1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. シェムリアップ(カンボジア)観光地
  5. トンレサップ湖の現地クチコミ
シェムリアップ (カンボジア) 観光の現地クチコミ
西村 清志郎 (カンボジア観光省 総合旅行業取扱管理者)

カンボジアの人々の命の源トンレサップ。水上生活の家と生活を覗いてみよう!

  • 観光おすすめ

東南アジアで最も大きな湖トンレサップ。
それはカンボジアの中心部に位置しており、シェムリアップやバッタンバン、ポーサットなど
多くの州に隣接し、それぞれの人々の食糧を生み出し、生活の礎となっている。

その大きさは乾季で2700km2であるが水深は1~3メートル程度と浅い。
しかし雨季には1万6000km2まで広がり、深い所では9メートル程度となる。
またその豊富な水量、天然の環境から約300種類の淡水魚がいるとされるが、
漁獲量は年々激減している。

それぞれの州にはいくつか水上生活者の村があり、シェムリアップの場合、
チョンクニア、コンポンプルック、メイチュレイ、コンポンクリアンなどがある。

通常のトンレサップ湖観光では、シェムリアップの町の南に港があるチョンクニアに行くことが多い。
ここでボートに乗り、水上生活者の生活を横目に見ながら、
トンレサップ湖の水平線が見える場所まで行く。
そこで湖の波をゆっくりと体感したあとに、ワニや雷魚を飼育している、水上レストランに行くことになる。
そして、レストランの屋上からトンレサップを眺め、港に戻っていくという流れが一般的である。

ちなみにこのエリアにはクメール系以外にベトナム系の水上生活者が多く、
どことなく中華風な装飾の建物もあり、中には教会や警察署、学校、体育館などもあるが、
それらも全て水に浮かんでいる。

通常、サンライズ時間やサンセット時間は治安の問題上あまりツアーが催行されないが、
どうしても朝日や夕日を水上で見たい人は、安心できる旅行会社に頼んでおいたほうが無難。

また、値段の問題からガイドをつけず個人で行きたいという人も多いが、
高い確率でトラブル(学校に訪問するから文具を買うように言われ、高額の文具代を請求される。
船員のチップだと言って高額のチップを要求されるなど)にあっており、
結局個人で行った方が高くついた、カンボジアを嫌いになったという人も多いことも覚えておこう。

ちなみにアンコール時代には、この湖からベトナムにいたチャンパ族の襲撃を受け、
アンコールトムは一度占領されたこともある。
そんな歴史も想像しながらこの湖のクルーズを満喫してみよう。

  • ジャンル
    滝・河川・湖
  • エリア
    シェムリアップその他
  • 住所
  • アクセス
    シェムリアップ市内中心地から遊覧船乗り場まで車で約20分(乾季は45分)
  • 予算
    ボート代 15~30USドル
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。