1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 青岩秋子さんのブログ

特派員ブログ


  国内エリア: 東北 > 岩手 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

〜〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜〜

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!

プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー

1月<2016年02月>3月
12345 6
789101112 13
141516171819 20
212223242526 27
2829

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

タイトル
岩手県『復興ポスター展』と『NHK恋の三陸』ドラマ始まります!
エリア:
  • 東北>岩手>大船渡・陸前高田
テーマ:お祭り・イベント 鑑賞・観戦 
投稿日:2016/02/26 09:16
コメント(0)
青岩秋子です☆
今週のきた東北は、冬まつりも終わり、ちょっと一休み。
雪は少なめですが、まだまだ冬体験を満喫できますよ〜〜!!
v(。・ω・。)ィェィ♪

現在、北東北三県大阪合同事務所では、『岩手県復興ポスター展』を開催しています。

復興ポスター展1

平成28年3月で東日本大震災津波から5年を迎えるにあたり、震災の記憶の風化を防ぎたい、
また、復興の取り組みを多くの方に知っていただきたいという思いで実施しています。
ポスターは、本格復興に向けてひたむきに取り組む人々を紹介する『いわて復興人(ふっこうにん)』やこれまでに制作された復興関連のものです。

復興ポスター展2

開催期間は3月17日(木)までです。

開催期間中に事務所にお越し頂き「トラベルコちゃんを見ました!」と伝えて頂いた方全員に、復興支援のささやかなお礼として、ノベルティを差し上げております。
岩手の名物「わんこそば」をモチーフにした『わんこきょうだい』のクリアファイルとシールです。

ノベルティ

さらに、ノベルティのプレゼント対象者のうち先着10名様には「さんりくしおかぜLEDライト」をプレゼント!!
岩手県の復興の象徴にもなった「三陸鉄道」の車輌の形をしたストラップ型のミニライトです。

事務所は梅田の大阪駅前第一ビルの9階にありますよ。
お気軽に事務所にお越しください。
゜+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜

そして、震災から5年の節目を迎える被災地を舞台にした連続ドラマが放映されます。
NHK 特集ドラマ『恋の三陸 列車コンで行こう!』

ドラマポスター
<恋の三陸 列車コンで行こう! ポスター>

ドラマの舞台は岩手県大船渡市。恋に!仕事に!力強く生き抜く人々たちの姿を、ハートフルに、ロマンチックに、そして、ちょっとコミカルに描く、三陸の新たな魅力満載のドラマです。
主演は朝ドラ「ゲゲゲの女房」でも主演を務めた松下奈緒さん
岩手県陸前高田市出身で、岩手県PR特使の村上弘明さんも出演します。
ワクワク♪o(・ω・o)(o・ω・)oワクワク♪

放送予定 平成28年2月27日放送スタート
<総合>毎週土曜日 午後10時〜(全3回)

第1回 「再会」 2月27日(土) 午後10時〜
第2回 「告白」 3月5日(土) 午後10時〜
第3回 「旅立ち」 3月12日(土) 午後10時15分〜

再放送(予定)
第1回 「再会」 3月5日(土) 深夜0時10分〜
第2回 「告白」 3月12日(土) 深夜0時10分〜
第3回 「旅立ち」 3月19日(土) 深夜0時10分〜



↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
いわてとあなたが、つながるページ
http://www.iwatekara.jp/index.html
岩手県観光ポータルサイト「いわて旅」
http://www.iwatetabi.jp/
NHK 特集ドラマ「恋の三陸 列車コンで行こう!」
http://www.nhk.or.jp/dsp/sanriku/
タグ:
復興 東日本大震災 津波 NHKドラマ 三陸 

ストーブ列車お弁当
こちらも大人気!津軽鉄道ストーブ列車と地吹雪体験
エリア:
  • 東北>青森>五所川原・津軽半島
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 
投稿日:2016/02/19 10:36
コメント(0)
青岩秋子です♪
前回に続き、ローカル列車の旅をお届け☆

今回は、青森県の津軽地方を走る人気の『ストーブ列車』です!( ^ω^ )

ストーブ列車外観

津軽鉄道は、津軽半島の五所川原市(ごしょがわらし)と中泊町(なかどまりまち)を結ぶ、日本最北端のローカル鉄道。
岩木山を背に、田んぼの真ん中をオレンジ色の車両が走る風景が素朴で愛らしく、多くの鉄道ファンに人気です!
そして、津軽平野が一面に雪で真っ白になる冬に登場するのが、『ストーブ列車』
12/1から翌年3/31まで、日中の3往復のみ運行されます。(12月と1〜3月はスケジュールが異なります。)

昭和20年代に製造された、備え付きのダルマストーブがある旧型客車が使用されていて、石炭の燃える香りが車内に広がります。

だるまストーブ

あったかそう〜♪

そして、もう一つのお楽しみは・・・スルメと地酒!!

