1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 武田ちょっこさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

〜失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。〜

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
ケニア旅行、サファリおたくの旅ライターです。
著書: サファリガイドブック↓
『ケニア・タンザニア旅ガイド
まるまるサファリの本ver.2』
サワ企画
『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

ケニア・サファリ旅行を楽しむコツは、「動物の生態や自然環境を知る」こと。10余年にわたるサファリ経験から、サファリに役立つエピソードや旅情報をお届けします!

Facebook ↓
https://www.facebook.com/choco.takeda

カレンダー

2月<2017年3月    
1234
567 891011
12131415161718
19202122232425
2627 28293031

記事一覧

1 - 5件目まで(217件中)

ライオンの足跡
ツァボ国立公園 in ケニア
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:街中・建物・景色 動物 
投稿日:2017/03/27 16:01
コメント(0)
ちょっとマイナーなツァボ国立公園は、遠いとはいえ、アンボセリ国立公園からアクセスすれば、意外と楽チン。ケニア一広大な国立公園で、西と東に分かれています。

まずは、ウエストのほうからご紹介♪


なんと、ゲームドライブ早々チーターを発見!
ツァボ国立公園のチーター
チーターは俊足を活かし、ほんの数十秒で獲物を捕らえるため、木や岩、起伏が少ない開けた草原を好むのですが、藪地が多いツァボでも見られました。
(ウェストはイーストよりかは開けています。)

ツァボのダチョウは青いんですよ! サンブル国立保護区にもいるソマリダチョウです。
ツァボ国立公園のソマリダチョウ
なんか恐竜っぽい。

ツァボの大地は赤土に覆われていて、そのため砂浴びをするゾウが赤く染まっています。
これがツァボ名物のレッドエレッファント。
ツァボのレッドエレファント
夕日を浴びてさらに赤く見える。
乾燥地帯のツァボでは、水が枯れてしまうことが多いので、写真上のような人工池Damが幾つもあります。動物はそこに集中するので、ウジャウジャ見られますよ。
ツァボのダムに集まる動物
ゾウがやってくると、コンゴニ達は水場を譲ります。

赤土の大地を探すと、こんな小さな動物も。
ツァボのコガタマングース
コガタマングース。
アリ塚に直径15センチぐらいの穴が幾つも開いていたら、きっとマングースが巣にしています。

ツァボの雄ライオンはハゲライオン。
頭部のタテガミが薄いんです。
ツァボのライオン雄

夕陽の頃は、あたり一面、赤く染まってきます。
ツァボ国立公園


次回はツァボウエストをご紹介します。

コフラミンゴ
ケニアのフラミンゴ
エリア:
  • アフリカ>ケニア>アンボセリ
テーマ:自然・植物 動物 
投稿日:2017/03/07 12:06
コメント(0)
ナクル湖のフラミンゴはどこに行ってしまったのでしょう?

かつてのフラミンゴ生息地ナクル湖、エレメンテイタ湖、ボゴリア湖はグレートリフトバレーの谷底にあります。
こんな感じ↓
グレートリフトバレー
↑湖を挟む山で大量に木を伐採してしまったため、土壌の保水力が弱まり、雨水が谷底に流れ込んできているのです。
湖水は山を越えない限り海に流れ出ることができないので、湖水はなかなか減りません。
そしてアルカリ性の湖水は薄まってしまい、フラミンゴの主食である藻が育たなくなったのです。

ところでフラミンゴがピンク色なのは、この藻に含まれる色素スピルリナのおかげ。
湖水がピンク色に染まっているところもあります。
スピルリナの色
↑これはアンボセリ国立公園のアボセット湖の湖畔。

そんなわけでフラミンゴの一部はアンボセリ国立公園にやってきています。
繁殖のシーズンである10月頃はタンザニアのナトロン湖に集まっていますが、ヒナが育ち無事飛び立てるようになると、アンボセリにやってきているようです。
GWにはたどり着いているんじゃないかな。夏休みなら確実だと思いますよ。

ケニアのマサイキリン
ケニアのお土産、最新情報
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:買物・土産 
投稿日:2017/02/08 16:37
コメント(0)
ケニアのお土産というと、木彫りやバティックなど土臭いものが多かったのですが、最近は「おしゃれ」「かわいい」って感じのものも増えてきました♪

ケニアのお土産 あみぐるみ
あみぐるみ。女性支援のプロジェクトとして、ママ達が手編みで作っています。ラベルに作り手のサイン付き。
自由が丘の雑貨屋さんにも置いていましたよ。25センチくらいのサイズが1000円ちょっと。


