1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シンガポールグルメ
  5. インドシン ウォーターフロントの現地クチコミ
シンガポール グルメの現地クチコミ

IndoChine Waterfront インドシン ウォーターフロント

Y.K (メディア・コーディネーター)

2、3回行っても飽きないと断言!メニュー豊富なエスニック

  • 多国籍料理がおいしい
  • ガイドの超イチオシ!

ベトナム、カンボジア、ラオスの伝統的な料理を中心に、シーフードのフュージョンなど
豊富なメニューをそろえているインドシン。
市内に数店舗ありますが、エンプレス・プレースのアジア文明博物館に隣接するレストランは、
ボートキーを対岸に見る、すばらしいロケーションです。

シンガポールの近代化に貢献したスタンフォード・ラッフルズ卿が初めて上陸して開発したのがこの地域でした。
そんな歴史的な名所の集まる場所にオープンするこのレストランは、荘厳な趣きとともに、
エスニック・レストランらしいカジュアルなムードがあって、外国人にもシンガポーリアンにも親しまれています。

料理はベトナムの春巻きやエビのすり身の料理、ラオスのサンドライ・ビーフやソーセージ、
そしてカンボジアン・スタイルのシーフードたっぷりココナッツ・カレーと
3国の伝統的なメニューが充実している他、
オーストラリアン・オイスターやサーモンのカルパッチョといったウエスタン風シーフードも多数そろえています。

まずはアペタイザーをオーダーしてシャンパンで乾杯。
もちろんご当地自慢のビールもいいし、各国のワインの中からお好みのものを選んでもいい。
料理はワインにも合いそうです。

東南アジア各国の料理の中でもベトナム、カンボジア、ラオスの料理はあまり辛くはありません。
お子様にも食べられそうな料理が多くてご家族連れにはいいでしょう。

レモンやライムなどを少しずつ使っていて、
そのさわやかな風味はシーフードの持ち味を引き立てています。
メニューの種類が多いので、2-3回行っても飽きることはありません。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。