1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シェムリアップ(カンボジア)観光地
  5. バンテアイ クディの現地クチコミ
シェムリアップ (カンボジア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(2人)詳細

上智大学アンコール遺跡国際調査団による修復、大発見の場を見たければここ

  • 観光おすすめ
  • 穴場

アンコールトムを造ったアンコール時代最強の王ジャヤヴァルマン7世により
12世紀末に建造された仏教寺院がここ「バンテアイクディ」である。

「僧侶の砦」という意味があり、寺院内には瞑想をする部屋も残っている。
そのため当時、この寺院には多くの僧侶たちがおり、彼らのために造られたのではないか
という説もある。

寺院は小回りコースのエリアに位置し、すぐ近くにはタプローム寺院や
聖なる池スラスランなどがある。

寺院自体はそれほど大きいわけではなく中規模ではあるが、
外周壁のサイズは東西約700メートル、南北500メートルとなっており、
中心部にある寺院に行くには少し歩く必要がある。

寺院内部には数多くのテヴァダーの彫刻が彫られ、東側には石仏が、
そして西側には大きなガジュマルが立ち、その根の大きさと長さには目を見張るものがある。

また、この寺院は、日本の上智大学アンコール遺跡国際調査団により調査が行われており、
2001年には274点の仏像などが発見されたことでも有名である。
(現在それらの多くは「プリアノロドムシハヌークアンコール博物館」に展示されている)

そして、寺院崩壊を防ぐために中央部の祠堂にはロープが巻きつけられているが、
他の遺跡修復チームの修復方法などと比べてみると、チームにより修復方法が大きく異なり、
それぞれのチームの遺跡修復に対する発想、目的などが感じられることで
一つ上の遺跡の見学のしかたとなり面白い。

時間があれば、訪れてみたい遺跡の一つである。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。