大)、クチコミで人気が広まり、今やオーストラリア国内に300以上ものお店を構えるまでになったのだそう!

お店に足を踏み入れると、ややファンキーな風貌の可愛らしい女性店員さんが明るく声をかけてくれました。

「どれが気になる?」「えーと、これとあれかな」と会話をしているうちに、結局、並んでいた全種類の試飲をさせてくれた優しいお姉さん。

16

味の違いはもちろん、デトックス作用のあるもの、美白や安眠効果があるもの…など効能もそれぞれ異なるそうです。

拙い英語でアレコレ言っていたトラベルコスタッフにも丁寧に説明してくれました(涙)

迷いに迷って、選んだのはこちら。

17

リラックス効果があり、ポジティブな気持ちになれるという「Native Happiness」。

クセのない爽やかな香りと風味で、すっきりした後味! 漂う香りだけで癒やされそうです…♡

瓶いっぱいにぎっしりと茶葉が詰まっていて、長〜く楽しめそう!

カンガルーの背中に羽が生えたロゴマークも可愛らしく、かつ、ひと目でオーストラリア土産とわかるデザインなのでお土産にも良いですね☆


■ザ・ハニー・ケーキ(The Honey Cake)

18

こちらもパース発祥の人気ショップ。現地では有名で、パース市内、そしてここフリーマントル・マーケット内にもお店があります。

着色料も不使用という“安心安全”な原料で作られた上質なはちみつケーキで、甘さも強すぎず、万人受けしそう!

保存料不使用でも賞味期限は10日間というから嬉しい! 旅の後半に買えば、日本へのお土産にもできますね◎

19
(こちらの写真はパース市内にある店舗の様子)

その場で食べられる1スライス(ピース)や、大人数で分けられるボックス入りもあり。

トラベルコスタッフも後日、パース市内の店舗でボックス入りを購入。会社用のお土産にしました。

20

ねっとり柔らかいはちみつ部分と、ふんわりしたケーキがマッチして美味◎

常温だと全体が柔らかくフワフワとした舌触り、冷蔵すると蜜が固まってキャラメルのような食感で、どちらの食べ方でも美味しかったです!

社内で配ったところ、男女ともに好評でしたよ〜!


■メガベス(Megabes)

21

続いてご紹介するのは、雑貨を取り扱うスーベニアショップ。

正面の入り口を入って右手奥にあり、マーケットの角にあたるお店なので、外からも店の様子が見えます。

手持ち時間も残りわずかとなり、「こんなに立派なお店だもの、きっとチェーン店でパース市内にもあるだろう。後でゆっくり行こう…」と思ったらびっくり。

ここフリーマントルにしかないお店でした。残念〜(ノД`)・゜・。

22

パパっと覗いた様子だと、コアラやカンガルーが描かれた可愛らしい食器や、文具、マグネット、台所用品、布製品・・・などなど、良いお土産になりそうな小物がたくさん並んでいましたよ。

店内も女性、若いお客さんが多い印象でした! 手ごろな価格の商品が多かったので、雑貨土産をお探しの方はぜひこちらへ〜!



フリーマントル・マーケットの潜入レポートはここまで!

クラフト雑貨から食料品まで、多様なお店を覗きながら歩いているだけでも楽しめるマーケット。面白そうでしょう(*^。^*)?

フリーマントルを訪れる際はぜひ週末の開催日を狙って、遊びにいってみてくださいね〜♩

その他の店舗やイベント情報については、公式サイトでチェックを!
https://www.fremantlemarkets.com.au/

23
(正面と反対側にある入り口はこんな様子。歴史を感じますネ‥‥!)

フリーマントルの街に戻って散策レポートを続けます! 続きはこちらで!

「フリーマントル・ドクター」っていったいナニモノ!?フリーマントル散策〜続編〜【パース旅日記 vol.11】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/109093/

PR
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
22
\女子旅イチオシ/世界遺産もマーケットも!パース中心部から30分で行ける港町フリーマントル【パース旅日記 vol.9】
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>パース
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2020/03/23 18:01
コメント(0)
こんにちは! トラベルコです。

2019年9月に成田からの直行便が就航した、【西オーストラリア州・パース】への旅日記を引き続きお届けします。

今回はパースから日帰りで行ける、世界遺産を有する港町、フリーマントルをご紹介します。

1

こちらも「パース観光といえば」の定番スポットなのですが、私個人的にも声を大にしておすすめしたい場所です(もう一度行きたい…!)。


というのも、パース中心部から車または電車でたったの30分で行けるこのフリーマントルは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★植民地時代のレトロ&コロニアル調の建物が並び、街並みは雰囲気たっぷり!写真映え!

