一度は行ってみたい!世界の絶景

アジア編

中国 九寨溝

中国四川省の奥地にある中国随一の美しい峡谷、九寨溝。原生林の生い茂る峡谷に大小100以上の湖沼や瀑布が点在し、透き通った湖水や五彩池、幻想的な滝といった、美しい水が織り成す奇跡の景観は見る者の心を奪います。中でも、九寨溝で最も透明度の高い五花海は水に溶けた石灰の浄化作用により、湖底に沈んだ倒木までくっきり!光が差し込み、さまざまな色に輝く様子は幻想的な美しさです。

  • ベストシーズン

    雪解けで水量の増える6~10月がベストシーズン。中でも、湖面のブルーに紅葉が映え、色彩豊かな景観が楽しめる秋が人気です。

  • アクセス方法

    中国の成都から九寨溝へは飛行機で約1時間。

中国 桂林

自然豊かな桂林で、絶大な人気を誇るのは何と言っても「漓江下り」。目の前に広がる不思議な形をした山々とその影を水面に映す絶景は、まさに山水画!その他にも、象がまるで鼻を伸ばして水を飲んでいるかのように見える象鼻山や、全長12キロメートルの鍾乳洞がある冠岩など見どころいっぱい。桂林は中国を代表する国際観光都市。市中心は、夜になるとカラフルにライトアップされ、夜市やイベントで深夜まで賑わいます。

  • ベストシーズン

    1年を通して観光を楽しめますが、漓江の水量が増える雨季(4~10月)がベストシーズン。雨で霞む漓江の奇峰は、まるで水墨画のよう。

  • アクセス方法

    中国国内で乗り継いで桂林へ。空港から桂林市内まではバスで約40分。

台湾 高美湿地

台湾のウユ二塩湖と呼ばれる、高美湿地。「天空の鏡」が見られるタイミングは日没前、湿地に水が張り、風が弱まるとき。海面に太陽の光が反射して、広大な湿地が鏡のようになります。湖面に映える夕日は神秘的な美しさ!傍らには風力発電のプロペラが回っており、ウユニ塩湖とはまた違う絶景が広がります。南米までは遠くて行けないけど、鏡張りの絶景を見たい!という方におすすめです。

  • ベストシーズン

    3~10月がおすすめ。11~2月は水位が上がることが多く、風が強く吹くため寒くなります。

  • アクセス方法

    台北から日帰りも可能。まずは台湾鉄道で清水駅へ(約3時間)。清水駅から高美湿地までバスで約30分。

シンガポール ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

シンガポール最大の植物園、ガーデンズ バイ ザ ベイ。まず目につくのが、18本の人口の木・スーパーツリー!一番高いスーパーツリーの上にあるバーからはガーデン全体の眺めが楽しめます♪園内には世界各地の植物が展示される温室や個性あふれる庭園も。スーパーツリーには太陽光発電が備えられ、園内の発電施設では落葉などの廃棄物を利用した発電が行われるなど、とってもエコ。実はスーパーツリーは煙突の役目も果たしているんです。

  • ベストシーズン

    通年季節があまり変わらないため、常に観光シーズンですが、しいて言えば雨が比較的少ない4~9月の乾季がベスト。

  • アクセス方法

    ガーデンズ・バイ・ザ・ベイへの最寄りの駅は、MRTベイ・フロント駅(サークル線)。平日限定で無料のシャトルバスも運行しています。

タイ ピピ島

巨大な岩と透明度抜群のエメラルドグリーンの海が織り成す景色が神秘的な、タイの楽園、ピピ島。レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」で楽園のビーチとして登場したことでも有名です。タイでも有数のダイビングスポットを持つエリアとして知られ、エメラルドグリーンの美しい海を求め、世界中からダイバーたちが集まります。

  • ベストシーズン

    ベストシーズンは11~4月。特に12~2月の乾季にはエメラルドグリーンの鮮やかな海と白砂のビーチのコントラストが楽しめます。

  • アクセス方法

    プーケットもしくはクラビから船。プーケット・クラビからのオプショナルツアーもあります。

インドネシア ボロブドゥール寺院遺跡

ジョグジャカルタ郊外に位置し、8世紀後半から9世紀前半にかけて建立されたと言われる世界最大級の仏教遺跡、ボロブドゥール寺院。メラピ山の大噴火により千年もの間、火山灰の下に埋もれ、人々から忘れられていましたが、1814年に発見されたのをきっかけに発掘調査と修復が開始されました。ジャングルの中にそびえ立つその姿は、圧巻の迫力!特に、朝日でボロブドゥール全体が一気に赤く染まっていく光景は、神々しいとしか言いようがありません。

