1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. チェンマイ(タイ)観光地
  5. クンターン国立公園の現地口コミ・地図

Doi Khun Tan National Park クンターン国立公園

  • 国立公園
  • チェンマイ その他/近郊

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Wiang Tan, Mae Tha District, Lamphun 51140 Thailand
電話番号
+66-810326341
投稿日2017/02/09

クンターン国立公園で日帰りトレッキング

  • 自然散策おすすめ
  • 穴場

(タイ情報専門ライター)

 チェンマイに来てトレッキングをしたい人におすすめなのが、クンターン国立公園。北部タイは山岳地帯なため、バックパッカーの間では何十年も前からトレッキングツアーが人気である。しかしそういった観光地的なところではなく、自分のペースで気軽にハイキングを楽しみたい人は、クンターン国立公園へ行ってみよう。チェンマイ市内の南東、ランプーン県とランパーン県の県境にある。

 ここのいいところは、チェンマイ市内から列車で行かれるということ。朝一の列車に1時間ほど乗れば、目的のクンターン駅に着く。蛇足だが、この山間の駅はタイで一番長い(1352.10㎞)トンネルがあり、鉄道マニアのタイ人にも人気がある。

 登山口は線路横にあるのでそこから登っていき、まずは1.3km先の国立公園の事務局を目指そう。入場料を払って中に入ると、展望台や資料館、レストラン、キャンプ場があるので、必要に応じて腹ごしらえをしたり、地図をもらったりしておこう。
 目指す頂上は標高1373m、出発地点クンターン駅からの標高差は700m以上だ。ルートにもよるが、休憩時間も含め、駅からの往復で7-8時間ぐらいを目安にしておくといいだろう。ルートは2つあり、滝回りのアップダウンが激しいルート(約8.5㎞)と、直接頂上を目指すなだらかなルート(約5㎞)がある。なだらかなルートを往復してもいいし、行きはなだらかなコース、帰りは滝回りで1周することもできる。もちろんその逆でもいい。

 山道は歩きやすく整備されていて、要所要所に「Yaw1,2,3,4」という番号と標高が書かれた看板が立っているので、それを目安にして地図と照らし合わせて歩くといい。途中いくつか宿泊コテージやトイレがあるが、それを過ぎるとまず人が歩いていないので誰かと行くのが安心だ。

 クンターン国立公園では花や木など1300以上の植物を見ることができる。上に行くほど木が大きくなり、土や幹の匂いに花の甘い香りも漂ってきて心地よい。頂上からはランプーン県やランパーン県の山脈を臨みながらお弁当を食べたい。ただし、3、4月の乾季や雨の日は、もやが出て景色が真っ白になることも。(この日も小雨で見られず…)
 帰りは、またクンターン駅から夕方の列車に乗って帰ってもいいが、ゆっくりしたいならコテージやテントに泊まるのもおすすめだ。
 列車の時刻は前もって確認を。テントや寝袋は貸出あり。

〔料金〕
国立公園入場料 100B
テント 150B、寝袋60B

2016/12訪問

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する