★世界遺産、マーケットなど主たる見どころはすべて徒歩圏内!※無料バスもあり

★週末に開かれるマーケットが名物!路面店でのショッピングも楽しい!

★老舗カフェや、リノベされたお洒落なレストラン・バーがたくさん!

★地元で大人気のクラフトビールブリュワリー(工場兼レストラン)がある!

★インド洋から吹く心地よい風が気持ちいい!
散策にぴったりなビーチもあり、海沿いにはシーフード料理店もずらり!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というわけで本当に魅力たっぷりの街なんです(*^。^*)

定番の観光名所を押さえたら、あとは思う存分にショッピングを楽しみ、お洒落なカフェ巡り。街並みはどこを切り取っても写真映え。ビーチもある。

・・・これぞ、完璧なる「女子旅コース」ではないでしょうか。

(特に)女性のみなさん、ここはたまらん、絶対たまらんですよ!!!!



ちなみにフリーマントルと聞いて「あれ…見覚えのある名前だ…」と気づいた方は、さすがです。

そうです。以前ご紹介したロットネスト島へ向かう船が出る、あの可愛らしい港があるのがフリーマントルでしたね。

2

復習したい方はコチラ▼
パースに行ったら欠かせない!セルフィーで一躍人気になった○○が暮らす島へ【パース旅日記 vol.3】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/108937/


フリーマントルの街は比較的コンパクト。基本は徒歩で散策を楽しめますが、市営の無料バスも運行しています。

3

フリーマントルの駅はこちら(↓)。駅から港までは歩いてすぐです!

4

メインのマーケットストリート沿いには、左右たくさんのお店が並んでいます。

5

6

ご覧の通り、道も綺麗に整備されています。

7

グロッサリーストアや、雑貨・服屋さん、カフェ、レストランなどなど・・・

気軽に立ち寄れる雰囲気のお店ばかりなので、ウィンドーショッピングだけでも楽しい♪

8

コンビニやファーストフードのチェーン店もありました!

9


しばらく道沿いに歩いていると、サウス・テラスというエリアに。この一帯にはカフェがずらりと並び、別名「カプチーノ通り」と呼ばれているんですよ!

10

11

12

パラソルの立つテラス席が並んでいて、カフェタイムを楽しんでいる方の姿も! 散策やショッピングの合間にひと休憩するのに最適ですね♪

13

こちらは老舗のジノース・カフェ(Gino’s Cafe)。カフェメニューだけでなく、イタリア料理も味わえる名店なんですって!


カフェ通りのすぐ近くに、コロニアル調の可愛らしい建物が見えてきました。

14

こちらが週末にマーケットが開催される会場です!

マーケットが開催されるのは金曜〜日曜。食料品店や雑貨屋など、なんと150以上ものお店が所狭しと並び、お土産探しにもうってつけなんですよ〜。

15

トラベルコスタッフが訪れたのはちょうど土曜日だったので、マーケット前では大道芸が行なわれるなど、賑やかな雰囲気でした!

マーケットについては別記事でたっぷりご紹介しますので、お楽しみに(‘◇’)ゞ


続いて、マーケットから徒歩10分ほどの距離にある「旧フリーマントル刑務所」へ向かいます。

16

道中、看守と囚人たちのモニュメントが。

フリーマントル、ひいては西オーストラリア州の歴史を語る上では欠かせない旧フリーマントル刑務所。

1850年、当時イギリス領だったこの地に“労働力”として送られた囚人たちが、自らが住むための場所として建てたものなんです。

最初のミッションが【自分たちが入る刑務所を造ること】とは、なんとも衝撃的ですよね・・・


1991年までの実に136年もの間、実際に刑務所として使われていました。

今ではその歴史を伝える場所として世界文化遺産「オーストラリアの囚人遺跡群」のひとつに登録され、多くの観光客が訪れるスポットになっています。


到着〜! こちらが刑務所の入り口正面です。

17

2010年に登録された「世界遺産」であることの証。

18

「オーストラリアの囚人遺跡群」として認定されている11のスポットのうちのひとつ、ということで11本の柱で構成されているようです。


入り口(ゲート)にはチケットオフィスがありますので、館内を巡るガイドツアーに参加する場合はこちらで受付を。

「ゲートハウス」と呼ばれる、入口すぐのエリアだけなら無料で入場できます。

19

ツアーにはさまざまな種類があり、所要時間は約1時間〜。

公式サイトには日本語版ページもありますので、どんなツアーがあるのか気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!(一部は事前予約が必要です)

