1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. 上海(中国)グルメ
  5. [閉店]老麦珈琲館の現地クチコミ
上海 (中国) グルメの現地クチコミ

The Cottage [閉店]老麦珈琲館 ラオマイカーフェイグアン

Myusya (旅行関連の編集、ライター)

古き良き老房子で、アンティークを愛でながらのんびりカフェタイム

  • 雰囲気が楽しめる
  • 穴場

旧フランス租界エリアの中心部、桃江路と衡山路の交差点近くにある隠れ家風のカフェ。
グリーンに塗られた建物なので、すぐに見つけられると思います。

お店の看板がないので一見入りづらいのですが、中はお客さんでいっぱい!
おしゃべりを楽しむ女の子たちやひとりで仕事中の男性など、年齢や国籍もさまざま。

チェーン店のカフェとはひと味違う、独特なゆるい空気にひかれて
地元の若者や欧米人などが次々とやってくるようです。

店内はフランス租界時代の面影が残る「老房子」をいかしたレトロな雰囲気で、
アンティークグッズや古い写真、アート作品などがセンス良く飾られています。
コレクション好きなオーナーさんのこだわりが伝わってくるよう。
古びた建物も、白く塗られた壁のおかげか、どこかガーリーな印象になっています。

こじんまりとした空間ながら、間取りがとてもユニーク!
どこに座っても違う風景を楽しめるので、何回通っても飽きません。
そのため、若い女の子たちの間では、写真スポットとしても有名なようです。
2階のいちばん奥には、開放的な半テラス席のような場所もあります。

メニューは、ドリンクからデザート、軽食までひととおり揃います。
ウォッカを少しだけ入れた「老麦コーヒー」(35元)もおいしいです。

無料で利用できるデスクトップPCもあり、Wi-fiも自由に使えるので
旅行の合間のひと休みにはぴったりの場所です。

  • 中国本土からアクセスした場合、GoogleMAPが表示されない可能性がございます。
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。