  • ベストシーズン

    最も涼しく、湿度が低くて雨が少ない5~9月がおすすめです。

  • アクセス方法

    ジョグジャカルタ市内からボロブドゥール寺院へは車で約1時間。遺跡を効率よく回るにはオプショナルツアーの参加もおすすめです。

ベトナム ハロン湾

水墨画にも似た世界から「海の桂林」とも呼ばれる、ハロン湾。大小合わせて2000以上の奇岩がエメラルドグリーンの海面から突き出す姿はまさに幻想的。ハロン湾クルーズには日帰りと船内で宿泊するものがありますが、ハロン湾の美しさや魅力を十分味わうなら、やはり宿泊がおすすめ。幻想的な夕陽、遮るものが何もない満点の星空、美しい日の出など、その時々で刻々と変わるハロン湾の景観と表情を余すところなく味わえます。

  • ベストシーズン

    雨が少ない11~4月がベストシーズン。

  • アクセス方法

    ハノイからバスで約4時間。ハノイからのオプショナルツアーに参加するのもおすすめです。

カンボジア アンコールワット遺跡群

日本人が本当にいってよかったと思う海外旅行先の中でも特に人気の高い、アンコールワット遺跡群。太陽の光とアンコールワット前に広がる水面が作り出す景色は神秘的。朝焼け・日中・夕焼けと時間帯によって異なる美しく神々しい姿を見ることができるので、お好きな時間に♪アンコールワット以外にもクメール時代最大の都城遺跡アンコールトムや樹齢300年のガジュマルが遺跡を包み込むタ・プロームなど見どころ満載!

  • ベストシーズン

    雨が少なく、気温も下がる12~3月がベストシーズン。

  • アクセス方法

    遺跡を効率よく回るには、オプショナルツアーに参加するのが便利です。アンコール遺跡の観光には顔写真入りの入場券が必要です。

フィリピン エルニド

フィリピンの7,000を超える島の中でも「神が創造した最後の秘境」と呼ばれる、エルニド。エメラルドグリーンの海には約50の無人島が浮かび、緑の島・白い砂・青い海に彩られた楽園です。映画「グラン・ブルー」で有名な伝説のダイバー、ジャック・マイヨールもエルニドの魅力にとりつかれた一人で、毎年のように訪れていたそう。海洋保護区のため開発が制限され、観光客が少なく、のんびり過ごすことができます。

  • ベストシーズン

    12~5月の乾季の中でも、日差しが強く晴天が多い3~5月がベストシーズン。

  • アクセス方法

    マニラから飛行機でエルニドの空港まで約1時間。1島1リゾートなので、各リゾートまではボートでアクセスします。

ミャンマー バガン遺跡

「アジア最後のフロンティア」と呼ばれるミャンマーにある世界三大仏教遺跡の一つ、バガン遺跡。11世紀から13世紀にかけて栄えた、ミャンマー最初の王朝「バガン王朝」の都で、イラワジ川中流域の約40平方kmにわたって広がっています。広大な平原に無数のパコダ(仏塔)が立ち並ぶ光景は、一見の価値あり!特に、朝焼けに染まるバガン遺跡を一望できる、熱気球での空の旅がおすすめ!

  • ベストシーズン

    気温が下がり天気の良い乾季の11~2月頃がベストシーズン。熱気球が運航されているのもこの時期です。

  • アクセス方法

    ミャンマーのヤンゴンからバガンへは飛行機で約1時間、バスで約14時間。ヤンゴンからのオプショナルツアーもあります。

インド タージマハル

インド北部アグラにある総大理石造りの白亜の霊廟、タージマハル。ムガール帝国の5代皇帝シャー・ジャハーンが、14番目の子供を出産した後に亡くなった愛する妻のために、22年の歳月と一日2万人の労働力をかけて造営したのがこの“愛の記念碑”です。大理石の壁には華麗なレリーフが刻まれ、世界各地から取り寄せた28種類もの宝石・鉱石がはめ込まれています。その偉容と美しさは「天上の7つの楽園をも凌ぐ」といわれるほど。

  • ベストシーズン

    好天の確率が高く、比較的過ごしやすい10・11月、2・3月がベストシーズン。

  • アクセス方法

    デリーから飛行機で約40分、もしくは電車で約2時間かバスで約5時間。デリーからのオプショナルツアーもあります。

スリランカ シギリヤロック

天空に浮かぶ要塞都市、シギリヤロック。ジャングルの中に突如現れる標高約200m、南北に約180m、東西に約100mもある巨大な岩山で、壁面はほぼ垂直に切り立っています。シンハラ王朝の王、カッサパ1世が父親を殺害し王位についた後、追放した弟の復讐を恐れて、岩山の上に建築した宮殿です。登るにはかなり体力がいりますが、頂上からの眺めは登頂の達成感も相まって感動的!

  • ベストシーズン

    比較的雨の少ない1~3月、5~9月がベストシーズン。

  • アクセス方法

    コロンボからバスで約5時間。コロンボからのオプショナルツアーに参加するのもおすすめです。

最終更新日:2016年3月22日