1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. ペンギンさん
  4. アメリカ東部の記事一覧

  海外エリア: 北米 > アメリカ東部 の他のブログはこちら|

旅のアラカルト

~究極のエコツアー<北極・南極>をはじめ、アイディアあふれる企画で楽しむ南米、ヨーロッパのこだわり旅行を手配します。~

南極・北極の旅「ポーラクルーズ」
究極のエコツアー。地球の鼓動が聞こえる大地「南極」、イヌイットの住民達、野生動物との出会いがある「北極」。何かを感じさせてくれる極地旅行。
プロフィール

ニックネーム:
ペンギン
居住地:
東京都
会社名:
株式会社トライウェルインターナショナル
会社英字名:
TRYWELL INTERNATIONAL
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-5439-6267
業種:
旅行業
自己紹介:
北極・南極クルーズおよび南極点フライトをはじめ、手配旅行を手がける?トライウェルインターナショナルの編集担当です。
究極のエコツアーともいうべき、北極・南極の魅力をはじめ、南米、ヨーロッパ、アメリカなどの各地へ、ちょっと変わったアイディアで味わい深い旅をご提案しています。当社のノウハウを活用して、ひと味違ったオリジナルの旅を楽しんでください。

カレンダー
6月<2020年7月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

アーミッシュ村
まさにスローライフ!アーミッシュ村を訪ねて
エリア:
  • 北米>アメリカ東部
  • 北米>アメリカ東部>フィラデルフィア
テーマ:観光地 街中・建物・景色 
投稿日:2009/11/25 18:28
コメント(0)
開拓時代を彷彿させるアーミッシュ村
開拓時代を彷彿させるアーミッシュ村


<アーミッシュ>とは、アメリカ、カナダに住む成人後の再洗礼を主張するキリスト教徒アナバプティストの一派。車や電話、電化製品を使わずに質素な生活をしていることで知られている。そのライフスタイルは敬虔で家族中心、社会の主流に飲み込まれずに伝統を守り続けている。


アーミッシュ
アーミッシュ村の近くの国道は牧草地や穀倉地が広がり、こに昔ながらの馬を引くアーミッシュの姿が見られる


ペンシルバニアのランカスター地区は、アーミッシュがアメリカで最初に定住した場所。今も変わることのない生活を続けている。
村ではアーミシュの現代生活を垣間見ることができるツアーがあり、多くのアメリカ人が観光バスでやってくる。ガイドと一緒にモデル一家を訪問し、アーミッシュの生活や習慣などの説明を受ける。彼らの移動手段である軽装馬車「バギー」に乗ることができたり、伝統的な家を見学。ショップにはアーミッシュが作る手作りのお土産品がならぶ。ゆったりと穏やかな時間が流れこの村は、興味がつきない場所だ。


アーミッシュ近郊
映画「マディソン郡の橋」に似た景色を発見!どこまでも広がる牧草地、石炭で走る列車など、映画のワンシーンのような風景がつづく
タグ:
アーミッシュ 伝統文化 暮らし訪問 

PR
≪ワイエスの絵画世界とアーミッシュ村を訪ねる旅・7日間モデル日程≫ もうひとつのアメリカを知る旅。今もなお古きよきアメリカの姿が残るアーミッシュ村と合衆国建国の地フィアデルフィアを訪れます。
≪ワイエスの絵画世界とアーミッシュ村を訪ねる旅・7日間モデル日程≫ もうひとつのアメリカを知る旅。今もなお古きよきアメリカの姿が残るアーミッシュ村と合衆国建国の地フィアデルフィアを訪れます。
合衆国建国の地フラデルフィア
アメリカの原風景を描くアンドリュー・ワイエスの世界
エリア:
  • 北米>アメリカ東部>フィラデルフィア
テーマ:観光地 街中・建物・景色 鑑賞・観戦 
投稿日:2009/11/25 18:28
コメント(0)
アメリカン・リアリズムの代表的画家、アンドリュー・ワイエス(Andrew Wyeth)。世界中にファンを持ち、日本でもたびたび展覧会が開かれている。今年(2009年)、1月16日、ワイエス氏はチャズフォード自宅で就寝中に息を引き取った。91歳だった。

オルソンハウス
オルソンシリーズの舞台「オルソンハウス」

1917年、ペンシルベニア州フィラデルフィアの郊外チャッズフォードに生まれた彼は、体が弱く、ほとんど学校には通わずに家庭教師から読み書きを習うとともに、著名なイラストレーターであった父親(N.C.ワイエス)に絵画を習う。

生地チャッズフォードと別荘のあるメイン州クッシング以外、アメリカ国内さえ旅したことがない彼の作品は、ほとんどがこの2つの場所の風景とそこに暮らす人々だ。

ワイエスの別荘の近くに住んでいたオルソン家の女性を描いた代表作 「 クリスティーナの世界 」 をはじめ、彼女との出会いから死に至るまで30年にわたって描き続けたオルソンシリーズ、自宅の近くの農場で働いていたドイツ系女性ヘルガを15年の歳月を費やして描いたヘルガシリーズ(240点)など数々の作品からは、ひたむきに制作を続ける画家アンドリュー・ワイエスの姿がうかがえる。

アメリカ建国の地・フィラデルフィア

独立記念館
フィラデルフィア独立記念館

アメリカ独立戦争の中心となったフィラデルフィア。合衆国を築き上げてきた歴史が今もここに息づいている。町の中心部センターシティーに隣接するオールドシティーは、アメリカでもっとも歴史的に重要な場所。インディペンデンス国立歴史公園では「独立記念館」やアメリカの自由の象徴「自由の鐘」などが合衆国の歴史を物語る。ヨーロッパ文化の面影を街のあちこちに残す「合衆国の母なる都市」は、新世界の中心として革命をリードし、アメリカを自由へと導いた偉大な精神を感じさせてくれる。

フィラデルフィア風景
合衆国の歴史を背負うフィラデルフィアの風景

ブランディワインリバー博物館
ペンシルベニア州南西部ブランデイワイン河沿いにある美術館。ワイエス家3世代のコレクションと同世代のアメリカ現代画家による絵画を展示している。

ファーンズワース美術館
メイン州ロックランドにある18世紀から20世紀のアメリカ現代美術を専門とする美術館。国内最大のワイエス・コレクションが収蔵されている。
タグ:
ワイエス 現代アメリカ絵画 フィラデルフィア アーミッシュ オルソンハウス 

PR
≪ワイエスの絵画世界とアーミッシュ村を訪ねる旅・7日間モデル日程≫
もうひとつのアメリカを知る旅。オルソンハウスやワイエスゆかりの美術館見学と、フィアデルフィア・アーミッシュ村を訪れます。
≪ワイエスの絵画世界とアーミッシュ村を訪ねる旅・7日間モデル日程≫ もうひとつのアメリカを知る旅。オルソンハウスやワイエスゆかりの美術館見学と、フィアデルフィア・アーミッシュ村を訪れます。

1 - 2件目まで(2件中)


国一覧
アジア
パキスタン(3)
ヨーロッパ
ノルウェー(1)
カリブ海
キューバ(1)
中南米
コスタリカ(4)
北米
アメリカ東部(2)
北極・南極
南極(19)
北極(8)