1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. ヒグマさん
  4. マウイ島の記事一覧

  海外エリア: ハワイ > マウイ島 の他のブログはこちら|

発見しよう!アメリカ国立公園

プロフィール
ニックネーム:
ヒグマ
居住地:
北米>アメリカ西部>ボーズマン
性別:
男性
会社名:
イエローストーングレーシャーアドベンチャーズ
会社英字名:
Yellowstone Glacier Adventures, Inc.
会社所在地:
北米>アメリカ西部>ボーズマン
会社電話番号:
1-406-585-9041
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
アメリカ、モンタナ州ボーズマン在住。3歳のとき初めてクマと出会ったときから、大自然が大好き。人生もそのまま、20年前に、日本とアメリカの大自然教育会社を設立。イエローストーンをはじめ、アメリカの国立公園に世界中からのお客様を案内するかたわら、日本でも教育プログラムでよく教えます。ぜひみなさん、日本でのプログラムにも、アメリカの国立公園にもいらっしゃってください。

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

マウイのマリア
マウイ宿泊施設考
エリア:
  • ハワイ>マウイ島>マウイ島 
テーマ:街中・建物・景色 ビーチ・島 ホテル・宿泊 
投稿日:2010/03/28 08:00
コメント(0)
いつもイエローストーンを中心にお伝えしているこのブログですが、今回はマウイにいってきたこともあり、ちょっとレポートいたします。

マウイに宿泊している間、実に3種類の宿泊施設を使ったのですが、やはり旅行先でどんな宿泊場所に滞在するかというのは、旅行の質をずいぶんと左右するものであろうと思うのですが、その3種類にとまるとそれぞれのよしあしが感じられます。

まず1つめはちょっと贅沢な高層階のホテル、ロイヤルラハイナ。
外をみれば、ちょうどクジラのシーズン。真っ青な海にクジラが潮を吹いているのがあちこち肉眼でみられます。
ついたばかりで時差ぼけもある間には、あまり出歩かないし、のんびりバルコニーでくつろいでクジラが潮を吹いているのを眺めたり、朝早く目が覚めてしまっても海の上に月が光を投げているのをみるのもなかなかよかったのでした。
月の光

ただ、ホテルの部屋の調度はとっても良い感じなのですが、一泊300ドルものレベルの部屋であるにもかかわらず、シャワーしかないし、コーヒーメーカーは一人分のマグカップを置いてつくる代物。おいてあるコーヒーもどこのビジネスホテルにもあるもの。インターネットアクセスも駐車場もフリーサービスは初日のみ。翌日からはしっかり10ドル請求されます。ホテルの部屋からの電話もフリーダイアルやローカルコールですら1回につき1ドル請求されるというもの。ボディーシャンプーローションも、無料なのは最初だけ。なくなったら次は購入してくださいという話で。。ホテルの宿泊料金にふくまれているサービスはいったい何なのでしょうね???
こういうことを考えると、宿泊費に見合ったサービスを受けられるホテルだとは思えないし、はっきりいってお勧めできないホテルでありました。

さて、お次はラハイナという、かつてクジラ漁で繁栄をきわめ、いまでもマウイの観光名所の中心地となる港町。港沿いの歴史あるホテル、ベストウエスタン・パイオニアイン。マウイで初めてできたというこの歴史ある白い木造の2階建てホテルのある場所は、クジラ捕りの船の男たちがかつて女を買うことで、性病などの大きな問題を抱えたこの港の状況を知った神父が心を痛め、布教につとめた場所。かつて神父が植えたバンヤンの木はしっかりと根をおろし、どんどんとその根を広げて横幅数十メートルの巨木になり、多くの人々がこの木を訪れます。

そんな有名なバンヤンの木を2階の部屋のバルコニーから眺めることができる上、港からは毎日クジラウオッチングの船、ディナークルーズ、スキューバダイビングツアーなどの船でていき、とても便利です。
お部屋自体は簡素なつくりではありますが、この歴史的な風情などを考えると満足できる場所でありました。
バルコニーから早朝港を眺める
ただただ大きな問題は、バンヤンの木のある公園は実に多くの人が訪れる場所なので、毎日美しさを保つ必要があり、早朝4時くらいに公園周囲を清掃車がぐるぐるぐるぐると何周もします。私などはその音でおきてしまいました。
さらにはこのバンヤンの木、実にマウイの小鳥の寝床にもなっているようで、夕方日の入りの時間と、早朝日の出の時間には小鳥たちのけんか、じゃあいきましょうか?という友達との掛け声など、騒音といってもいいほどのさえずりが聞こえてきます。早朝バルコニーに座っていると、まるでホテルの部屋めがけて鳥がとんでくるような様子で鳥たちの出発を見ることができます。
バンヤンの木は小鳥のすみか

わたしとしてはそれはそれで面白かったので満足なのですけど、騒音としか感じられない人にとってはいかがなものでしょうか??

さて、旅行の最後のあたりでは天国のハナと呼ばれるハナで、バケーションレンタルをしました。
つまり1件の家を借りるわけですが。
やはりホテル等の値段を考えると、最初にとまったラハイナの半分程度なのにもかかわらず、台所完備、隣近所の騒音や上階までのエレベーターを待つ時間にも左右されずお風呂もあるこの場所は最高です。周りをジャングルに囲まれているような場所ではありますので、ちょっとそこで買い物してご飯という気軽さには欠けますが。
このバケーションレンタルハウスから車で走るこ15分程度の場所に、日本人もよくつかうハナホテルがあるようですが、このハナホテルの値段に比較すると、バケーションレンタルにしないほうが馬鹿らしいほどです。

ちなみにバケーションレンタルのサイトでこの家を決めたのはここの家のお風呂がとっても大きくて快適そうだということが最大の理由だったのですが、期待を裏切られることなく、タイルの魚たちに囲まれつつ、少し冷えたからだを温めることもできたのでした。
魚に囲まれる
バケーションレンタルをする日本人はとても少ないと思いますが、試してみる価値がありますよ。
特にオーナーの趣味が自分の趣味と合う場合には、とってもくつろいだ気分にも浸ることができます。

ここの最大の問題はハナというマウイの田舎の、ジャングルの中に孤立していた場所だったということ。
というのも、先日起きた津波の影響でマウイの各港はすべて避難勧告がでていたのですが、私たちは実にそれをしらないまま港の方におりていく途中で津波が発生していることをしったのでした。
津波を知らせる看板
ま、ある意味私たちはそれほどの高台にいたということにもなるのですけど、その高台にまでも到達するような津波であれば避難することもできなかったということで。
ラッキーではあったのでありました。

どんなところにとまるか。実に見えるものもそれぞれですねー。みなさんはどんなとこに一番惹かれます?

1 - 1件目まで(1件中)