▼旧フリーマントル刑務所 公式サイト(日本語版)
https://fremantleprison.com.au/visit-us/japanese/

※トラベルコスタッフが個人的に気になるのは「真の犯罪ツアー」。犯罪者の頭の中に侵入って・・・一体どんな話が聞けるんだろう・・・(´゜д゜`)


ゲートをくぐって正面の様子。

20

正面奥に見えるのがメインの建物です。

21

記念写真を撮っているグループが見えますでしょうか? ガイドさんによれば、地元の学生たちも学校行事の一環として訪れることが多いそうですよ。

今回はガイドツアーに参加しなかったので柵越しでしたが、刑務所の姿も写真に収めることができました。

22


また、無料で入れるエリアでは展示品(一部)の見学も可能。スーベニアショップやカフェの利用もできます。

23

体罰に使われた鞭や、手錠、囚人服など、当時の様子を今に伝える展示品の数々。

一部だけでも見応えがありましたが、残念ながら日本語の説明書きはありませんでした。

詳しく知りたい方はやはりガイドツアーの参加がおすすめです( ..)φ

ツアー参加時には日本語のオーディオガイドが借りられるので、ガイドさんから興味深い話をたくさん聞けますよ〜!


スーベニアショップがあるのは、正面向かって左の扉奥。

24

ここで買えるオリジナルグッズが本当に可愛らしくて! スタッフ個人的にはかなりのおすすめスポットです。

ぬいぐるみやマグネット、食器や文具など種類豊富。ここでしか買えないお土産がとってもユニークでカワイイ!

25

26

27


中でも、トラベルコスタッフが気に入ったのは囚人のパペット人形。ゆるかわ・・・!!

28

レジ横にはマグネットバージョンもありました。

こんなにぎっしり並ぶと、き、きもかわ・・・!!(笑)

29


また、今回は訪れなかったのですが、フリーマントルのビーチ沿いにある「ラウンド・ハウス」も、以前刑務所として使用されていた歴史的な名所です。

30
(C) Tourism Western Australia

植民地時代(1831年)に建てられた西オーストラリア州最古の建物で、インド洋を臨む絶景も堪能できるんだとか!

興味がある方は、ぜひこちらも併せて訪れてみてくださいね♪

ラウンド・ハウス公式HP▼
https://www.fremantleroundhouse.com.au/


・・・というところで、街の散策レポートは小休憩。

次記事では、週末に開催されるフリーマントル・マーケットの様子についてご紹介します!

続けてご一読ください♪

週末に行くなら絶対マスト!欲しいお土産がきっと見つかる♪フリーマントル・マーケット【パース旅日記 vol.10】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/109103/

PR
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
34
地球の生み出した絶景!ピナクルズとランセリン大砂丘で自然のパワーを感じる【パース旅日記 vol.8】
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>パース
テーマ:観光地 自然・植物 ドライブ 
投稿日:2020/03/23 17:26
コメント(0)
こんにちは! トラベルコです。

2019年9月、成田からの直行便が就航した【西オーストラリア州・パース】への旅日記を引き続きお届けします。

前回までの記事はコチラ▼
===================
・ANA直行便スタッフレポート
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/108913/

・パース基本情報
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/108914/

・大人気!パースからロットネスト島へ
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/108937/
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/108963/
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/108964/

・カバシャム・ワイルドライフ・パークで動物との触れ合い
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/108954/
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/108962/
===================

さてさて、今回は西オーストラリア州の【自然】が感じられるスポットをご紹介しますよ!

パースから北へ、車で片道約2時間半。人気の観光名所「ピナクルズ」へ向かいます。

ピナクルズは英語で「先が尖ったもの(Pinnacles)」という意味で、「ナンバン国立公園」の中にある、砂漠に尖った奇岩が林立している名所です。

別名“荒野の墓標”とも呼ばれる珍しい光景が見られるのだそう!


電車などの公共交通機関は通っていないので、アクセスは車(レンタカー)かオプショナルツアーで。途中までは無料のハイウェイを利用して向かいます。

しばらく走ると、周囲の風景はこんな感じ。

1

のどか〜〜〜♪

2

道路沿いに広がる広大な自然は、野生の動植物たちの宝庫です。

時には動物たちが道路に飛び出してくることもあるとか。というわけで、こんな標識が立っています。

3

※現地在住のドライバーさんが「オーストラリアっぽいでしょ!撮るべし!」と一時停車してくれました。優しい!

“動物飛び出し注意”のサインなのですが、描かれている3つの動物、これなんだか分かりますか?

