宮古島観光 ココロを癒やす旅

日本屈指の南国リゾート、宮古島。宮古ブルーと呼ばれる美しい海でのマリンアクティビティや、各所の絶景スポットを見て回る島めぐりドライブなど、離島ならではの楽しみ方が数多くあります。ゆったりとした島時間を堪能できる一方、朝から晩まで遊べる場所もあり、誰もがココロを解放して滞在を満喫できること間違いなし。そんな宮古島の定番観光スポット&おすすめホテルをご紹介します!

島をめぐる 絶景ドライブ

定番! 宮古島が誇る絶景スポット

続きを読む

宮古島でまず訪れたいのは、与那覇前浜ビーチ。見渡す限りの白い砂浜とエメラルドグリーンの海はこの世のものとは思えないほどです。そんなビーチの向こうに見えるのは来間大橋(くりまおおはし)。お洒落なカフェが数多くある来間島には、ランチに立ち寄るのもいいですね♪

そして定番観光スポットして欠かせない、砂山ビーチと東平安名崎(ひがしへんなざき)。砂山ビーチは名前の通り白砂の山を越えて向かいます。越えた先で突如視界に飛び込んでくる特徴的なアーチ型の岩と青く輝く海は、思わず息をのむ美しさ! ジャングルを突き進むかのような道を進んで向かうビーチは、定番スポットなのにまるで秘密基地を見つけたような高揚感が味わえるイチ押しの場所です。また、島の南東端に位置する東平安名崎は、日本百景にも選ばれている絶景スポット。岬へとまっすぐ延びる車道と、その先にある海を背景にして映える白い灯台の姿には気分が上がりますよ。

エメラルドグリーンの海を渡って島々へ

続きを読む

宮古島から海を越え、周辺の島々へとつながる3本の橋は絶好のドライビングスポット。うねうねと波打つ姿が特徴的な伊良部大橋は、無料で通過できる橋としては国内最長(3,540m)です。橋を渡る間、まわりに見えるのは一面の海原のみ! まるで海の上に浮かんでいるかのような気分です。渡った先の伊良部島と隣接する下地島の北側は通称“17end”と呼ばれ、下地島空港の滑走路があります。運がよければ海面すれすれを飛ぶ航空機の姿が見られますよ。マニアでなくても訪れたいスポットです!

2つ目の橋は来間島へとつながる来間大橋。来間島にある長間浜(ながまはま)は、沖縄の原風景が感じられる穴場のビーチです。そして3つ目は池間大橋! 3本の橋のなかで一番最初(1992年)に開通した池間大橋では、ドライブだけでなく風を感じながらサイクリングを楽しむのもおすすめですよ。

宮古島で体験する

豊かな自然を楽しむアクティビティ

続きを読む

美しい珊瑚の海に囲まれた宮古島で体験したいのは、やっぱりマリンアクティビティ! 宮古島の北に広がる巨大なサンゴ礁群、八重干瀬(やびじ)は、透明度抜群でダイバーに人気のスポットです。また、シュノーケリングなら新城(あらぐすく)海岸や吉野海岸が人気。新城海岸は遠浅で初心者やお子様連れにも安心のスポットです。「小さい子供がいるからシュノーケリングは難しい…」「泳ぎに自信がない…」そんな場合は半潜水式水中観光船、シースカイ博愛がおすすめ。服を着たまま約45分間の海中散歩♪ 熱帯魚やサンゴ礁、海ガメの姿を間近で見ることができますよ。

宮古島の魅力は海だけではありません。宮古島最大のマングローブの生息地、島尻マングローブはおすすめの癒やしスポット。水辺の遊歩道で散策を楽しめば、亜熱帯の環境下で生きる珍しい野鳥や生物に出合えるかもしれません。

