1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 国内旅行
  3. 遊び・体験
  4. 関東
  5. 東京
  6. 上野・浅草・両国・23区北東部
  7. 東京の美術館・博物館プラン詳細

聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」&大観音寺御開帳と五百羅漢寺参拝バスツアー【3密対策】【P017225】

  • テーマ
    美術館・博物館
  • エリア
    上野・浅草・両国・23区北東部
商品番号 P017225
●聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」(会期:2021年7月13日〜9月5日 会場:東京国立博物館)
奈良・斑鳩の地に悠久の歴史を刻む法隆寺は、推古天皇15年(607)、聖徳太子によって創建されたと伝えられます。
聖徳太子は冠位十二階や憲法十七条の制定など政治制度を整えるとともに、仏教の教えを深く研究することで、
日本の文化を大きく飛躍させました。聖徳太子を敬う人々の心はやがて信仰として発展し、
商品番号 P017225
●聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」(会期:2021年7月13日〜9月5日 会場:東京国立博物館)
奈良・斑鳩の地に悠久の歴史を刻む法隆寺は、推古天皇15年(607)、聖徳太子によって創建されたと伝えられます。
聖徳太子は冠位十二階や憲法十七条の制定など政治制度を整えるとともに、仏教の教えを深く研究することで、
日本の文化を大きく飛躍させました。聖徳太子を敬う人々の心はやがて信仰として発展し、こんにちもなお日本人の間に連綿と受け継がれています。
今年は聖徳太子の1400年遠忌にあたり、これを記念して特別展「聖徳太子と法隆寺」が開催されます。
法隆寺において護り伝えられてきた寺宝を中心に、太子の肖像や遺品と伝わる宝物、また飛鳥時代以来の貴重な文化財を通じて、太子その人と太子信仰の世界に迫ります。
古代仏像彫刻の傑作といわれる国宝「薬師如来坐像」や、27年ぶりの寺外公開となる秘仏・国宝「聖徳太子および侍者像」など飛鳥時代以来の貴重な文化財が一堂に公開される貴重な機会をお見逃しなく!

●大観音寺(おおかんのんじ)
江戸33観音の3番目の札所で、鎌倉の「鉄ノ井」から発見された鉄観音像を御本尊としています。
鉄観音像は頭部のみの像で、1.7メートルの鋳鉄製。昭和47年に東京都の指定有形文化財に指定されました。
その御本尊が毎月11日と17日に開帳されます!

●五百羅漢寺
「目黒のらかんさん」として地元で親しまれている五百羅漢寺を案内付きで拝観!
らかんさんはお釈迦さまの実在したお弟子さんたちで、後世の人々にお釈迦さまの教えを伝えたとされています。
松雲元慶禅師によって彫造された像536体(現存305体)は江戸期を代表する木彫として東京都重要文化財に指定されています。

●五百羅漢寺の境内にある「らかん茶屋」にて和食御膳のご昼食

【【ご注意事項】】
※ご参加に当たり、当日のマスク着用等、感染症拡大防止へのご協力をお願いいたします。
※本ツアーは東京国立博物館へ入場後、解散となります。東京駅へは戻りませんのでご了承ください。
※展覧会入場時に混雑がある場合は、一般のお客様と同様にお並びいただく可能性がございます。
当ツアーは、3歳以上、中学生以下のお客様が子ども料金でご参加いただけます。0歳〜2歳のお子様は、座席・食事なしで無料でご参加いただけます。(但し、大人1名につき1名まで)0歳〜2歳のお子様をお連れの際は、必ず事前にご連絡をお願いいたします。
【所要時間】
3〜4時間

検索中