1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 武田ちょっこさんのブログ

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

〜失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。〜

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
ケニア旅行、サファリおたくの旅ライターです。
著書: サファリガイドブック↓
『ケニア・タンザニア旅ガイド
まるまるサファリの本ver.2』
サワ企画
『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

ケニア・サファリ旅行を楽しむコツは、「動物の生態や自然環境を知る」こと。10余年にわたるサファリ経験から、サファリに役立つエピソードや旅情報をお届けします!

Facebook ↓
https://www.facebook.com/choco.takeda

カレンダー

7月<2016年8月    
123 456
78910111213
14 151617181920
21222324252627
28293031

記事一覧

1 - 5件目まで(205件中)

ライオンの子供
海外旅行、パックツアー中のトラブルの対処
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:その他 
投稿日:2016/08/14 11:07
コメント(0)
前回も書いたように、大自然を回るケニア旅行ではちょっとしたトラブルはつきもの。
ぬかるんだ道路で車がスタックしたり、ガタガタ道でタイヤがパンクしたり……。
ケニア旅行の体験談として笑い話で終わるならそれも楽しいけれど、それが原因で飛行機に乗り遅れそう等、ツアーに支障がでた場合は、即、その場で旅行会社に連絡するのが鉄則です!

海外でトラブったとき、「帰国したら旅行会社に文句を言ってやろう」 なんて思っていても、帰国してからの報告では、ほぼ補償されないのです。
旅行会社側にすれば、
「すぐにご連絡くだされば、代わりの車を手配できたのですが……」など、対処できたかもしれないのだから。

スタック
(↑マサイマラNRでスタック。仲間のサファリカーが助けに来てくれる。自然が原因なので保障対象外)

何らかの事情でツアー内容が変わってしまったなどのケースも、すぐにその場で申し出ないと、同じです。
※天候不順等による変更等、保障が適用されないケースもわりと多いです。

旅行約款にも、「旅行地において速やかに申し出て……等々」と書かれています。文句を言うべきトラブルは、帰国してからでは遅いんです。

ケニア旅行は大自然を巡る旅なので、様々なハプニングは旅の楽しみのひとつと考えていただきたいのですが、トラブルの原因が旅行会社の不備によるものだったら、すぐその場で連絡しないと対処してもらえませんよ。
携帯はドライバーさんにお願いすれば貸してくれます。(前回をご参照に)


海外旅行保険を請求する場合も、トラブった時はすぐに電話したほうが懸命だと思います。ケースによっては保険がおりない事もあるので、その確認も含めて連絡すれば、現地で用意しておくべき必要書類などを教えてもらえます。

私は幸い保険請求が必要なトラブルに巻き込まれたことがないので、実体験からは語れないのですが、盗難なら現地警察の証明書が必要だし、怪我等の場合は保険会社に連絡すればキャッシュレスで治療してくれる病院を紹介してくれる等のサービスがあるので、一応すぐに保険会社に連絡をするのが懸命です。

キリンの子供
家族でケニア旅行を計画するなら今!ですよ
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:観光地 旅行準備 
投稿日:2016/08/06 09:06
コメント(2)
テロ事件やエボラ出血熱の噂(ケニアで患者は出ていません!)の影響で、ケニアを訪れる観光客が減ってしまったことから、ケニア政府は今、観光業に力を入れています。
そこで今年、国立公園の入場料が少し値下げされたんですよ。
(このところ毎年値上げされていた)


ライオンの子供
(遊びに来てねー♪)

アンボセリNPやナクル湖は80ドルだったのが今なら70ドル。アバデアNPは60ドル。その他の主要な国立公園も10ドル値下げされています。
旅行会社のパックツアーだとツアー料金の内訳まで分からないのでピンとこないかもしれませんが、現地のサファリ会社を利用してキャンピング・サファリをするのなら、「入場料が値下げされているんでしょ」と言って値切りましょう!