ご当地グルメ&島伝統の工芸体験

続きを読む

観光地めぐりはもちろんのこと、旅先ではその土地ならではの食事や体験も楽しみたいですよね。宮古島では、スムージーなどの南国スイーツや新鮮魚介を使った郷土料理をはじめ、さまざまなグルメが味わえますが、中でも味わってほしいのは宮古そば。島人(しまんちゅ)も普段からよく食べるというそばは、縮れのない細麺が特徴で、鰹ベースのあっさりとした味付けが美味。自家製麺を使用するお店が多いため、各店舗の味を食べ比べしてみてはいかがでしょうか? 夜はぜひ三線ライブが楽しめる居酒屋へ。人情味あふれる島人のトークに心温まり、民謡に合わせてみんなで踊り、泡盛や島の食材を使った料理を堪能する――きっとココロに残る思い出ができるはずです。

また宮古島ならではの体験を楽しめるスポットも必見。日本の四大上布のひとつで、国の重要無形文化財にも指定されている宮古上布を、織り子さんのレクチャーの元で制作体験することができます。細い糸で織りあげられた繊細で涼やかな布をお土産にするのも素敵ですね。

おすすめホテル情報

ホテルブリーズベイマリーナ

ヴィヴィッドな一日を遊び尽くす

続きを読む

ホテルブリーズベイマリーナは、珊瑚礁が広がる美しい海辺に建つ、カジュアルなリゾートホテルです。敷地内にある開放的なガーデンには色鮮やかな南国の花々が咲き誇り、海沿いには遊歩道、眼前には白砂のビーチが広がっています。客室棟はタワー館、本館、アネックス館の3棟。用途に応じて、多様なタイプの客室から選べるのが嬉しいですね!

客室だけでなく、レストランも豊富な取り揃えで、ペット同伴OKの施設もあり。もちろんリゾートホテルには欠かせないエステサロンもありますよ♪ 家族旅行をはじめ、気軽な一人旅や女子旅、愛犬との旅におすすめです!

ウェルネスヴィラ ブリッサ

“暮らす”ように自由気ままな南国ヴァカンス

続きを読む

ウェルネスヴィラ ブリッサは、全ての客室にキッチンと洗濯乾燥機を備えた長期滞在型のホテルです。食器や調理器具まで揃っているから安心。客室は全タイプ40平方メートル以上のゆったりとしたスペースで、全室オーシャンビュー。客室のバルコニーからは美しい珊瑚礁を一望できます。

リゾートの賑わいから少し離れた静かな立地というのも魅力的。ゆったりした島時間を存分に堪能できますよ。第二のわが家で過ごすように、自由気ままな南国ヴァカンスを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ホテルシーブリーズカジュアル

新たな旅のかたち“デスティネーションリゾートカジュアルトリップ”

続きを読む

ホテルブリーズベイマリーナやウェルネスヴィラ ブリッサといったさまざまなホテル、実はすべて、約100万坪の広大さを誇るシギラリゾートの敷地内に建っているんです。そして2017年11月には、このホテルシーブリーズカジュアルも新規にオープンしました。全ての客室がツインルームとなっていて、観光メインでアクティブに楽しみたいカップルや友人どうしでの旅にも最適。宮古島、シギラリゾートを気軽に遊び尽くすための旅の拠点にぴったりです!

ホテル内にあるレストランでは100以上もの席がプールサイドに配置され、リゾート気分を味わえます。それ以外にも、同じリゾート内にある20のレストランや温泉も利用できるのでぜひ足を運んでみてくださいね。

今回ご紹介したスポットはこちら

南国リゾート、宮古島。一度行けばあまりの楽しさに帰りたくなくなる、そんな魅力たっぷりの旅行先です。ここで紹介しきれない島の魅力は、ぜひ実際に訪れて感じてみてくださいね。

宮古島基本情報

  • 気候
    年間平均気温は23.3℃。四季をとおして温暖な気候。
  • アクセス
    直行便または那覇空港/石垣空港での乗り継ぎで宮古空港へ。
    主要都市から宮古空港への直行便は東京、名古屋、大阪から運航あり。
  • 旅行日数
    3日間以上がおすすめ。

最終更新日:2018年6月26日