4

左からカンガルー、エミュー、そして・・右の動物が難問!

5







正解は・・・・「ハリモグラ」です!!

この一帯に生息するハリモグラたちが、道を横断することもあるそうなんです(;’∀’)

レンタカーを運転する方は、動物たちが出現する可能性があることもお忘れなく!


パースを出発し、だだっ広い緑の大地を進み続けること約2時間。

道路沿いに広がる木々の奥に、突如、白く長い丘が見えてきました。


こちらは雪山、ではなく、真っ白な砂が堆積してできた「ランセリン大砂丘」です。

ピナクルズに向かう途中にあるので、ピナクルズとセットでオプショナルツアーに組み込まれていることも多いようですよ♪ せっかくなので私たちも立ち寄ってみました。


丘に近づいていくと、目の前に広がるのは一面の白砂! 青空と白砂のコントラストがまぶしい!

6

「うおおおお、スター・○ォーズかよーーーー!」

ええ、まさにそんな感じです。ザ・異世界。

巷にいう“白銀の世界”ならぬ“白砂の世界”で、テンションも爆上がり!

早速車を降りて、白砂の丘をのぼっていきます。砂が入ってしまうので、靴を脱いで裸足でGO!

白砂に足が埋もれる感覚がとっても心地よくて、気持ちいい〜!

7

がしかし・・・この坂を上るのが見た目以上に辛いのなんのって・・・(涙)

「砂丘」と名のつく場所に行ったことがある方なら、きっと分かりますよね?

一歩踏み出して坂を上れば、砂に足を取られて半歩ずるずると下がり・・・ずぼずぼと足が沈み込み・・・


こちら(↓)の少年も急坂を勢いよく上り始めたものの、ゴール目前でこんな姿に。

差し替え

うんうん、辛いよねえ(ノД`)

そんなこんなで奮闘しながらゼーゼーハーハー息を切らし、丘を上りきったところで周囲を見渡すと・・・

砂丘側は一面真っ白!!!! 感激!!!! 上った甲斐あった!!!!

9

10

風紋もはっきりと見えましたよ! 砂の粒子は比較的細かく、さらさらとした手触り。

11

車で走ってきた道路側を見ると、木々の奥に道路、そしてその奥に見えるのは海! 海の方まで行けば、白砂のビーチも楽しめます。

12

ここランセリン大砂丘では、この絶景を単に眺めるだけでなく(それだけでも十分に満足できるのですが)

4DW(四輪駆動車)で砂丘を滑走する、超スリリングな体験や

13
(C) Tourism Western Australia

14
(丘の上に小さく車が見えますでしょうか? この車が縦横無尽に砂丘を滑走していました)

板の上に乗って砂丘を滑り降りる、サンドボードをして楽しむことができますよ!

15
(C) Tourism Western Australia

16
(C) Tourism Western Australia

ボードは、ランセリンの街にあるビジターセンターなどでレンタルすることもできますが、やっぱりラクチンなのはオプショナルツアー。

サンドボードや4WDツアーがあらかじめ含まれたプランは多数ありますので、気になる方はぜひ事前にチェックしてみてくださいね★


砂丘を堪能した後は再び車に乗り込み、大本命のピナクルズを目指します!

向かう途中で、車に同乗していたガイドさんがピナクルズの成り立ちについて説明してくれました。

そのお話によると・・・

--------------------------
はるか昔、海から運ばれた砂によってできた砂丘が、長い時間をかけて石灰岩を含む地盤へと変化。

その上に植物が根を張り、やがて枯れ・・・結果残ったのは、植物の根や雨などの水分で浸食され、無数の深い穴が開いた石灰質の地盤。

その地盤部分が風化によって削られ、柱のように見えるようになったものがピナクルズ(奇岩群)。
--------------------------

つまり、地面からニョキニョキ生えてきたわけではなく、浸食と風化によって地層が削りだされた結果、このように見られるようになった、というわけなんですね!

奇岩群は現在でも風化によってどんどん形が崩れていっているそうで、数十年後?数百年後?には消えてなくなってしまうかもしれないとのこと。

ほおお、壮大なストーリー・・・。地球の長〜い歴史と神秘を感じます(*´Д`)



そうしてランセリン大砂丘から車を走らせること約1時間、ついにピナクルズのあるナンバン国立公園に到着しました!

敷地内に入りしばらくすると、周囲にはいくつかの尖った岩が見えてきました。

17

さらに車で進み、奇岩が多く並ぶエリアへ!※車で立ち入れるエリアは制限されているので、一部は徒歩での移動になります。

おお!! 巨大な岩々がそこら中に!!

