1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. フィレンツェ(イタリア)観光地
  5. シニョーリア広場の現地クチコミ
フィレンツェ (イタリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Piazza della Signoria, Florence, Italy Shadow シニョーリア広場

観光客だけでなく市民にとっても一番重要なエル字型の歴史の長い広場。

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

14世紀に建てられた塔が印象的なヴェッキオ宮殿が堂々とそびえ立つ、
フィレンツェ市民にとって一番重要な広場がこちらです。

ヴェッキオ宮殿は現在も現役のフィレンツェ市役所。
普段も宮殿内で業務が行われ、歴史のある美しい「赤の広間」では市民だけでなく外国人の結婚式も行われています。
日中には観光馬車なども客待ちをしていたり、記念撮影スポットだらけです。

広場がL字型になっているのは1268年に起こったお家争いの際に、負けた方の館を取り壊した為にそんな形になったのだとか。
その後、サンマルコ修道院の修道院長だったジローラモ・サヴォナローラが1497年に「虚栄の焼却」として本や芸術品、
装飾品を燃やすことで「贅沢は敵だ」という思想を市民に知らしめたのがこの広場で、その後市民の生活は殺伐したものになり、
それに耐えかねた市民が彼を捕え、1498年にサヴォナローラが処刑されたのもこの広場だったのもなんとも皮肉な話です。

この広場に面していることで有名なのが、ローマ時代のオリジナル彫刻で溢れているロッジアの回廊、グッチ博物館などもあり、
ヴェッキオ宮殿から川に向かってゆくと、かのウフィッツィ美術館が隣接しているので観光客で常に賑わっています。
満遍なくこの広場の宝物をご覧いただくのに要する所要時間は30分くらいを目安にしてください。

2018/01訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。