1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ラスベガス(アメリカ)グルメ
  5. ザ ペッパーミル レストラン&ファイヤーサイド ラウンジの現地クチコミ

ラスベガス (アメリカ) グルメの現地クチコミ

現地のプロ(7人)詳細

The Peppermill Restaurant & Fireside Lounge ザ ペッパーミル レストラン&ファイヤーサイド ラウンジ

ラスベガスの今昔を知る老舗店

  • 雰囲気が楽しめる
  • 穴場

ラスベガス・ストリップ通り沿いで
20年以上も営業されている24時間営業のカフェレストラン。
リビエラホテルの南側にあります。外観は紫色のネオンが煌めき、
「ちょっと入りづらいかも」という雰囲気を醸し出しており、
どことなく怪しげな感じも否めません。

店内も、外観からの期待(不安?)を裏切らず怪しさいっぱいで、
朝でさえもちょっと暗めな照明で、
足元のピンク色のライトが、ラスベガスの古き良き時代を思わせます。

店員さんは、すごく若いとは言えない女性が、
ミニスカートのかわいらしい制服で愛想よく応対してくれるのですが、
それもまた歴史を感じさせてくれているのかなと妙に納得です。

ほとんどの席がブース(ソファ)になっており、
隣の席や近くの席の人たちを気にせず、個室感覚で落ち着けます。
外から見る以上に広く感じ、非常にたくさんの席があります。

料理は、パンケーキやオムレツといった定番メニューがとにかく量が多いです。
一人ではとても食べきれない分量。
これもアメリカ・ラスベガススタイルなのでしょう。

ちょっと変わり種としては、
コーヒーなどに入れる「砂糖」ですが、ほとんどのお店では
普通の砂糖とダイエット用の砂糖、それぞれ「個包装」されているものが
テーブルにセットされていることが一般的ですが、
ここでは、色とりどりのきれいな「粒砂糖」が、瓶に入って置かれています。
この砂糖が美味しくて、手のひらに乗せて舐めてみたくなるほどです。
この砂糖でさえも、ラスベガスっぽい雰囲気を感じてしまうから不思議です。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。