1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 武田ちょっこさんのブログ

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

〜失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。〜

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
ケニア旅行、サファリおたくの旅ライターです。
著書: サファリガイドブック↓
『ケニア・タンザニア旅ガイド
まるまるサファリの本ver.2』
サワ企画
『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

ケニア・サファリ旅行を楽しむコツは、「動物の生態や自然環境を知る」こと。10余年にわたるサファリ経験から、サファリに役立つエピソードや旅情報をお届けします!

Facebook ↓
https://www.facebook.com/choco.takeda

カレンダー

12月<2017年1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

記事一覧

1 - 5件目まで(214件中)

ナイバシャ湖
超かんたん。逆光写真の補正の仕方
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:その他 
投稿日:2016/12/14 12:29
コメント(0)
カメラをプログラムやオートに設定して撮っていると、なんだか動物が暗-く写っちゃうときがあります。
写真の主役は動物なのにっ ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

なぜかというとこれは、「アフリカって陽射しが無茶苦茶強いから!!」なのです。
太陽が明る過ぎて、逆光じゃないのにどうぶつが影のように暗くなっちゃう。

こんな感じ↓
逆光のサイチョウ
特に鳥のように小さな動物だと、バックの明るい部分を占める割合が大きくなるので、カメラは「被写体は明るいぞ」と認識してしまい、取り込む光を抑えてしまうのです。結果、肝心の鳥さんが暗い。


こんなとき、ワンタッチで補正する方法があります。
これ↓
露出補正ボタン
AV +/- のボタン。
これを+にすると、画面が明るくなりますよ。


ほらっ!
逆光補正1
まだちょっと暗いかなー。

さらに+。
逆光補正2

カメラに慣れていれば、絞りやシャッター速度で調節するのが良いのでしょうが、モタモタしていると動物が逃げちゃう ( ̄■ ̄;


朝陽で逆光だー↓ ペリカンが暗いって時も……
ナイバシャ湖ボートサファリ


こんなときは、逆にマイナスにするとかっこいい↓
ナイバシャ湖ペリカン
マイナスにすると、暗く写ります。


シルエット写真の撮り方は、スポット測光も使えますよ。

カバ
ケニア旅行の持ち物
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:旅行準備 
投稿日:2016/12/05 17:41
コメント(0)
ケニア旅行に持っていってはダメなものです!

ケニアを旅行してきた方のブログを読んでいると、
「マラリア対策として蚊除けスプレーを持っていった」
として、高圧ガススプレーが紹介されているケースが意外とあるのですが、
ガススプレーは危険なので飛行機には持ち込めませんよ!!
注意してください。

蚊除けスプレー
↑可燃性、高圧ガス、LPG などの注意書きがあるものは持ち込み禁止です。

万が一を考えると、マラリアを患うより危ないことです!
「バレなければ大丈夫でしょ」
なんて軽い気持ちで荷物に入れないでくださいね。


<マラリア予防の基礎知識>
マラリアはハマダラ蚊が媒介する病気で、ハマダラ蚊は夜間に刺します。
なので、夜寝ている間に刺されるかも……ですね。
ロッジのベッドには蚊帳が設置されているので、到着したらおろしておくといいです。
蚊取り線香または電池式の蚊取りをつけておきましょう。
(乾季はカラカラなので火の元に注意)
日が暮れると寒くなり長袖を羽織るし、露出している肌は少しなのであまり刺されないと思いますが、気になるなら首や手などに蚊よけジェルなど塗っておくといいと思います。
「ぷちゅっ」と出る、ガスを使っていないスプレーなら飛行機持込もOKです。

予防薬がありますが、1週間程度のサファリなら服用する人は少ないようです。購入は検疫所でお医者さんの話を聞き、自己責任で服用の有無を判断し、処方してもらいます。

マラリアにかかることを、アフリカ好きの間では「アフリカの洗礼を受けた」というのですが、私はいまだ洗礼を受けていないのです。
オカバンゴ大湿原で薬も飲まずにキャンプして、刺されまくったんだけどな……。

とにかく極力刺されないようにしましょう。
でも、蚊除けガススプレーはダメですよ。

マサイマラの日の出
サファリマニアさんからの質問
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:動物 
投稿日:2016/11/30 17:54
コメント(0)
ものすごーーくマニアックな質問をいただきました。
キルク・ディクディクとギュインター・ディクディクってどう違うの?

オタクっぽくて嬉しいですね〜♪

ディクディクとは、 小さい小さい、↓このコです。
ディクディク01
(サンブルNRで撮影)

草ではなく葉っぱを好んで食べるため、木々が少ない開けた草原では見られません。
藪地や森に棲んでいます。

マサイマラNRやナクル湖NP、アンボセリNPなど、通常のサファリで見られるのは、キルク・ディクディクですよ。

このコ達↓
ディクディク親子
(タンザニア、マニヤラ湖で撮影)


ギュインター・ディクディクというのはケニアの北と東、つまりボゴリア湖やツァボNPなど、通常のツアーではあまり行かないところで見られます。
↓これがギュインター。ボゴリア湖畔で撮影。
ギュインターディクディク

