1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ボストン(アメリカ)観光地
  5. ナンタケット島の現地クチコミ
ボストン (アメリカ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(5人)詳細

Nantucket ナンタケット島

セレブも通う憧れの楽園ナンタケット島

  • 観光おすすめ
  • 穴場
  • 有名人ご用達

東海岸に住む人のあこがれの島、ナンタケット島を訪れてみませんか?
ケープコッド半島の先に浮かぶ2つの島のひとつ、ナンタケット島(もうひとつはオバマ大統領が家族で夏のバカンスを毎年過ごすマーサスビニャード島)は昔は捕鯨で栄えました。多くの捕鯨船がここに拠点をもち、関連の産業で島は栄えました。それが廃れた後は数少ないアーチストの住むコロニーでした。ちょうどニューヨークのソーホーのように多くの芸術家が活動の拠点としていた時期があります。その後リゾート開発がすすみ今では多くのお金持ちの別荘があり有名人なセレブがゆったり時間を楽しむリゾート地になりました。通常島の人口は1万人程度ですが旅行シーズンには5万人以上の人が滞在します。クレイレディのニックネームのように独特の島建築と咲き乱れるアジサイの花は訪れた人を楽しませます。

ベストシーズン:
春(5月)から秋(10月)は過ごしやすく、特に夏は一番のベストシーズンです。11月の感謝祭からクリスマスの時期は高級なホテルが夏の半額以下に値段が下がるので雰囲気を手軽に味わうにはいい時期です。島にはお洒落なお店が数え切れないぐらいあります。

見所:
メインストリートを中心としたショッピング(地元のアーチストの作品も多い)
貸し自転車によるサイクリング(ヤングス バイシクルショップが有名)
捕鯨博物館(鯨だけでなく捕鯨に関するあらゆる展示)
ナンタケットバスケット博物館(5月末~10月半ば、火曜~土曜日)
バスツアー 島巡りのバスツアーが2社運行しています。そのほかタクシーや貸し自転車で回ることもできます。

行き方:
ボストン市内からケープコッドのハイヤニスまで車で1時間15分~ハイアニス着~高速フェリーにてナンタケット島へ(約1時間)~ナンタケット島着。または、ボストン、ハイヤニス、ニューヨーク(夏だけ)から飛行機の利用も可能。

ゆったり時間を過ごすには最低でも1-2泊することをお勧めしますが、どうしても日帰りのときはボストンの旅行会社でツアーを申し込むのも便利です。ホテルから船着場までの送迎と船の手配およびガイドがセットになっています(現地滞在6~7時間ほど)

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。