1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シェムリアップ(カンボジア)観光地
  5. 東メボンの現地クチコミ
シェムリアップ (カンボジア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(2人)詳細

八納 なつみ (現地旅行会社勤務 総合旅行業取扱管理者)

砂岩の象は必見、セットで巡りたいシンプルな遺跡

  • 観光おすすめ

925年にラジェンドラバルマン2世により造られたヒンドゥー教寺院で大回りコース(※下記にて説明)の寺院の一つで、プレループ寺院と似た寺院です。

ぱっと見た感じはピラミッド型寺院のように見えますが、建造当時、この寺院は巨大な貯水池、東バライの中心にあったため、実はその分の高さがあるだけの平面型寺院。
中央基壇にはレンガの五基塔があります。

シンプルな遺跡ですが、四隅に残る砂岩でできた象の像が見所です。

基壇部の大きさは東西126メートル、南北121メートル。
基壇上にある外周壁は東西108メートル、南北104メートル。
外周壁には東西南北の四方向に、レンガで造られた塔門が印象的です。

現在、貯水池は干上がっていますが、東バライが水を湛えていたころは船で移動してきたという「船着場」もポイントのひとつです。

<モデルコース>
※アンコール遺跡大回りコース・・・、プレアカン(プリアカン) → ニャックポアン → 東メボン → プレループ
(大回りコースとは、アンコールトムの北西から西側のエリアにある、アンコール遺跡を効率よく巡るモデルコースの事。
年代順、様式別、デヴァター等の関連性は一切ありません。)

大回りコースの寺院の一つとして、様々な遺跡を見比べるにはちょうどいいです。
また、ゆっくりと大回りコースを自転車で1日かけて回るのも、体力に自信がある方のみお薦め。

アンコール遺跡共通入場券、1日$37が必要。

大回りコースの寺院の一つなので、この遺跡だけを見る価値はありませんが、
共通券を利用して、その他の遺跡の一つとして見比べるには価値があるかもしれません!

とりあえず、象の像だけ見逃さないように!

  • ジャンル
    史跡・遺跡
  • エリア
    シェムリアップその他
  • 住所
  • アクセス
    観光の拠点となる町シェムリアップより約20km。車やトゥクトゥクで約40分程度で到着。
  • 予算
    1日有効入場券 37USドル
    3日間有効入場券 62USドル
    7日間有効入場券 72USドル
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。