ギュインターはキルクに比べて吻(鼻先)が長く、上の写真を見てのとおり、下あごにかぶさるぐらい伸びているので、正面からだと鼻が見えにくいです。

キルクは正面からでも鼻が見えます↓ (サンブルNRで撮影)
キルクディクディク

ツァボウエストNPで撮ったものはコレ↓ やっぱり鼻先は長くない。
ツァボのディクディク

もしディクディクをマサイマラ、ナクル湖、アンボセリで見たのならほぼキルクです。

↓ナクル湖のディクディク。吻が長くないキルクです。
ナクル湖のディクディク

アンボセリNPのディクディク↓ これもキルク。
アンボセリのディクディク

↓マサイマラNR(ナロック郡側) キルクですね。
マサイマラのディクデョク

ギュインター・ディクディクは、ケニアやタンザニアの私達がよく行く国立公園では滅多に見られないみたいですね。私の写真を古いものから探して見たのですが、あきらかにギュインターなのは、ボゴリア湖で見たものだけでした。

ヒョウ
ケニア旅行で忘れてはならないもの!!
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:旅行準備 
投稿日:2016/11/28 10:38
コメント(0)
前回、ケニアに行ったとき、「あ、しまったーー」と思ったことがありました。

私自身、「これ、気をつけておいたほうがいいな」と思い、自分のガイドブックに注意書きまでしていたにもかかわらず、つい忘れちゃって、何度も「あ、しまったー」

私のガイドブックの10ページ、太字で書いています!
「(両替のさい)チップに必要な50シリング札など、細かいお金を多めに混ぜてもらうといい

しまったーー。キャンピングサファリだとポーターさんがいないので、チップは必要ないので、つい…… (焦)
ロッジに泊まる場合は、なにかとチップが必要になってきます。

荷物を運んでもらったetc.は、だいたい50シリング+αでいいと思います。荷物が多かったら、その分心づけで……。
(1シリングは1.1円ぐらい)

サファリ中にお財布を出すのはお土産かビールぐらいないので、なかなか細かいお金ができないんです。
クレスト
(↑「マラリアに効くキニーネが入っている」と言われているソーダ。効くほど入っていませんよ! 町で飲むと70シリング。ホテルだと200シリングぐらい)


町にも寄らないし、細かいお金ができない。ロッジに到着するたびに、わーーどうしよう!
「自分で運びます、自分で運びます(゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜)」って困ってしまった。

両替のとき、50シリング札を多めにもらっておくと助かりますよ!!



サファリに役立つ情報は、ガイドブックのあちこちにびっしり詰め込んでいます。しっかり読むと相当細かいです!!
「あ、しまったー」がない充実したサファリをお楽しみくださーーい
(*´꒳`*)


ケニア旅行の持ち物
ケニア旅行の持ち物「これがあるといい1」
ケニア旅行の荷物「これがあるといい2」
持っていってはダメなもの
ケニア旅行の持ち物「予備のカメラバッテリー」
ケニア旅行の持ち物「持っていって欲しくないもの」
ケニアの荷物 スーツケースについて
ケニア旅行の持ち物 機内持込バッグ
ケニア旅行の持ち物 受託荷物
ケニア旅行のカメラ
ケニアで米ドルは使えるの?

ゾウの群れの水浴び
遠いけど行って損なし!サンブル国立保護区
エリア:
  • アフリカ>ケニア>サンブール
テーマ:観光地 動物 
投稿日:2016/11/08 13:09
コメント(3)
先日、「年末年始はアンボセリがお勧め!」と書いたばかりですが、サンブル国立公園もお勧めです!

ナイロビからちょっと遠いので足を伸ばす人は少ないのですが、5月に行ったときは国際空港着陸後、ナイロビには寄らず、そのまま行ける所まで行ってしまえ!というコースで、ケニア到着の日はナニュキ泊。

ナニュキから見たケニア山
(↑ケニアの最高峰ケニア山が見える町。ナニュキ泊)

翌朝、朝食後にサンブルに向かい、お昼前に国立公園ゲートに到着。ゲームドライブをしながらロッジに向かっても、余裕でランチに間に合います。

サンブル人の家
(↑サンブル人が住む伝統的な家が増えてきたらサンブル国立公園はもうすぐそこ!)


オリックス
(↑ゲートを抜けるとオリックスがお出迎え)

日本を夜出発するとケニアには午後到着するので、ナイロビ泊となるツアーが多いのですが、時間が許す限り北上してしまえばサンブルはすぐそこ!

サンブルNRは、ヒョウの目撃率が高いことで人気の国立保護区です。

ほら!!
サンブルのヒョウ
閉園前の暗い時間でした。

で、翌朝再び!
サンブルのヒョウ2

ヒョウばかりじゃありませんよ!
公園を横切るエワソニエロ川には、毎日アフリカゾウが水浴びにやってきます。

ゾウの群れの水浴び

もちろん、川沿いに下りて接近できます。
サンブルのゾウ

「ぱおーーん!」とゾウが大騒ぎで走ってきた。どうしたんだろう?

興奮したアフリカゾウの大群

他にも立ち上がって葉っぱを食べるゲレヌクちゃん。
ゲレヌク

アミメキリンはマサイマラにはいません!(マサイマラにいるのはマサイキリン)
アミメキリン

フサホロホロチョウもいます。(マサイマラなどでよく見るホロホロチョウと違うんですよ)
フサホロホロチョウ

コシジロウタオオタカに会える確率も比較的高いようです。
コシジロウタオオタカ

運次第ですが、ライオンやチーターも生息しているので、会えるかも。
あ、それから夜になるとロッジにジャネットが現れますよ。



サンブルNRはちょっと遠いけれど、行く価値あり!ですよ。
今回はマサイマラNRよりずーーっと充実していました。
しかもお客さんが少ないから、ヒョウがいても大渋滞なし♪

1 - 5件目まで(214件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
香港(3)
アフリカ
ケニア(201)
タンザニア(7)
北米
カナダ(3)