1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ヤンゴン(ミャンマー)グルメ
  5. シャンヨーヤーの現地クチコミ

ヤンゴン (ミャンマー) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(4人)詳細

Shan Yoe Yar シャンヨーヤー

優しい味付けが日本人の口に合うシャン料理の名店

  • 郷土料理がおいしい
  • 定番人気

ミャンマーは南北に細長く、中国、ラオス、タイ、インド、バングラデシュに国境を接しており、135の少数民族が暮らしています。そんなミャンマーの東部、シャン州の伝統料理を「シャンヨーヤー」では食べることが出来ます。
街中に突如現れるミャンマー伝統家屋。店内にはシャンPOPSが流れており、緑に囲まれた落ち着いた雰囲気。スタッフの民族衣装も目に鮮やかで、食べる前から特別な時間になる事を期待させてくれます。

油控えめでハーブや野菜中心のシャン料理は、味付けに納豆、山椒、豆腐を使うなど、ヘルシーで優しい味付けが日本人の口にとても合います。こちらのお店はシャン料理の名店として日本のテレビ番組でも紹介されたことがあり、客の30%は日本人とのこと。

シャン料理の代表料理と言えば、米の麺を使った麺料理シャンカウスエ(スープあり、なしを選べます)
シャンカウスエは夜のメニューには記載がありませんが、夜でも頼むことが出来ます。

シャンカウスエと一緒に頼みたいのは、ひよこ豆で作った豆腐を揚げたトーフジョー。外はカリッ中はとろっ、食感と豆の旨みが最高に美味しい、ビールのおつまみに最適な一品です。

「シャンヨーヤー」のメニューには、ハーブを多用したヘルシーなメニューから、ガッツリ食べたい肉系メニューまで揃っており、一品あたりのお値段はスープやサラダの1500チャット(約150円)から、店内で一番高い蟹や海老をふんだんに使った海鮮系メニューでも一皿15,000チャット(約1500円)と大変リーズナブル。

メニューには写真が多く使われており、英語表記は勿論の事「辛い」「シェフのおススメ」など、マークで一目で分かる様になっています。メニューの多さに、選ぶのに迷うこと必須。迷った際にはお気軽に、日本語が分かるスタッフにお尋ねください。日本人の口に合う料理をズバっと教えてくれます。

2階建てで広々とした店内は個室も完備、くせのないシャン料理は万人受けするので接待にもおすすめです。
一品一品の量が多いので、2名様の場合2品から3品でお腹いっぱいになりますのでご注意を!
雰囲気も味も含めて、おススメしたいシャン料理レストランです。


【メニュー参考】
・水 … 500チャット(約50円)
・ミャンマービール … 1500チャット(約150円)
・コーラ … 1000チャット(約100円)
・フレッシュフルーツジュース … 3000チャット(約300円)
・シャンカウスエ … 2000チャット(約200円)
・トーフジョー … 2500チャット(約250円)

【店舗情報】
・シャンヨーヤー Shan Yoe Yar
住所:No.169 War Tan St, Lanmadaw Tsp, Yangon, Myanmar
TEL:(01)221524,(09)5125955
営業時間:AM6:00~PM22:00

【アクセス】
・ヤンゴン市内からタクシーで約15分。2000チャット(約200円)

※価格は2015年8月調べ

駐在員にも人気!あっさり系で日本人によく合う本格シャン料理専門店

  • 定番人気
  • 人気急上昇

ミャンマー東部のシャン州に暮らす、シャン族の料理専門店です。
シャン族の伝統的な家屋をモチーフにした外観も素敵ですが、民族衣装を来たスタッフに導かれて店内に入ると一転、高級感のある落ち着いた雰囲気が広がります。2階は少し趣が変わり、コロニアルテイストが溢れる、より上品な空間に。いつも混んでいる人気店ですが、席が空いているなら私は2階がお勧めです。団体向けですが個室も用意されています。

私のおすすめメニューは高菜炒めと蒸した豚バラの料理です。口の中でとろけるほどによく蒸された豚肉が絶品です!
どれを頼んだらいいかわからない!という人にはセットメニューも用意されています。

小食な方にはシャン麺(シャンカオソエ)もお勧め。日本のラーメンよりもサイズは小さめ、お値段もお手頃。チキンベースの味わい深いスープ麺や牛肉たっぷりの麺など10種類の中から選べます。

価格は1品あたり3000チャットくらいから。セットメニューはご飯にスープ、おかずが4~5皿付いて13000チャット。シャン麺は2000チャットからになります。

オーナーさんは日本在住経験のある日本語も達者な方。そのためか、料理は一般のミャンマー料理に比べて油の使用量が少なく優しい味付けで、日本人を始め欧米人などにも受け入れられやすい料理となっています。

場所はヤンゴン中心部の西側になります。タクシーで店名を言ってもわからない場合は、老舗のPANDA HOTELの近くと伝えれば多くのドライバーはわかると思います。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。