1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. キューバ観光地
  5. レメディオスの現地口コミ・地図

Remedios レメディオス

  • 旧市街・古い町並み
  • レメディオス
投稿日2016/03/24

ミステリアスな魅了を秘めた、趣深き街!?

  • 遺跡散策おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 穴場

(DTACキューバ観光情報局代表)

人口わずか約4万人という、こぢんまりとした街ですが、床しい情緒に包まれています。それもそのはず、レメディオスの誕生は、スペイン人の第3回目の入植が始まった頃と推測され、スペインの貴族、バスコ・ポルカジョ・デ・フィゲロアが1513年から1524年の間に切り開いたと伝わっています。まさに、ハバナやトリニダーに退けを取らない歴史を有しているのです。

ちなみに、建立当初、バスコはスペインへの税金逃れのために、レメディオスの存在をひた隠しにしていましたが、町が拡大するつれ、露呈したとか。そのことも影響して、創建の正確な年が判定しがたいようです。

街はプラサマヨル広場を中心に、広がっていて、広場を囲むようにスパニッシュ・コロニアル様式の趣がある建物が残っています。
同じ広場に、サン・ファン・バウチスタ(聖ヨハネ)教会とブエンビアヘ教会の2つの教会が建っているのは、キューバでも珍しいケースです。サン・ファン・バウチスタ教会では、黄金で造られた祭壇が圧巻。海賊からの略奪を避けるため、この祭壇は長い間、上から白いペンキが塗られていました。しかし、1944年から1954年にかけて、エウチモ・ファジャの尽力によって改装された際に、黄金の祭壇が姿を現し、脚光を浴びました。

街の中心部は1980年に歴史国定記念物に指定されましたが、もう少し、街の規模が大きければ、世界文化遺産に認定されてもおかしくないでしょう。
なお、クリスマスには有名な祭り、ラス・パランダス・デ・レメディオスが開催され、多くの人で賑わいます。
街自体はキューバ島のほぼ中央に位置しており、北部の海岸までは約10kmの距離です。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する