1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ロンドン(イギリス)観光地
  5. グリニッジ旧王立天文台の現地口コミ・地図

ロンドン(イギリス)

現地のプロ(7人)詳細を見る

The Royal Observatory グリニッジ旧王立天文台

  • その他建造物
  • グリニッジ

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Blackheath Avenue, London SE10 8XJ, United Kingdom
営業時間
10:00-17:00
公式サイト
http://www.rmg.co.uk/
電話番号
+44-20-88584422
駐車場
なし
投稿日2015/05/01

授業でも習ったあの標準時子午線

  • 観光おすすめ

(貿易関連会社勤務)

天文台がある場所は、グリニッジマーケットなどがある町の中心部から南方に20分くらい歩いた、グリニッジ公園の高台にあります。
天文台からは、金融街カナリウォーフのビルなどが見え、景色が素晴らしいです。
グリニッジは、「マリタイム グリニッジ(郡都市グリニッジ)」という名称で、
貿易港として繁栄したその歴史的建築物郡が、1997年に世界遺産に登録されました。

グリニッジの町の中心に近い駅は、カティ サーク(Catty Sark)という駅です。
グリニッジ駅から中心へは、5分ほど歩きます。天気の良い日には、天文台に行ったついでに、
マーケットやテムズ川沿いのパブでおしゃべりなど、1日かけてぶらぶらとゆっくり楽しむのもお薦めです。

各国が海外進出を競っていた大航海時代。
海難事故が多く発生していたなどの背景もあり、
船の正確な位置を把握する航海術が必要であると考えたチャールズ1世によって、
当時宮殿が置かれていたグリニッジに、王立天文台が設立されたのが1675年、
1884年にはグリニッジ子午線が世界の本初子午線となりました。
現在では、天文台としての役目は失ったものの、天体を観察するときに使用されていた天体望遠鏡や時間に関するものが展示されるなど、博物館として機能しています。

敷地内には子午線が引かれており、子午線をまたいで写真を撮る観光客で順番待ちの列ができています。
夜には子午線に沿ったライトが夜空を照らします。
天文台の屋根についている「タイム ボール」と呼ばれる赤いボールは、毎日12時55分に上がり、13時に下に落ちる仕組みとなっており、
今のような精密な時間がなかった時代、遠方からもこのボールが落ちるのを確認し、時計を直していたそうです。

住所 : Blackheath Avenue, London SE10 8XJ, UK
ホームページ :ww.rmg.co.uk/roal-observatory
電話番号 :+44020 8858 4422
駐車場 :なし

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
グリニッジ旧王立天文台周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する