1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シェムリアップ(カンボジア)観光地
  5. バコン(ロリュオス遺跡群)の現地口コミ・地図

シェムリアップ(カンボジア)

現地のプロ(2人)詳細を見る

Bakong (Roluos Group) バコン(ロリュオス遺跡群)

  • 史跡・遺跡
  • シェムリアップその他
  • 価格帯1日有効入場券 37USドル
    3日間有効入場券 62USドル
    7日間有効入場券 72USドル

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Roluos, Siem Reap, Cambodia
アクセス
観光の拠点となる町シェムリアップより約16km。車やトゥクトゥクで約30分程度で到着。
投稿日2014/09/30

ロリュオス遺跡群最大のピラミッド型寺院

  • 観光おすすめ

(現地旅行会社勤務 総合旅行業取扱管理者)

バコンは、アンコールワット遺跡群から少し離れたエリアにある、ロリュオス遺跡群の中でも最も規模が大きいヒンドゥー教寺院。
周囲は環濠で囲まれており、アンコール時代最初の大型ピラミッド型寺院と言われています。

プノンクーレンにてジャヤヴァルマン2世が独立宣言した後に、このエリアに首都を構えました。
8世紀から9世紀に栄えたとされるこのエリアは王都ハリハラーラヤと呼ばれていましたが、その後現在のアンコールワットエリアに遷都しました。

広さは東西900メートル、南北700メートルあり、寺院は五階層のピラミッド型です。
寺院は881年にインドラヴァルマン2世により建造されたが、その後12世紀に修復されています。

東塔門から入ると、まずは環濠にかかる参道の両側に、アンコールワットでお馴染みのナーガ(ヒンドゥー教の蛇神様)の欄干が横たわっています。

そのまま参道を進むと、石段で出来た急な階段を上り中央祠堂へ。
中央祠堂は建設当時レンガ造りでしたが、後世に砂岩で修復おりレリーフは細やかでキレイです。
しかし、何故作り直されたのかは未だ謎に包まれています。

バコン寺院は五階層に分かれており、それぞれの層に意味があります。
まず第一層は、ナーガの世界。第二層は、ガルーダの世界。第三層は、夜叉の世界。
第四層は、羅刹の世界。そして一番上の第五層は、神の世界という意味。

シェムリアップからは約16kmと言うことで、自転車でくる観光客もいます。
雨季は大変ですが、乾季でしたら途中で市場や孤児院、
現代寺院や田舎の風景も楽しめるので体力に自信がある人にはお薦めかも。

せっかくだから、このエリアにある3つの遺跡、
ロレイ、プレアコー、バコン寺院をゆっくり1日かけて観光してみましょう。

夕日時間にくると、遺跡をバックに空がオレンジになる感じとなり、良い景色となるのでお薦めです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
バコン(ロリュオス遺跡群)周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する