1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ウェンディーツアーさん

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

なんでもタイブログ

プロフィール
ニックネーム:
ウェンディーツアー
居住地:
アジア>タイ>バンコク
会社名:
ウェンディーツアー・バンコク
会社英字名:
Wendy Tour Bangkok
会社所在地:
アジア>タイ>バンコク
会社電話番号:
66-2216-2201
業種:
旅行業
自己紹介:
タイ在住の旅行会社スタッフがフレッシュな情報をお届け致します。

カレンダー
1月<2009年02月>3月
1234567
8910111213 14
151617181920 21
222324252627 28

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

ブッタヤーンプラピカネート
ナコンナヨックのお寺巡り
エリア:
  • アジア>タイ>タイその他の都市
テーマ:観光地 その他 
投稿日:2009/02/27 15:02
コメント(2)
こんにちは。
今日は、バンコクから車で1時間30分程、約120km北東にあるナコンナヨック県のお寺巡りに行って来ましたので、ご紹介させて頂きます。
ナコンナヨックは、ウェンディーツアーで販売している日帰り観光コース『清流の里ナコンナヨックとハーブ産地プラチンブリー』にも含まれている滝や国立公園等が多数あり、自然を楽しみに行くところとして、タイの人々に親しまれています。
今回の我々の目的は、ヒンドゥー教の神様・ガネーシャ神(タイ語ではプラ・ピカネート)の、世界一と言われている大きな仏像に参拝する事でした。場所の名前はブッタヤーン・プラピカネートといいます。お坊様も1人おられましたが、タイ語でお寺を意味する『ワット』という文字はどこにも見られませんでした(私の見落としかも)ので、お寺でないのかもしれません。

これが、世界一大きいと言われるガネーシャ神の仏像ですが、本当に世界一かどうかは不明です。
ブッタヤーンプラピカネート

ここにはガネーシャ神の色んなスタイルの仏像も安置されています。
ブッタヤーンプラピカネート

到着して驚いたのは、とにかく人の多さ。田舎だから空いているだろうと考えたのは誤りでした。ご神気を頂くというよりは、とにかく何をするにも暑くて大変でしたので、御線香で拝んで、果物をお供えして、早々に引き揚げました。しかし、私たちが行ったのは日曜日でしたので、平日は空いているのかもしれません。ガネーシャ神のファン(信仰されている方)にはお勧めです。

ガネーシャ神のところでは、とにかくろくな参拝も出来なかったので、どこかのお寺に行こうという話になり、大通りに看板が出ていたお寺『ワット・バーン・マイ』に行きました。
ここは、本当に田舎ののんびりした小さなお寺といった感じで、元気で威勢の良いご住職様がおられました。右が蜂の巣で、左側の写真は珍しい石が展示してあったので、記念に撮影しておきました。
ワットバーンマイワットバーンマイ

その次に、予定にも入れていたお寺『ワット・ローンポー・パックデーン』に行きました。ここのお坊様が有名であるとの事で、こちらも大変な人混みでした。お寺の入口から本堂までは数百メートルあり、出店(野菜や果物、焼きイカ等の食べ物の屋台等)もありました。本堂に到着しても、やはり人混みで(右下写真)、本堂に入るのを断念しました。それから、右上の写真はビワを売っているお店で、ナコンナヨックはビワの産地でもあるとの事を始めて知りました。
ワットロンポーパックデーンワットロンポーパックデーン
ワットロンポーパックデーンワットロンポーパックデーン

これで今日のお寺巡りはおしまいです。お腹が空いたのでどこかレストランを探すことにしました。ワット・ローンポー・パックデーン前の国道3049を左方向バンコク方面に約2分程進んだところに、左側にヘルシーフードという意味のタイ語がかかれている看板を見つけました。国道3049を左折するのですが、かなり入り組んだ所にあり、国道3049から約4キロ程は入ったであろうと思います。

周辺は畑や空き地で、ぽつんと木で造られたレストランが一軒ありました。長閑で雰囲気が良い感じです。
クルアハイドー

レストランの横には、野菜を何種類か栽培しており、無農薬野菜との事です。
クルアハイドークルアハイドー

レストランでは、栽培した野菜も販売していました。一束30バーツで、これは安いです。また、レストランでは野菜炒めや、生野菜を食べましたが、とても美味しかったです。お土産に野菜をたくさん買ってしまいました。
クルアハイドー

