1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. フランクフルト観光地
  5. シュパイヤー大聖堂の現地口コミ・地図

Speyer Cathedral シュパイヤー大聖堂

  • 寺社・教会
  • フランクフルト その他/近郊

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Domplatz, 67346 Speyer
営業時間
[日]12:00-17:00,11月-3月:[月-土]09:00-17:00,4月-10月:[月-土]09:00-19:00
投稿日2017/09/01

世界遺産に登録されたロマネスク様式の大聖堂

  • 観光おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気

(フリーライター)

1981年に世界遺産に登録されたシュパイヤー大聖堂。
4本の塔が美しく天空にそびえ、3列の側廊(壁側にある通路)にアーチ型の天井を持つバシリカ式聖堂で、ドイツ・ロマネスクを代表する建築物です。

神聖ローマ帝国の皇帝コンラート2世が栄華を極めた自身の墓所として、1030年に建設を始めました。そして、1061年、孫のハインリヒ4世によって献堂されます。

シュパイヤー大聖堂は、歴史上、幾度となく悲劇に見舞われました。1689年、ルイ14世の軍隊によって焼かれ、修復後、1794年にフランス軍による再度の焼き討ちにあい、全ての祭壇が破壊されます。その後、バイエルン王ルートヴィヒ1世が出資し、再修復が行われました。

シュパイヤー大聖堂の全長は133mあり、現存するロマネスク様式の教会としては最大規模です。内部の装飾は少ないですが、赤と白の石を用いたアーチと柱が荘厳さを際立たせています。大聖堂の地下には、ドイツで最も美しいと評される祭室があり、コンラート2世を含む8人の皇帝、4人の女王たちと司教が安置されています。公開されているので是非ご覧になってください。

また、ルートヴィヒ1世の命を受けて、当時ミュンヘンで名を馳せていたJohann Schraudolph(ヨハン・シュラウドルフ)によって描かれたフレスコ画の数々も必見です。ヨハンの一貫した概念は、祝福された聖母、大聖堂の守護聖人、殉職者であるステファノとローマ教皇ステファヌス1世 への神の救いを描くことであったと言われています。1845年に描き始めたこれらのフレスコ画は、完成まで10年を要しました。

大聖堂の近くにあるプファルツ歴史博物館では、様々な宝物が展示されています。歴史をより深く知る機会となるので、お時間のある方は寄ってみてくださいね。
(入場料:大人7ユーロ、子供3ユーロ)

大聖堂の見学は無料。
いずれの時間帯も入場しやすいでしょう。
日本語のオーディオガイドはありません。

所用時間:1-2時間

<アクセス情報>
Speyer Hauptbahnhof (シュパイヤー中央駅)から徒歩15分

2017/04訪問

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する