それから、16歳以下の子供はビザが無料(通常50ドル)。
子供連れで旅行される方は朗報ですね。


キリンの子供
(キリンの子供)

値下げはいつまで続くかは未定なので、最新の情報を入手してください。
国立公園の入場料はケニア政府のKenya wildlife service のサイトで確認できます。
(KWS tarrifs のpdfを開いてください。観光客ならnon-residentの料金です)


今年(2016年)5月後半から1ヶ月、ケニアとタンザニアを回ってきましたが、観光客の数はぼちぼち回復しているように見えました。日本人は20代から60代まで、やや女性が多かったです。
観光客はマサイマラNRに集中していて、ライオンやヒョウが現れると大渋滞。特に今はまさにヌーの大移動の季節なので、夏休みは観光客がかなり多いと思います。

マサイマラの渋滞
(↑大渋滞。マサイマラでチーター登場)

一方サンブルNRなどマイナーな所は比較的空いていて、ヒョウが現れても大渋滞にはなりませんでした。
とはいえ車は常に10台程度は集まっていて、それが流れている感じです。


もうすぐお盆休み。東アフリカは涼しくて気持ち良いですよー!

キリンの子供
スタック、パンク、大渋滞!飛行機に乗り遅れないように。
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:その他 
投稿日:2016/08/03 14:51
コメント(3)
国際空港へは離陸時間の2〜3時間前には到着しているように。
---------ということは分かっていても、不可抗力な理由で遅れてしまうこともありますよね。

ケニアは自然を残した未舗装道路が多いので、スタック、タイヤがパンクなど車のトラブルはもちろん、ナイロビの大渋滞など、想像もしない理由で空港到着が遅れることがあります。
特に帰国前日がナイロビ泊ではなく、マサイマラNR等から直接空港へ向かう場合、時間に充分余裕を持って出発しましょう!

ナイロビの渋滞
(↑ナイロビの大渋滞)

【万が一、遅れそうになったら】
パックツアーの場合は、とにかく早めに旅行会社に連絡すること。
電話はドライバーさんに事情を説明すれば、携帯を貸してくれます(チップを忘れずに)。ナイロビにオフィスがない会社なら日本のオフィスへ。国際電話の通話料はそんなに高くありません。通話料も含めて、ちょっと多めにお礼しましょう。
個人旅行の場合は、航空会社へ連絡します。

ツアー、個人旅行、いずれの場合でも、どのくらい遅れそうか、また遅れる理由等によって対処が違いますが、とにかくギリギリになる前に、早めに連絡するのが一番です。

マーケットの通り
(↑青空マーケットが並ぶ細い道路。まったく動けない)

【ウェブチェックイン(オンラインチェックイン)をしておく】
空港のチェックインカウンターは、通常離陸時間の1時間前にはクローズしてしまいます。航空会社によっては90分前等もあり)。
これを過ぎると搭乗手続きができず乗れなくなってしまいますが、前もってネットでチェックイン手続きをしておくと、ぎりぎり30分前(航空会社によっては45分等もあり)まで大丈夫なので安心です。

ただ、空港へ向かう移動中にウェブチェックインをしようとしてもネットが繋がらないので、必ず国立公園のロッジで手続きしておきましょう。

道路を横切るシマウマ
(↑シマウマが横切る車道。こんなところでネットは無理)

ガゼルイラスト
現地発着サファリツアーの情報収集
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:旅行準備 
投稿日:2016/07/19 14:51
コメント(0)
ネットの普及で最近は、サファリ会社を探すための情報も増えていますよね。
特に“クチコミ”や旅行者のブログは、会社のHPを見るより正直な意見が書かれているので参考にする方も多いと思います。
でも鵜呑み注意。「サクラ」もいると思います。

と、念を押したうえで……、
トリップアドバイザーを利用される方は多いかと思いますが、
それに加えて、要チェック!
実は、アフリカのサファリ限定の“クチコミ“サイトがあるのです。

