申し込んだ旅行会社が倒産してしまったら

「旅行代金を支払った後になって、旅行会社の倒産により旅行が実施されない」そんな事態になった時、消費者を保護するための制度が旅行業法には定められています。

営業保証金制度

旅行業者と旅行業務の取引した相手方(旅行者、手配代行者、運送機関・ 宿泊機関など)の保護を図るため、万一の担保として旅行業者が一定金額を供託し、取引の相手先を保護する制度(旅行業協会未加入の会社に適用される)。 消費者や債権者は直接、認可した行政機関に弁済を求める。
 

弁済業務保証金制度

旅行業協会に加入した旅行会社が債務履行できなくなったとき、 旅行業協会が供託している弁済業務保証金から弁済を受けることができるようにした制度。 消費者をはじめとする債権者へ協会が弁済業務を行う。
 

ボンド保証制度 

旅行業協会に加入している旅行会社が任意で加入する制度。 一定の弁済限度を超えた事を理由に弁済を受けられなかった場合、ボンド保証制度からの補償金も支払われ、消費者はより厚い補償が得られることとなる。
 

※各制度については以下公式ホームページをご参照下さい。

 観光庁「営業保証金制度・弁済業務保証金制度」について

 

他の人はこんなQ&Aも見ています