現地で役立つ証明書・会員証

海外旅行先で役立つ証明書・会員証をご紹介します!

国際運転免許証

国際運転免許証(国外運転免許証)は、海外(ジュネーブ条約加盟国)で利用できる運転免許証です。 有効な国内免許証を持っていれば、申請が可能です。この免許証自体の有効期間は1年。ただし海外での運転については国や地域によって期間や年齢に制限がある場合があります。旅先では日本の国内免許証と一緒に携帯することで有効となるため、両方とも忘れずに持参しましょう。

申請場所

各都道府県の運転免許センターや指定警察署等で申請します。

申請に必要な書類
国内運転免許証
  • 有効なもの
写真1枚
  • 6か月以内に撮影したもの。
    縦5×横4cm
渡航を証明する書類
  • パスポートや、そのコピー、受取証など
手数料
  • 都道府県ごとに異なるため、運転免許センターまたは警察署までお問合せください

※代理申請(申請者本人が渡航中の場合のみ可)の場合は上記の他に、委任状、代理人の身分を証明するもの(運転免許証等)、印鑑が必要な場合があります。

国際学生証(ICISカード)

国際的に統一された学生身分証明書。 世界133か国で学生割引を受けることができます。割引の内容は国によって様々ですが、博物館や美術館、映画館、劇場などの入場料が割引になるほか、レストラン、ホテル、コンサートまで学割がきく場合もあります。特にヨーロッパでは学割のあるところが多く利用価値が高いです。もし学割料金が表示されていなくても、試しに提示してみたら割引が受けられた、なんてことも中にはあるようです。

また、パスポート代わりの身分証として扱える点も便利なポイント。盗難や紛失の恐れがあるので観光中はあまりパスポートを持ち歩きたくない、という方におすすめです。
各国の詳しい割引内容については、国際学生証の公式サイトをご確認ください。

取得方法
必要書類および費用
  • ・在学証明書または学生証のコピー
    ・写真1枚(6か月以内に撮影したもの。縦3.3cm×横2.8cm) 裏面に氏名を記入
    ・申請書(公式サイトからダウンロードし、必要事項を記入)
    ・費用 1,800円(税込) 
申請先

詳しい取得方法についてはこちらのページをご確認ください。

他の人はこんなQ&Aも見ています