1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. チェンマイ(タイ)観光地
  5. アート イン パラダイス チェンマイの現地口コミ・地図

Art in Paradise Chiang Mai アート イン パラダイス チェンマイ

  • 博物館 美術館・ギャラリー
  • チェンマイ
  • 価格帯大人 400バーツ
    子供(身長133センチまで) 200バーツ
  • 定休日無休

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
199/9 Chang khlan Road, Chang Khlan, Chiang Mai 50200, Thailand
アクセス
ターペー門からソンテウ10分目安
営業時間
[月-日]9:00-20:30 (チケット購入は19:00まで)
公式サイト
http://chiangmai-artinparadise.com/index.php?lang=en
電話番号
+66-53-274100
投稿日2018/03/12

アートを鑑賞するのでなく「アートに参加する」ための3Dミュージアム

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • 定番人気

(レストラン経営)

毎夜ナイトバザールで賑わうチャンクラン通りを南下し、シャングリラホテルを過ぎてしばらく進むと、左手にローマ風の荘厳な
建築物が出現します。そこが「アート イン パラダイス チェンマイ」です。

チェンマイは仏教寺院などの観光名所、マッサージ屋などの施設は選ぶのに困るぐらい充実しているのに、子供や若者が理屈抜き
で楽しめる場所といえばチェンマイ動物園ぐらいだったでしょうか。
そんな中、2014年にオープンしたこのミュージアムは、チェンマイに欠けていた「アミューズメント」の要素を満載にした待望の
スポットといっていいでしょう。

館内は「水中動物」「野生動物」「クラシックアート」「モダンアート」「アジア」「ヨーロッパ」「エジプト」などテーマ別ゾ
ーンに分かれていて、いずれも「トリックアート」の世界にどっぷり浸れる趣向になっています。

このミュージアムは、アートを鑑賞するのでなく「アートに参加する」のがポイント。絵から飛び出してきたキングコングに襲わ
れてみたり、ミケランジェロの名画の中に入りこんでみたり、自分自身がアートの一部になることで「あなただけのオリジナルア
ート」が完成するというわけです。

大波の中でサーフィンをしたり、秘境の吊り橋でスリル満点の体験をしたり、写真の中で擬似アドベンチャーを楽しむこともできます。
その場で見ただけではどういう意図の展示かわからないものが、撮った写真を見てアッとびっくり!というトリッキーなものもあり、
気がつくとカメラのメモリーやバッテリー残量が心配になるぐらい膨大な写真を撮っていることでしょう。

ひとつひとつ写真を撮ったり撮られたりしながら回っていると、時間はアッという間に過ぎていきます。空いていると2時間もあれ
ば全ての展示を楽しめると思いますが、混雑時はお目当てのアートに客が集まって近寄れないことがあるので、訪問時間を十分
に確保して余裕を持って回りたいですね。

ここは写真を撮ったり撮られたりして楽しむのが前提なので、カメラまたはカメラ内蔵スマホ等は必携。二人以上でなるべく大人数
で楽しみたいスポットですね。ひとりで入っても楽しめないことはないと思いますが、自撮りでは表現に限界があるので、他の客に
お願いして撮ってもらいましょう。

2018/02訪問

投稿日2018/03/08

ワニに食べられる!? そんな体験ができる場所

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • 定番人気

(タイ情報専門ライター)

雨の日や暑い時間帯、子どもがいる人などにおすすめなのが、「アート・イン・パラダイス」。
平面なのに立体に見える不思議なトリックアートを体験できる場所だ。
ジョーズに食べられそうになったり、滝に落ちそうになったり、
魔法のじゅうたんに乗ったりといったアクションを楽しむことができる。

トリックアートは2階と3階にあり、2階はアジア、ヨーロッパ、絵画、水中、野生の動物のゾーン、
3階はエジプト、モダンアート、シューリアリスティックなど、全部で8ゾーンに分かれている。
一見、肉眼だと平面に見える絵だが、カメラを通すと、ぐんと前に飛び出して見えるから驚きだ。
床には撮影ポイントの印があり、そこに立つと絵が映えるようになっているが、自分の好きな位置を探して撮るのも面白い。

この施設はパタヤとバンコクにもあるが、去年チェンマイが独自に始めたのが動くアートのアプリ(*)。
入り口でスマホやタブレットにこのアプリをダウンロードし(Wifiフリー)、絵にかざすと、なんと絵が動きだすのだ。
立体に見えるだけでも迫力満点だが、動きがあるので臨場感がいっそう増す。
ビデオ機能もついているので、せっかくなら映像に残したい。

アート・イン・パラダイスで楽しむ秘訣は、とにかくアクションすること。
床に転がったり、おどけてみたり、ジャンプしたりと、積極的になりきって演技するのが面白い。
そうすれば、インスタ映え(!?)する写真が何枚も撮れる。ここはひとつ、俳優・女優になってしまおう。
ポーズしながら回れば、2、3時間過ぎていたなんてことに。

(*)IOS10.0以降の機種、アンドロイド5.0以降、Huaweiなど機種によっては使えない。
アプリが反応するアートの床には「AR SCAN」というマークがついている。


【行き方】
ナイトバザールを南に徒歩10分ほど。シャングリラホテルの先、左手。

2018/02訪問

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
アート イン パラダイス チェンマイ周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する