注文した料理の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、どれも味はちょっと醤油味が濃いとタイ人は言っていましたが、日本人の私には丁度良かったです。しかし、田舎の割には野菜炒めが100バーツ程とちょっと高めの値段設定でしたが、味が良かったので許せるかなといった感じです。

クルア・ハイ・ドー・レストランの連絡先
住所:104/1 Moo8 Sarika, Muang, Nakornnayok
電話:081-846-1641

バンコクへの帰り際に、ナコンナヨック市内を通り、丁度ビワのフェスティバル(販売促進会みたいなもの)を行っているとの事で、行って来ました。ビワの木や、ビワの実、ビワのアイスクリームやビワのシェイクジュース等が売っていました。ビワの実は大きさによって値段が異なり、小さな実1キロ100バーツから、大きな実は300バーツ以上と色々ありました。やはり100〜150バーツが人気がある様でした。ビワのシェイクジュース20バーツも美味しかったでっす。
ビワフェスティバル
ビワフェスティバル

バンコクを午前10時30分に出発し、戻ったのは午後7時でした。短い時間で結構楽しめた1日でした。交通の便が悪いところなので、ちょっと気軽に行く事が出来る場所ではありませんが、皆様も機会がありましたら行って見て下さい(旅行会社で車とガイドをチャーターする事も出来ますが)。

各場所の詳細地図を載せたかったのですが、うまく載せることが出来ませんでした。詳細はトラベルノートにも載せてありますので、そちらでご確認下さい。それでは、また。
タグ:
タイ ナコンナヨック お寺 レストラン ガネーシャ 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
アクスラシアター
アクスラシアターでタイ古典人形劇を鑑賞
エリア:
  • アジア>タイ>バンコク
テーマ:観光地 鑑賞・観戦 
投稿日:2009/02/20 11:59
コメント(0)
こんにちは。
今日は、去年出来たばかりの、キングパワーデューティーフリーショップ3階にあるタイ古典人形劇『アクスラシアター』をご紹介します。キングパワーデューティーフリーショップはBTSスカイトレイン・ビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)駅2番出口を降りて、直ぐ左にある1本目の路地・ランナム通りを入ります。ランナム通りを徒歩5分程で右側に大きなキングパワーデューティーフリーショップがあります。

キングパワーデューティーフリーショップの中に入り、エレベーターで3階へ向かいます。まずは受付で、チケットを購入します。
アクスラシアター

入口には、豪勢な人形が飾られています。
アクスラシアターアクスラシアター

場内はこの様になっています。
アクスラシアターアクスラシアター

残念ながら人形劇は撮影禁止です。黒い服を着た人達3人1組で1つの人形を操ります。手の動き、足の動き、首の動きなどの細かい動きは、まるで人形が自らの意志で動いているかのよう。演目は「ラーマキエン物語」、「蝶々さん(日本人形)」、「タイのお祭り」などがあり、それぞれたくさんの人形がでてきます。
演目と演目の間はタイ古典楽器と西洋楽器をミックスしたミニオーケストラの演奏や、闘剣、人間がニワトリの格好をして闘鶏の様子を演じたりと、人形劇以外でも楽しめます。

途中、人形達が客席に降りてきてお客さんとコミュニケーションをとってくれます。その人形の動きがすごくかわいい☆人形ということも忘れて思わず手をふってしまいました。
人形と一緒に写真も撮れますので、アクスラシアターに行かれる際はカメラをお忘れなく。
アクスラシアターアクスラシアター

それでは、また。
タグ:
タイ 古典人形劇 アクスラシアター バンコク デューティーフリー 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
象トレッキング
カンチャナブリーで象乗り・筏下り・電車乗車体験
エリア:
  • アジア>タイ>カンチャナブリ
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 
投稿日:2009/02/13 21:17
コメント(1)
こんにちは。
今日は、ウェンディーツアーで販売していますマニアック・カンチャナブリー・ツアー(B15コース)に行ってきましたので、その時の様子をお知らせします。カンチャナブリーは、第二次世界大戦を題材にした映画『戦場にかける橋』に出てくる泰緬鉄道がある事でも知られ、バンコクから車で約2時間30分と近く、とても自然を満喫出来るところです。

カンチャナブリーには何度か行ったことがありましたが、「マニアック」という言葉に興味をひかれ、ウェンディーツアーの隠れた人気コースの「マニアックカンチャナブリー」に参加してきました。バンコク市内から車で約2時間、まずは洞窟寺に到着です。

