1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. オークランド(ニュージーランド)観光地
  5. ホビット村の現地口コミ・地図

オークランド(ニュージーランド)

現地のプロ(4人)詳細を見る

Hobbiton Movies Set ホビット村

  • テーマパーク
  • オークランド
  • 定休日無休

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
501 Buckland Rd. Hinuera Matamata
アクセス
マタマタから車で15分
営業時間
9:00-15:30、[9月-4月]9:00-16:30,[12月27日-2月]9:00-17:30
公式サイト
https://www.hobbitontours.com/en/
投稿日2018/06/13

映画の世界に迷い込んだような感覚が味わえるロケ地ツアー

  • ロケ地散策おすすめ
  • 定番人気

(トラベルフォトライター)

オークランドから車で約2時間、ワイカト地方マタマタの郊外に、
世界的ヒットを記録した映画『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』の各シリーズのロケ地「ホビット村」があります。
アレキサンダー牧場という広大な私有地にホビット村を建設したもので、撮影後もセットが保存され、ツアーを利用して訪れることができます。

ガイドの案内で村に足を踏み入れると、そこには映画そのままの景色が広がっています。
ピーター・ジャクソン監督が細部にわたってこだわり抜いたというだけに、
ホビットたちの家(ホビット穴)はもちろん、郵便ポスト、農機具など小道具も凝っています。
さらに洗濯物が干してあったり、家の煙突から煙が出るなど、実際にホビットたちが暮らしているかのような生活感がリアルです。
記念撮影タイムが設けられているので、カメラ持参でたくさん写真を撮りましょう。

ホビット穴は全部で39カ所ありますが、小柄なホビットと長身のガンダルフとの体格差がわかるよう、大小さまざまなサイズで造られています。
穴の中に入れるものがひとつだけあるので、そこで写真を撮るのを忘れずに。
また、ビルボとフロドが住む袋小路屋敷には「パーティ関係者以外お断り」のサインが残され、映画ファンにはたまりません。
村にはリンゴと梨の木が多く生えていますが、原作では「プラムの木」と書かれてあるため、
撮影時にはリンゴと梨の実をとり、プラムの葉と実をワイヤーで取り付けたのだとか。
こうした裏話をガイドから聞けるのも、ツアーならではの楽しみです。

ツアーの最終地点は、ガンダルフが渡った眼鏡橋の向こうにあるパブ「グリーン・ドラゴン」。
サムと結婚したロージーが働いていたパブは、まさにホビットたちが集まっていそうな雰囲気がたっぷり。
ツアー参加費(大人NZ$84~、子供NZ$42~)にはワンドリンクが含まれており、
英国風エールビール、アンバーブラウンエールビール、アップルサイダー(シードル)、
そしてノンアルコールの自家製ジンジャービールの4種類から選ぶことができます。

ツアーは所要約2時間。終了後は敷地内にあるショップに寄っておみやげを探すのもいいでしょう。

2018/05訪問

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する