1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 海外現地クチコミ
  4. プーケット(タイ)の治安・危険情報

 
  • 1 バングラーロード
  • 2 パトンビーチ
  • 3 プロンテップ岬

プーケット全域で注意したいこと

投稿日:2014/10/09

お猿さんに注意!

プーケット島内の各所で目にするのがお猿さん。野生の猿もちらほら見られるプーケットですが、サファリツアーなどの一部ではショーを行うためにお猿さんがいる所が多いです。普段はおとなしいお猿さんですが、機嫌が悪い時、驚いた時など突然噛みつくことがあります。噛まれるとワクチンを打ちに病院へ通われる観光客も多数います。賢くかわいいお猿さんを見るとついつい触りたくなりますが、もしもかまれた時の事を考えると触らない方が無難でしょう!

プーケットしまかぜ案内人 (旅行会社経営)

投稿日:2014/10/09

離岸流・高波に注意!(海全般)

プーケットで観光ゲスト関連のニュースで最も目にするのが溺れたという事件。島内のビーチだけでなく、離島ツアーでも頻繁に起こっています。遊泳可能なビーチでは離岸流、遊泳禁止エリアではもっての他ですが、高波に見舞われるというケースもあるので十分注意してください。リゾート地の為、よぱっらって海に入る人も多く、事故につながるケースもあります。浮かれすぎにも注意!安全に楽しくリゾートライフを堪能してください。

プーケットしまかぜ案内人 (旅行会社経営)

投稿日:2014/10/09

夜間の白タク、トゥクトゥクには注意が必要。(空港、繁華街など)

「夜間は、1人で乗らないのが基本です。女性は特に気をつけて。」
プーケットには、観光客が利用できる公共交通機関が少なく、トゥクトゥクが主要な移動手段となっています。トゥクトゥクは、運転手の登録制度などが整っていないため、どんな人がドライバーか乗る側は分かりません。不法な料金の請求や、婦女暴行などのトラブルは、ほとんどありませんが、それでもゼロではありません。特に夜間はトラブルが起こり安い傾向にありますので、1人では乗らないのが基本。女性は特に気をつけてください。また、乗車する際は運転手の前で、ナンバープレートを控えておくのも、予防措置として有効です。

大塚 誠 (現地旅行代理店経営)

投稿日:2014/10/09

宗教的な習慣には配慮して!(寺院など)

「女性の方。お寺巡りの際は、服装に気をつけて。」
数々の伝説や、煌びやかな装飾から、観光スポットとしても親しまれている寺院がたくさんありますが、タイの仏教(小乗仏教)では、女性がお坊さんに触れることは厳禁。お参りの際も、肩を露出する様な服装はタブーとされています。欧米の観光客の中には、全く気にせずタンクトップで参拝する人の姿も見受けられますが、やはり、地元の人々の習慣やしきたりを尊重するのがマナー。女性の方は、薄手のカーディガンや、肩を隠せるショールなどを持ち歩くと良いでしょう。

大塚 誠 (現地旅行代理店経営)

投稿日:2014/10/09

水難事故に注意!波のある日は、遊泳禁止のサインを必ず確認しましょう。

プーケットのビーチは、ほとんどが外洋に面した西側に位置し、6月から10月のモンスーンの時期には、大きな波が立つことがあります。一軒それほど高くない波に見えても、水面下では強い引き並みが発生していることも多く、毎年必ず水難事故が発生します。少しでも波がある日は、ビーチに立っているフラッグ(赤:遊泳禁止。黄色:遊泳注意)を確認して遊泳の可否を確認しましょう。小さなお子様がいる場合は、遊泳可の場合も、浮き輪やライフベストなど、何らかの浮具を着用することをお勧めします。

大塚 誠 (現地旅行代理店経営)

エリア
パトン
ジャンル
  • ナイトライフ

投稿日:2014/10/09

悪質な客引きに注意!

夜のもっとも賑わうナイトスポット、バングラ通りです。この繁華街を目的にたくさんの観光客が集まります。バー街が集結しているエリアを歩いているとたくさんの客引きがいます。しつこい勧誘や悪質な勧誘には十分注意してください。悪質な客引きに合うと、通常のドリンク代に上乗せされていたということもあります。あいまいな態度を取ると調子に乗ってしつこくされるケースもあるので、必要ない場合はしっかりNoと断りましょう。

プーケットしまかぜ案内人 (旅行会社経営)

投稿日:2014/10/09

エロチックで、過激なパフォーマンスもしばしば。

パトンビーチの中心部に位置する、バングラーロードは、プーケットで一番の繁華街となっています。夕方ら6時から歩行者天国となり、毎晩多くの人々が訪れますが、通り沿いには、若い女性たちが客引きのためにセクシーダンスを繰り広げるオープンバーや、きわどい服装で積極的に記念撮影をセールスしてくる、レディーボーイがたくさんいます。時間が遅くなるにつれ、泥酔した観光客や物乞いの姿も多く見受けられますので、お子様への悪影響も心配されます。お出かけになる際は、早めの時間をお勧めします。

大塚 誠 (現地旅行代理店経営)

エリア
パトン
ジャンル
  • ビーチ

投稿日:2014/10/09

車・バイクに注意!

日本では歩行者優先ですが、タイでは車やバイクの方が強く、日本のように歩行者に道を譲ってくれません。横断歩道を渡るとき、道を横断しなければならない時は十分注意してください。日本と同じ感覚で車は譲ってくれると考えてタイの道を歩くと、交通事故になるので要注意!特繁華街のパトンビーチは外国人のレンタルバイク利用も多く、運転になれない人がたくさんいるので大変危険です。大参事にならないように自分の身は自分で守りましょう。

プーケットしまかぜ案内人 (旅行会社経営)

投稿日:2014/10/09

レンタル業者とのトラブルには細心の注意を!

近年、パトンビーチをはじめ、主要ビーチで営業するマリンスポーツ業者と、ツーリストのトラブルが多く見受けられます。特に多いのは、マリンジェットをレンタル時に、衝突による故障などで、法外な修理代を請求されるケース。レンタル時には、レンタル契約を良く読み、あらかじめ故障箇所、事故発生時の免責事項などなどを、レンタル業者とともに確認しましょう。出来れば、ガイドさんなど信頼できる地元の人に付き添ってもらうのがベストです。

大塚 誠 (現地旅行代理店経営)

3 プロンテップ岬

エリア
ナイハーン
ジャンル
  • その他自然・景勝地

投稿日:2014/10/09

観光もほどほどに!

プーケットの観光スポット、タイ人のデートスポットトとして有名なプロンテップ岬ですが、近年転落事故が発生しました。岬の末端で記念撮影を撮ろうと、観光の歩道を外れて岩場まで出て見学し、最南端の岩場で滑って転落し大けが、一人は死亡して沖合まで流されてしまいました。無理な観光、崖での写真撮影は非常に危険ですので、観光も決められた場所で安全に観光しましょう。タイでは日本と違い、柵等ない場所も多いので、自己判断になります。

プーケットしまかぜ案内人 (旅行会社経営)

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
「治安・危険情報」その他参考サイト
プーケットの治安・危険スポット情報
プーケットに関する他テーマの記事一覧

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する