ストーブ列車車内販売

雪景色を見ながらの一杯はサイコー♪(≧▽≦)
もちろん、自分で持ち込んでもよいのですが、車内で販売されるオリジナル「中泊町産・日本海のするめ」を購入して、乗務しているアテンダントさんに炙ってもらうのがいいですよ〜
ほっこりしあわせ♪

そして、太宰治の故郷・五所川原金木地区にある金木(かなぎ)駅から、地吹雪体験へGO!
地吹雪(じふぶき)とは、雪が地面から吹き付けるように降る、津軽特有の自然現象。
。゜゜。(⊃´Д`⊂)。゜゜。

足にはかんじき、もんぺ、角巻き(かくまき)という防寒用ショールの北国3点セットを身に着けていざっっ

地吹雪体験1

日によっては地吹雪が吹かないこともありますが、体験では思いっきり吹かれてみるのもいいですね!╭( ・ㅂ・)و


詳しくはこちら↓↓↓

「津軽鉄道」
http://tsutetsu.com/stove.html
「雪国地吹雪体験」
http://www.aptinet.jp/Detail_display_00004065.html
タグ:
津軽鉄道 ストーブ列車 ダルマストーブ 地吹雪 ローカル列車 

タイトル
大人気!三陸鉄道こたつ列車と山田のかき小屋
エリア:
  • 東北>岩手>宮古・浄土ケ浜
  • 東北>岩手>久慈
テーマ:お祭り・イベント 鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2016/02/12 10:49
コメント(0)
青岩秋子です☆
今週のきた東北は、冬まつりが目白押しの一週間!!
行けなかった〜〜というみなさんに、今からでも間に合う、岩手県三陸エリアのローカル列車とかき小屋をご紹介します。☆ミ(o*・ω・)ノイッテキマ-ス!!

三陸の冬の風物詩!『三陸鉄道のこたつ列車』は、3月27日までの土日祝に運行される、三陸鉄道のイベント列車です。

三陸鉄道チラシ

列車の座席にこたつが置かれた車内では、半纏(はんてん)を着てこたつでほっこり☆

こたつ列車内

ウニや海産物を使ったお弁当をほおばりながら、三陸の景色を楽しめますよ〜
☆ウキ(p。・∀・q)(p・∀・。q)ウキ☆

久慈駅から宮古駅に向かってみます〜!!

うに弁当

久慈駅内の「リアス亭」で販売される「うに弁当」は、「あまちゃん」にも登場したおなじみのお弁当ですよね〜。

車内イベントとして「なもみ」(岩手県北沿岸の小正月行事・秋田の なまはげと同様の風習)が、途中の区間で登場し、あっという間の100分間です。

なもみ

宮古駅からは路線バスの旅〜。(現在鉄道は復旧していません。岩手県北バスを利用します)

『道の駅やまだ』で下車し、看板メニューの「わかめ」を使用したご当地ソフトを頂きます。
安心して下さい!「わかめ」と言っても、粉末状にしたものを混ぜて作っているそうで、味はヨーグルトとバニラと磯の風味の絶妙なコラボレーションです(笑)

ここから、『三陸山田かき小屋』までは歩いて15分。

山田かき小屋

『三陸山田かき小屋』では、波静かな山田湾でじっくり育てたおいしいカキの蒸し焼きを、10月末から5月中旬(予定)まで制限時間40分間で楽しめます。
濃厚な潮の風味と、ぷっくりと大きな身が特徴の山田のカキは、ミルキーな舌触りも魅力です。
お腹いっぱい、たっぷり頂きま〜〜す。ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャ

こたつ列車(指定席)とかき小屋は予約制ですので、予約してからお出かけくださいね。


↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
「三陸鉄道」
http://www.sanrikutetsudou.com/
「道の駅やまだ」
http://www.yamada-michinoeki.jp/index.html
「山田町かき小屋」
http://yamada-kankou.jp/info/kakigoya_season.html