ケニアのお土産 ホーローカップ
ホーローのカップ。カバさんがブサカワで気に入ってます。足もかわいい♪
空港で衝動買いしたので、ちょっと高かった。15ドルくらいだったかな。


ケニアのお土産 グラス
こちらはちょっとした芸術作品。セール品でひとつ300円。通常もう少し高いと思うけれど、ひとつひとつ丁寧にルーターで彫られて、これはすごい!と即買いです。作り手によって、作品の出来栄えはまちまち。じーっくり選びましょう!
ワイングラスやショットグラスもありました。


ケニアのお土産 アカシア蜂蜜
アカシアの蜂蜜はスーパーで見つけました。バラマキ用に便利な100グラムサイズ。ケニアの北部は蜂蜜の山地なのです。北部を旅行する人は少ないので、いまひとつ知られていないのですが、おいしいですよ。

ナイバシャ湖
超かんたん。逆光写真の補正の仕方
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:その他 
投稿日:2016/12/14 12:29
コメント(0)
カメラをプログラムやオートに設定して撮っていると、なんだか動物が暗-く写っちゃうときがあります。
写真の主役は動物なのにっ ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

なぜかというとこれは、「アフリカって陽射しが無茶苦茶強いから!!」なのです。
太陽が明る過ぎて、逆光じゃないのにどうぶつが影のように暗くなっちゃう。

こんな感じ↓
逆光のサイチョウ
特に鳥のように小さな動物だと、バックの明るい部分を占める割合が大きくなるので、カメラは「被写体は明るいぞ」と認識してしまい、取り込む光を抑えてしまうのです。結果、肝心の鳥さんが暗い。


こんなとき、ワンタッチで補正する方法があります。
これ↓
露出補正ボタン
AV +/- のボタン。
これを+にすると、画面が明るくなりますよ。


ほらっ!
逆光補正1
まだちょっと暗いかなー。

さらに+。
逆光補正2

カメラに慣れていれば、絞りやシャッター速度で調節するのが良いのでしょうが、モタモタしていると動物が逃げちゃう ( ̄■ ̄;


朝陽で逆光だー↓ ペリカンが暗いって時も……
ナイバシャ湖ボートサファリ


こんなときは、逆にマイナスにするとかっこいい↓
ナイバシャ湖ペリカン
マイナスにすると、暗く写ります。


シルエット写真の撮り方は、スポット測光も使えますよ。

カバ
ケニア旅行の持ち物
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:旅行準備 
投稿日:2016/12/05 17:41
コメント(0)
ケニア旅行に持っていってはダメなものです!

ケニアを旅行してきた方のブログを読んでいると、
「マラリア対策として蚊除けスプレーを持っていった」
として、高圧ガススプレーが紹介されているケースが意外とあるのですが、
ガススプレーは危険なので飛行機には持ち込めませんよ!!
注意してください。

蚊除けスプレー
↑可燃性、高圧ガス、LPG などの注意書きがあるものは持ち込み禁止です。

万が一を考えると、マラリアを患うより危ないことです!
「バレなければ大丈夫でしょ」
なんて軽い気持ちで荷物に入れないでくださいね。


<マラリア予防の基礎知識>
マラリアはハマダラ蚊が媒介する病気で、ハマダラ蚊は夜間に刺します。
なので、夜寝ている間に刺されるかも……ですね。
ロッジのベッドには蚊帳が設置されているので、到着したらおろしておくといいです。
蚊取り線香または電池式の蚊取りをつけておきましょう。
(乾季はカラカラなので火の元に注意)
日が暮れると寒くなり長袖を羽織るし、露出している肌は少しなのであまり刺されないと思いますが、気になるなら首や手などに蚊よけジェルなど塗っておくといいと思います。
「ぷちゅっ」と出る、ガスを使っていないスプレーなら飛行機持込もOKです。

予防薬がありますが、1週間程度のサファリなら服用する人は少ないようです。購入は検疫所でお医者さんの話を聞き、自己責任で服用の有無を判断し、処方してもらいます。

マラリアにかかることを、アフリカ好きの間では「アフリカの洗礼を受けた」というのですが、私はいまだ洗礼を受けていないのです。
オカバンゴ大湿原で薬も飲まずにキャンプして、刺されまくったんだけどな……。

とにかく極力刺されないようにしましょう。
でも、蚊除けガススプレーはダメですよ。

1 - 5件目まで(217件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
香港(3)
アフリカ
ケニア(204)
タンザニア(7)
北米
カナダ(3)