1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. オーランド(アメリカ)観光地
  5. ユニバーサル シティウォーク (オーランド)の現地クチコミ
オーランド (アメリカ) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(2人)詳細

Universal CityWalk (Orlando) ユニバーサル シティウォーク (オーランド)

ユニバーサルオーランド内にあるショッピング、レストラン、映画館などのエンターテインメント施設

  • エンターテインメントおすすめ
  • 定番人気
  • 地元っ子に人気

他の写真も見る(全6枚)

ユニバーサル・オーランド・リゾート内のシティ・ウォークには、ショップやレストラン、映画館、ミニゴルフ場などが入っていて、ユニバーサルスタジオ、アイランズオブアドベンチャーに入る手前にあるので、行き帰りにお食事やショッピングを楽しめます。パークチケットがなくても入れるエリアなので、空いた時間に遊びに行くこともできますよ。
ユニバーサル直営ホテルからは無料のシャトルバスやボートで5~10分ほど、ディズニーワールドエリアからは車やタクシーで15~20分ほどで行くことができます。タクシーの場合はだいたい$45(チップ別)ほどかかります。

また、シティ・ウォークにはブルーマンの常設会場があり、定期的に公演が行われています。ブルーマンは数年前に日本にも来日していましたが、内容も更にパワーアップして、おもしろくなっているようです!真っ青にペイントしたブルーマン達が繰り広げるユーモアたっぷりのパフォーマンスは、英語が分からなくても楽しめるというのもポイントです!まだ観たことのない方にはぜひおすすめです。

ユニバーサルスタジオ、アイランズオブアドベンチャーどちらにもグッズショップはありますが、万が一おみやげを買い忘れてしまっても大丈夫!シティ・ウォークにもユニバーサルスタジオストアがあるので、最後に寄ればおみやげも買えます。人気のミニオン、スポンジボブ、ハリーポッター、スパイダーマンやキャプテンアメリカなどのスーパーヒーローのオリジナルグッズなど、品揃えも豊富です!
アパレルショップは時計やバッグなどが有名な「FOSSIL」、水着やサングラスが並ぶ「クワイエット・フライト・サーフ・ショップ」、カジュアルなTシャツやワンピースなどの洋服が揃う「フレッシュ・プロデュース」、ちょっとおもしろい雑貨やおみやげが買える「P!Q」などがあり、ぶらぶら見て回るのも楽しいですよ。

お食事や休憩にはスターバックスや映画館の上にあるフードコート、映画館の2階にはピザレストランなど、手軽に食べられるレストランも充実しています。
シーフードレストラン「ババ・ガンプ・シュリンプ」があるので、ハンバーガーなどのお肉料理が続いた時に、立ち寄ってみるのも良いかもしれません。映画『フォレスト・ガンプ』にちなんだお店なので、店内には映画のシーンを思い起こさせる写真やポスターが貼られています。ここのポップコーンシュリンプ(小エビのフライ:$9.79)が香ばしくておすすめです!定番メニューのエビのビール蒸し($13.89)は大きなバケツで持ってきてくれて、テーブルでバサッとお皿に出してくれるのもアメリカンスタイル。ガーリックとケイジャン味で迷ったら、両方をハーフハーフで頼むことができます。ビールとの相性もぴったりなので、ぜひお試しください。

大きな「ハードロックカフェ」もあり、広い店内にはレトロなオープンカーなどのディズプレイとロックミュージックが溢れています。ボリューム満点のハンバーガーやサンドイッチなどのアメリカンフードをお楽しみいただけます。
「NBCスポーツグリル&ブリュー」では、大きなビジョンでスポーツ観戦をしながらお食事ができます。広いテラス席があり、目の前には湖も見えるので、天気の良い日はぜひテラス席で外の空気を楽しみながらのお食事もおすすめです。時間帯によっては湖のほとりにあるステージで音楽ライブが行われるので、ライブとスポーツ観戦両方楽しめてしまうかもしれません。

「トゥースサム・チョコレート・エンポリアム&セイヴォリー・フィースト・キッチン」は2016年夏にオープンした最新のレストランで、外観が工場のようでユニークです。手前のカウンターのオーダーではミルクシェイク、サンデー、クレープなどのスイーツがオーダーでき、奥のテーブル席ではランチやディナーができます。ここでぜひ試していただきたいのが、ミルクシェイク!ブラウニー、エスプレッソバズ、ストロベリーチーズケーキなど種類も豊富で、想像を遥かに超えた、豪快なシェイクが出てきます!1つ$12~13となかなかのお値段ですが、かなりの量があり、2人でもシェアできる大きさです。シェイクだけでなくケーキやホイップクリームなどがふんだんに使われているので、飲み応え(食べ応え?)があります。見た目ほど甘ったるくなく、意外と美味しいので、ぜひお腹に余裕のある時にオーダーしてみてくださいね。

2016/12訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。