タグ:
三陸鉄道 こたつ列車 道の駅やまだ あまちゃん かき小屋 

八戸酒蔵
八戸ぶらり散策♪
エリア:
  • 東北>青森>八戸
テーマ:クルーズ グルメ 温泉・露天風呂 
投稿日:2016/02/05 10:21
コメント(0)
青岩秋子です♪

先日、青森県八戸(はちのへ)市へ行って「ここでしか味わうことのできない食文化」「風情」を堪能してきましたよ〜(*´∀`)

市内の参加ホテルに宿泊のお客様を対象にした魅力的な乗合タクシーツアーをおこなっていると聞いたので、前日に八戸入りです。

その乗合タクシーの名は「あさぐる」!!!
前日22時までに宿泊ホテルへ申し込めば、翌日タクシーがホテルまでお迎え。
ホテル→朝市→銭湯→ホテルまでの送迎と銭湯入浴券がセットになったお得な乗合タクシーなんですよ〜((┘゜∀゜)┘ヤッター☆

ちょっと早起きして、宿泊ホテルを6時に出発!
向かうは八戸名物『陸奥湊(むつみなと)駅前朝市』です♪

港町・八戸の活気あふれる朝市で、人情味あふれるパワフルな「イサバのカッチャ」(方言で港で働くお母さん達)とお話しながら、新鮮な魚介や地元ならではの作りたてのお惣菜を好きなだけチョイス♪
自分だけのオリジナル朝食の出来上がりです!
八戸朝市

駅前朝市
あー美味しかった!!(*´艸`*)

お腹いっぱいになったところで、タクシーに乗って移動。朝風呂です☆
八戸には漁師の街らしく早朝から営業している銭湯がいくつもあって、その中から1軒案内してくれるんですよ〜(銭湯の指定はできません)
朝から銭湯パンフ
もちろんお湯も良質♪
さっぱり、気持ち良かった〜〜(*≧ω≦)
八戸の朝の空気を胸いっぱいに吸い込んで、元気な1日がスタートできますね☆


乗り合いタクシーで一旦ホテルに戻り、チェックアウトをした後に向かったのは・・・
JR陸奥湊(むつみなと)駅から徒歩10分ほどの所にある、日本酒大好きな私にピッタリ(笑)な「八戸酒造」

陸奥八仙・陸奥男山・陸奥田心の蔵元である「八戸酒造」では試飲も可能な蔵見学ができるんです!

経理担当者の方が説明してくださったのですが・・・
とってもお話上手でビックリ!!(゜Д゜ノ)ノ
八戸酒蔵説明
これまで1万人以上の見学者を案内しているとのこと、納得です!!

お酒の品種(清酒・吟醸・大吟醸)を当てるクイズ大会もあるので、会社の懇親会に利用されたり、三沢基地の軍人さんも来られるとか。
正解率はおおよそ3割だそうですよ〜

もちろん、私は全問正解☆☆キタ!!(*゜∀゜*)キタ━━!!!

美味しいお酒の試飲と楽しいお話であっという間の時間でした♪


そして、最後は「八戸酒造」のすぐ近くにある「屋形船 新井田(にいだ)丸」へ。
東北初の本格的屋形船である新井田丸に乗って、美味しいお料理やお酒を飲みながら八戸港内を周ってきました。

屋形船ならではのギーギーきしむ音はご愛嬌(笑)ですが・・・
冷暖房完備なので、1年中快適な船内は交渉次第でカラオケや食料の持ち込みもOK!

ウミネコの餌としてあの有名な“えび味のスナック菓子”も用意されているので、船の窓から手を出してウミネコにあげたり、時にはおやつとして自分で食べちゃったり(笑)
屋形船
ウミネコもよーくわかっているのか、船の後を追って飛んでくるので上手にGETしてくれました〜d(*^v^*)bヤッタネェ♪

船長さん曰く、顔なじみのウミネコもいるとか!
私にはぜーんぶ同じ顔に見えましたけど・・・(´-ω-`;)ゞ

港町「八戸」は一日中楽しめるスポットが満載♪♪

早起きは三文の徳☆と言いますよね!
是非お出かけください〜ヾ(o´∀`o)ノ


詳しくはコチラ↓↓↓
八戸あさぐる
http://www.hachinohe-cb.jp/asaguru/index.html

八戸酒造(株)
http://www.mutsu8000.com/

八戸屋形船 新井田丸
http://niidamaru.com/
タグ:
あさぐる 朝市 銭湯 八戸酒蔵 屋形船 

1 - 4件目まで(4件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

東北
青森(90)
秋田(85)
岩手(83)