1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. メルボルン(オーストラリア)観光地
  5. ヤラバレーの現地クチコミ
メルボルン (オーストラリア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

オーストラリア最高級のピノ・ノアーが生まれる、豊かな自然に囲まれたワイン産地

  • 観光おすすめ
  • 地元っ子に人気

オーストラリア有数のワイン産地として知られるヤラ・バレーは、メルボルンの北東約60kmのところに広がる丘陵地帯です。1838年にブドウ栽培を開始してから、160年以上の歴史を誇り、大小合わせ50以上のワイナリーが点在しています。

メルボルン中心部から車で約1時間程度と日帰り可能な距離ですので、レンタカーで行くのもおすすめ。市内の主要ホテル送迎付きのワイナリーを巡るツアーも催行されています。また、メルボルンの街とブドウ畑を上空から一望できる熱気級ツアーもヤラ・バレーで体験できます。主要ワイナリーには、カフェやレストランを併設しているところが多く、自家製ワインに合わせた料理を提供してくれるのも嬉しいところ。

中でも、観光客に人気なのが、高級シャンペン「モエ・エ・シャンドン」でお馴染みのシャンドン・エステートが運営するフランス国外ワイナリーのひとつ、ドメイン(ドメーヌ)・シャンドン。大きなガラス張りのティスティング・ルームでは、おつまみの盛り合わせと共に、ワインのテイスティングができます。

また、イタリア系の老舗ワイナリー、デ・ボルトリも人気。こちらのレストランは、地元グルメ・コンペで入賞するなどの実力派として知られ、週末のランチ・タイムはとくに、地元の人たちで賑わっています。

ヤラ・バレーは、ブドウ畑が高低差のある急斜面に作られており、オーストラリアのワイン産地の中でも比較的冷涼な気候で、夏場の平均気温がボルドーやブルゴーニュよりもやや低めであることから、高品質のピノ・ノアールが生み出されることで有名です。ヤラ・バレー産ピノ・ノアールは、世界的な評価も高く、“オーストラリア最高級”と絶賛されるほど。ぜひ、本場で試してみてください!

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。