洞窟寺では、ため池のようなところで修行する尼さんを見ることができます。私がツアーに参加した日は日曜日ということもあって多くのタイ人も見学に来ていました。
尼さんは水の中で顔だけだして座禅を組んだり、涅槃のポーズをとったり、様々な仏像のポーズを見せてくれます。普段タイで生活していても水の中で修行する尼さんを見ることはめったに出来ないので、とても貴重なものを見せてもらう事ができました。
浮遊する尼さん浮遊する尼さん
浮遊する尼さん浮遊する尼さん

次に、息を切らしながら階談を登って山の上にある洞窟寺を見学。
洞窟寺

ここの洞窟は自然にできたもので中には仏像が安置されています。奥にどんどん進んでいくと、這いつくばって通らないと抜けられない狭い通路や、ゴツゴツとした岩の道が繋がっており、ちょっとした探検家気分が味わえます。最後はハシゴを登って出口に到着!!
帰りは洞窟の入口まで外から歩いて戻ることができますのでご安心を。
洞窟寺洞窟寺
洞窟寺洞窟寺

洞窟寺を出発して約1時間。次の目的地は象乗りと筏下りです。
象乗りは約30分。出発地から林を下って川まで行き、なんと象達、川にもどんどん入って行きます!!川に入った象はどこか気持ち良さそう♪
象トレッキング象トレッキング
象トレッキング

川からあがって、林に戻るといきなり象使いのお兄さんが私にカメラを渡すように言いました。カメラを渡したらなんとぞう使いのお兄さん、私と象を置いて下に降りて写真を撮ってくれました。象使いが乗っていない象に乗るなんて初めて!!象使いのお兄さんがなかなか戻ってこないので象が急に走り出さないかとか変な方向に行ってしまわないかドキドキしましたが、象はおとなしく寄り道して草を食べながら象使いのお兄さんの方について行きます。えらい子だなぁ。象使いのお兄さんによっては、お客さんをぞうの首の上に乗せてくれます。私は怖くて出来ませんでしたが、勇気のある方はどうぞ。
象トレッキング

象から降りるとすぐ筏の方へ案内されます。まず筏がエンジンボートで上流まで引っ張られます。30分位引っ張られるとエンジンボートと筏は切り離されますのでそれからが筏下りの始まりです。
川の流れにのって筏はゆっくりと下って行きます。川沿いはジャングルに囲まれていますが、変わった果物や木々を見ることができます。風にふかれながらのんびり川下りをするのはとっても気持ちの良いものです。
筏下り筏下り
筏下り

そして、ようやく昼食の時間です♪
昼食はタムカセー駅の横の川沿いのレストランにてタイ・ビュッフェ料理です。
オープンエアーで風が通りとても涼しく高いところに建てられたレストランから見る川の景色は最高です!!!
タムカセータムカセー
タムカセー

昼食後はタムカセー駅から鉄道に乗ります。
こちらの鉄道は時間通りに来ないこともしばしば。私が参加した日は幸運にも時間通りに出発しましたタイに来てもなかなか鉄道に乗る機会はないと思いますが、ここでは30分乗車ができます。タイの列車に乗っているとなぜか懐かしい感じがしました。窓からは川や果物畑、さとうきび畑など広大な景色を楽しむことができました。
電車乗車電車乗車
電車乗車

鉄道を降りてからは戦場にかける橋で有名なクウェー川鉄橋へ案内されます。
リバークウェー鉄橋

ここの鉄橋は歩いて渡ることもでき、運が良ければ先程自分達が乗った鉄道が橋を渡る様子も間近から見る事が出来ます。
リバークウェー鉄橋

カンチャナブリーというと戦争や捕虜といった暗いイメージが強いですが、自然が豊富な土地でもあります。カンチャナブリーに行ったことのある人も新しい魅力を感じることのできるマニアック・カンチャナブリー。どこも思わず「マニアックだなぁ」と感じてしまう場所、体験ばかりの内容の濃いツアーでした。
それでは、また。
タグ:
旅行 観光 現地 ツアー オプショナル 

PR
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪
タイ(バンコク、プーケット、チェンマイ、サムイ島)の現地ツアー、オプショナルツアーはこちら♪

1 - 3件目まで(3件中)


国一覧
アジア
タイ(30)