Safari Booking です。

ツァボのチーター
(↑道路沿いにチーターがいたのに、ドライバーさんがスルー。冗談かと思った。サファリ会社のクチコミは、ドライバーさんの評判に注目)

Safari Bookingでは ケニアにとどまらず、タンザニアやウガンダ、ボツワナ、ジンバブエ、南アフリカなど、アフリカ中のサファリ会社の口コミを見ることができます。
このサイトの良いところは、値段が記されていること!
サファリ会社のHPを見ても、値段が書かれていないんですよね。
書かない理由のひとつは、ハイシーズンかオフシーズンかで値段に差があるためですが、でも、人の足元を見てから値段を決める会社も少なくありません。



サファリカーの故障
(↑車が故障。きちんと車のメンテナンスをしているかは重要だけれど、不慮の故障や事故は仕方が無い)

私もいままで数々のサファリ会社でサファリしてきましたが、中にはサファリ料金をぼる、サボってばかりのドライバー、貧相な食事など、トホホな会社もありました。
ガイドブックには、私自身が実際に利用し(取材とは言わずに)、「良い」と思ったところのみオフィスを訪ねて取材させてもらい、載せています。でも、「良い」の基準は人それぞれ違うということ、サファリではスタック、車の故障、時には事故などが100%無いとは言い切れないことは、ご了承くださいね。

現地サファリツアー申し込みの際の注意点

メスライオン
ツァボのライオンの頭部が残念
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:動物 
投稿日:2016/07/17 15:34
コメント(0)
“ツァボ国立公園のライオン“と言えば、サファリ好きの方ならすぐに、”人喰いライオン“を連想することでしょう。

1800年代、ナイロビからモンバサをつなぐ鉄道工事が行われていたとき、2頭の雄ライオンが工事作業員を食い殺すという事件が起きたのです。


ツァボリバー
(↑ここがその現場。この橋の建設時に事件が起きたそうです。手前が当時に建てられた橋で、奥が建設中の新しい橋)

味を占めたライオンは次々と人間を襲い、120人以上の犠牲者が出たそうです。
2頭は当時、ゴーストとダークネスと名付けられ、作業員達を怯えさせていたそうです。『ゴースト&ダークネス』というタイトルで映画化。

サバンナの王者にして、しかも人喰いという恐ろしいライオン。
ツァボに行ったら、ぜひぜひ見たい。だってもしかしたら、ゴーストとダークネスの子孫かも。


そしてーーーーー、いました!ライオン。
ツァボのライオンの群れ
(↑めっけ♪)

でもメスばかり。ツァボ・イーストでようやく見つけたライオンの群れには、そのときメスしかいませんでした。残念。


帰国後、サンブルNRなどを一緒に回ったSさん夫妻に会ったとき、ツァボのライオンの話になりました。
S:「ツァボのライオンって、たてがみが凄く短いんだってね。見られた?」
私:「残念ながら、メスしかいなかったー」
そうそう、ツァボのオスライオンのたてがみは、他のエリアのライオンに比べて、短いのだそうです。
その理由は、ツァボは気温が高くて暑いからだとか、ヤブ地が多いのでたてがみがじゃまになるから、などと説明されています。


家に帰ってもう一度ツァボの写真をじっくり見返してみました。もしかしたら………
あーー!!
短いけれど、たてがみっぽい!
ツァボのライオン雄
(↑左のほう。これたてがみ?)

しょぼい。前頭部ハゲ。チョンマゲ下ろしたお侍。

人々を怯えさせたツァボの人喰いライオン。
怖くねーーー。

ちなみにゴーストとダークネスは、シカゴのフィールドミュージアムに行くと、その剥製が見られます。

1 - 5件目まで(205件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
香港(3)
アフリカ
ケニア(192)
タンザニア(7)
北米
カナダ(3)