18

大きいものだとなんと約4mの高さの岩もあるとか。どれも脆い岩質なので、蹴ったり登ったりするのは無論NG

背丈を超える巨岩ばかり、と思いきや、足を引っかけてしまいそうな小さな岩もあるので注意して歩きます。

19

20

岩の形もそれぞれユニークで、まさに「奇岩」といった様子。

「この岩、あの動物に似てる!」「あの形みたい!」と想像力を膨らませながら見て回ると楽しい〜!

21

22

23

うーん。これほど多くの巨岩に囲まれていると、どこか違う惑星に来てしまったかのような…なんだか不思議な気分になってきます…。

24

着いたのは夕方。歩いて丘を越え、サンセットがきれいに見える高台を目指します。

25

少し高いところから眺めると、これまた圧巻!!

26

27

この写真(↓)を見ると、車や人と比べた巨岩のサイズ感がより伝わるでしょうか。

28
(C) Tourism Western Australia

岩の狭間で可憐に咲くワイルドフラワー(野花)も発見♩

29

高台に到着〜! すでに素敵な夕焼け空です。

30

サンセットの瞬間を捉えようとカメラを構える人々。

31

ピナクルズの奥に見える水平線に、夕日が沈んでいきます・・・

32

これほどに広大で開放的な場所で、穏やかにサンセットを眺める・・・なんと豊かな時間なんだろう・・・

33

肩の力がスッと抜けて、身体も心もデトックスできた気がします。

自然のパワーってすごい・・・(*´▽`*)


そうして日が沈んだ後のわずかな時間、実はここがシャッターチャンス!

というのも、空が次第にきれいなピンク色に染まっていき、なんとも幻想的な光景が見られるんですよ。

月もきれいに見えました!

34

次第にピンクからオレンジの空へ。どんどん暗くなってきました。

35

36

37

ピナクルズ一帯は、サンセットはもちろん、星空もとってもきれいに見えることで有名。

残念ながら今回は星空を観賞している時間がなかったのですが、帰りの車窓からはハッとするような美しい夜空が見えましたよ( ^)o(^ )

38

星空観賞ツアーも人気があるそうなので、気になる方はぜひ調べてみてくださいね☆


ということで、今回は西オーストラリア州の誇る【大自然スポット】を巡る旅の模様をお届けしました!

いやはや、自然って・・・地球って・・・すごいですね(語彙力)。この壮大な景色を、実際に目で見て、感じて、ほしいです。


ぜひ西オーストラリア州、パースを訪れる際にはランセリン大砂丘、ピナクルズまで足を延ばすことをおすすめします!

パースからは少し距離がありますが、日帰りで大満喫できること間違いナシですよ★


パース旅行記、まだまだ続きます。

次回はパース女子旅には欠かせない(!?)人気のあのエリアへ!

▼\女子旅イチオシ/世界遺産もマーケットも!パース中心部から30分で行ける港町フリーマントル【パース旅日記 vol.9】
https://www.tour.ne.jp/blog/travelko/109091/

PR
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】
パースの詳しい情報はコチラ!【西オーストラリア州政府観光局|のんびり〜ばぶる!パース】

1 - 4件目まで(4件中)


国一覧
アジア
韓国(108)
ベトナム(57)
タイ(55)
香港(44)
シンガポール(26)
台湾(26)
インドネシア(19)
ミャンマー(17)
スリランカ(8)
中国(8)
フィリピン(8)
マレーシア(7)
マカオ(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中近東
アラブ首長国連邦(85)
トルコ(1)
ヨーロッパ
ポルトガル(12)
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
オーストリア(2)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(63)
オアフ島(60)
マウイ島(32)
ミクロネシア
サイパン(26)
グアム(12)
ロタ(4)
テニアン島(1)
オセアニア
オーストラリア(39)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(63)
フィジー(12)
タヒチ(5)
カリブ海
キューバ(1)
中南米
ペルー(16)
北米
アメリカ西部(78)
アメリカ東部(69)
カナダ(12)
インド洋
セイシェル(3)
北海道
道南(16)
道北(3)
道東(3)
道央(1)
東北
宮城(5)
秋田(2)
青森(2)
岩手(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(21)
千葉(6)
栃木(5)
埼玉(4)
神奈川(4)
群馬(2)
茨城(1)
北陸
福井(1)
新潟(1)
石川(1)
中部・東海
三重(4)
愛知(3)
山梨(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
和歌山(1)
京都(1)
奈良(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)