1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヒグマさん

  海外エリア: 北米 > アメリカ西部 の他のブログはこちら|

発見しよう!アメリカ国立公園

プロフィール
ニックネーム:
ヒグマ
居住地:
北米>アメリカ西部>ボーズマン
性別:
男性
会社名:
イエローストーングレーシャーアドベンチャーズ
会社英字名:
Yellowstone Glacier Adventures, Inc.
会社所在地:
北米>アメリカ西部>ボーズマン
会社電話番号:
1-406-585-9041
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
アメリカ、モンタナ州ボーズマン在住。3歳のとき初めてクマと出会ったときから、大自然が大好き。人生もそのまま、20年前に、日本とアメリカの大自然教育会社を設立。イエローストーンをはじめ、アメリカの国立公園に世界中からのお客様を案内するかたわら、日本でも教育プログラムでよく教えます。ぜひみなさん、日本でのプログラムにも、アメリカの国立公園にもいらっしゃってください。

カレンダー
4月<2011年05月>6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 31

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

バイソン親子
春の到来
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>イエローストーン国立公園
テーマ:自然・植物 動物 
投稿日:2011/05/30 09:50
コメント(0)
5月初旬、久しぶりにイエローストーン国立公園を訪れました。昨年12月以来、5ヶ月ぶりの訪問です。
氷の下を流れていたイエローストーン川には大量の雪どけ水が流れ、雪がおおいかぶさっていた大地からは綺麗な緑色の草が顔をだしています。5月のイエローストーンは、12月とはずいぶん違う様子でした。
道を横切る黒いバイソンの群れには茶色の可愛い赤ちゃんが加わり、お母さんのそばを元気に走りまわっています。食べ物が少ない冬のあいだ、エネルギーを抑えるためにじっとしていたお母さんたちも、子供につられるように駆けていました。大自然の中を体の大きなバイソンたちが走る姿は、圧巻です。
風に揺れる若草を、エルクたちが食んでいました。よくみると、角が生え始めているエルクがいます。エルクの雄は冬の終わりに立派な角を落とし、春になると新たな角が生えてきます。生え始めの角は、ベルベットのような毛に包まれていて、春の日射しを優しく反射させていました。華奢な体格をしているのは子供でしょうか。バイソンと同じように、元気に走りまわっていました。
川沿いの茂みの間を、マウンテンブルーバードという綺麗な青い鳥が飛びかっています。まだ葉の開いていない木の頂上には、イエローヘッドブラックバードがとまっていました。イエローヘッドブラックバードの雄は、その名のとおり綺麗な黄色い頭をしています。冬にはいなかった小鳥の姿や彼らの歌声が、春の訪れを強く感じさせてくれました。
bluebird
春になり活発に動きはじめたジリスの家族が、セージの木の間を忙しそうに行ったりきたりしていました。ときどき、お互いに挨拶をするように触れ合っています。しばらく見ていると、じつは結構な数のジリスがセージの陰にひそんでいるらしいということが分かりました。陰の中でじっとしていれば、乾いた大地と同じ色をしている彼らは中々見つけることができません。
ジリス
ジリスの天敵である猛禽類にも繁殖の季節がやってきています。ミサゴの巣は、高い針葉樹の頂上にありました。抱卵が始まっているのかどうかは分かりませんでしたが、ミサゴが一羽巣の上でじっとしていました。ミサゴはふつう、雌が抱卵をして雄が食料をとりにでかけるそうです。
動物たちは、みな同じように春の豊かな食料を探しまわって歩いています。
冬眠から目覚めたグリズリーベアも、その例に漏れません。母子3頭で、植物の根を掘ったり、ハタネズミの巣穴を掘りかえしたりしていました。ハタネズミの姿はめったに見ることができませんが、彼らは冬眠しないため、冬には雪の上に残る小さな足跡からその存在を知ることができます。春になると足跡は見られなくなりますが、今度は彼らを探す捕食者からその存在を知ることができました。
今回のイエローストーンでは、活発に動き回るたくさんの動物たちにであうことができ、長くて厳しかった冬の終わりと、確かな春の到来を感じることができました。

1 - 1件目まで(1件中)