1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. パース(オーストラリア)ショッピング・お土産・買い物
  5. フリーマントルマーケットの現地クチコミ
パース (オーストラリア) ショッピングの現地クチコミ

現地のプロ(6人)詳細

Fremantle Markets フリーマントルマーケット

フリーマントル・マーケットでショッピング

  • いろいろ買えておすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気

フリーマントル・マーケットはパースから南に20km程(車で20-30分、電車・フリーマントル線で30分)のところにある港町、フリーマントルにあるマーケット。毎週末、金・土・日に開催され、民芸品などのお土産品や食料品、ハンドクラフトなどなどたくさんの商品が売られています。ハンドメイドの石鹸やハニーなどあってお土産にももってこい。

その周りでは、大道芸人たちがダンスや手品など様々なショーを行っていたり、似顔絵を描いたりしていて、隣にあるバーから外を眺めながら、昼間からビールなどを飲んでいるオーストラリアの現地っ子達もノンビリと休日を過ごしている。
そしてマーケット内には、生鮮品のコーナーもあって、季節ごとの野菜や果物が並び、たくさんの種類の果物をその中から厳選して選んでいるとお店の人が試食させてくれたりすることも。また、地元の人達も新鮮な野菜や果物を週末買い物にやってくる。

生鮮品以外の食べ物屋さんもたくさんあって、その中でも人気で行列ができているのはクレープ屋さんやラーメン屋さんだ。またカフェやドーナツ、パエリヤなどなど内容は時によって変わることがあるが、お昼時はたくさんの人が作りたて、手作りのものを買うために混雑している、。それらを作っている様子を見ているだけでもとても楽しい。石鹸やアロマ製品、はちみつなどなどあれやこれや一日中マーケットで買い物を楽しむことも出来るだろう。夕方には終わってしまうが、マーケットの周辺にはバーやレストランなどもあったりして、観光地ならではのものから、地もとの人達が楽しむバーやパブのナイトライフも充実していてまた違った雰囲気のフリーマントルの街を見ることができるだろう。

おみやげ選びに最適!ローカル色豊かな歴史あるマーケット

  • 地元名産品おすすめ
  • 定番人気

パースシティから程近く、ローカル住民にも観光客にも人気の街、フリーマントル。ここで是非訪れたいショッピングスポットといえば、「フリーマントル マーケット」ですね。

歴史を感じさせる、大きなマーケットホールの外観が、まず印象的。そして内部に足を踏み入れると、150以上の小さなお店がひしめいています。さまざまなジャンルのお店があり、その多くが地元のアーティスト、製造者、小規模ビジネスといった、ローカル色の強いマーケットです。

たとえば、Corrynnes Natural Soaps and Body Productsは、マーガレットリバーの工場で作った、自然素材のみを使った石鹸やボディケア製品を販売しています。店頭に並んだ様々な種類の手作り石鹸(1個$4.5)は、アロマオイルの優しい香り。
あるいは、ベビーグッズのSnug as a Bugで売っているのは、日本の子育てママ・パパにも人気の、赤ちゃん用スリング($68)。地元で制作されたもので、様々な柄があります。
他にも、オーストラリア製の皮革製品、エッセンシャルオイル、エミューオイルなどのボディケア製品…オーストラリアのおみやげとして定番の物から、帽子やサングラスなど旅行中の必需品も充実。意味不明(?)な雑貨まで、見てて楽しい!

マーケット内にはフード系の店舗もたくさん入っているので、お腹が空いても安心です。スイーツ、コーヒー、アジア系フード…と、例が挙げきれない程たくさんのお店があります。私のお気に入りは、野菜売り場の前にあるAlive Juiceのジュース(300ml $5)。西オーストラリア産のオレンジをコールドプレスしたジュースや、ローカルレモンを絞ったレモネードは、シンプルでフレッシュ。子どもにも安心して飲ませられます。

アクセスは、フリーマントル駅を出てMarket Streetをまっすぐ進み、徒歩約10分。金土日のみの営業です。

週末マーケットとお洒落街さんぽ。

  • いろいろ買えておすすめ
  • 定番人気

パースの週末マーケットといえばフリーマントル。
毎週たくさんの人で賑わっています。小物、服、お土産物、野菜、はちみつ、チーズやデリ、ドライフルーツやナッツ屋さん。コーヒーに生オレンジジュース。いろーーーんなものがところ狭しと並んでいて、自由に演奏していいピアノはバスキング奏者が奏でていたり、奥のパブでは生演奏をしていたり、まさに活気に満ち溢れた空間!!

マーケットから一歩外に出ると一気に落ち着いた雰囲気になるフリーマントル。古い港町でもあるフリーマントルは、実はインド洋で獲れたまぐろも卸されています。古くから日本の遠洋漁業船の中継ポイントでもあるそうです。
細い道も多く、小さなかわいいお店がちょこちょこと並び、ヨーロッパの田舎町を彷彿とさせる石畳の路地はお散歩しながらウィンドーショッピングだけでもわくわくしてしまいます。
パースシティや、大型ショッピングモールとはまた違った雰囲気のお買い物も楽しめるエリアです。

フリーマントルで人気なのは、やはり西オーストラリアのビール醸造所Little creatureのレストラン。ビールの種類、多すぎて迷ってしまう程!石窯のピザとムール貝のトマト煮がおいしいーー!
Sweet lipsのフィッシュ&チップスは地元でもとっても人気のお店です。(リーダビル、スカボロにも店舗があります。)

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。