1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ウィーン(オーストリア)観光地
  5. モーツァルトの生家の現地口コミ・地図

ウィーン(オーストリア)

現地のプロ(4人)詳細を見る

Mozart's Birthplace モーツァルトの生家

  • その他建造物
  • ウィーンその他
  • 価格帯入場料(大人) 10ユーロ
    入場料(15~18歳) 4ユーロ
    入場料(6~14歳) 3.5ユーロ
  • 定休日なし

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Getreidegasse 9, A-5020 Salzburg, Austria
営業時間
[6~9月]9:00~17:30(入場は17:00)[7・8月]8:30~19:00(入場は18:30)
電話番号
+43-662-844313
投稿日2015/05/01

ここを訪れるためにザルツブルクに向かう人も。あの偉大な作曲家の生家です。

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

(フリージャーナリスト)

ザルツブルクが生んだ偉大な作曲家・モーツァルト。
彼の生家は、たくさんの観光客で賑わうゲトライデガッセの中でも、ひときわ大勢の人々が集まっています。

建物の前で写真を撮る人、感慨深げに見上げている人、迷わず二階のチケット売り場に向かう人、
世界中のモーツァルトファンが一度は来てみたいとあこがれる場所です。

1756年1月27日、モーツァルトはこの建物の4階で生まれました。雪の降る寒い夜、だったそうです。
3世紀近く経つ今も、誕生日の週には祝賀の記念行事が行われます。

生家に展示されているものは様々な年齢の彼の肖像画、家族の肖像画、
子供の頃のモーツァルトが使っていた小さなバイオリン、弾いていたとされる鍵盤楽器・フォルテピアノ、
自筆の楽譜、手紙、髪の毛、などです。解説はドイツ語の下に英語も記されています。

展示室はあまり広くないので、観光客で溢れてしまうと展示品をじっくり眺めることは難しいかもしれません。
けれどもこの場所であのモーツァルトが生まれたと思うと、なんとも言えない気持ちになります。

踊るようなモーツァルト自筆の楽譜を見ていると、どうしたって映画「アマデウス」で描かれたあのモーツァルトと
笑い声が思い浮かんでしまう人も多いかもしれませんね。

ゲトライデガッセに面した建物の地上階には、スーパーのSPARがあります。
博物館の売店とはひと味違ったモーツァルトをモチーフにした品物が売られていますし、
おみやげを入れて渡すのに最適なモーツァルトの顔が印刷された紙袋はこの店にしかありません。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
モーツァルトの生家周辺のおすすめ観光スポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する