1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 青岩秋子さんのブログ
  5. 街中・建物・景色記事一覧

特派員ブログ


  国内エリア: 東北 > 青森 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

〜〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜〜

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!

プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー

6月<2017年7月    
1
234567 8
91011121314 15
161718192021 22
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 5件目まで(32件中)

シンゴジラ
感動!!田舎館村の田んぼアート♪
エリア:
  • 東北>青森
テーマ:観光地 街中・建物・景色 
投稿日:2017/07/14 09:06
コメント(0)
青岩秋子です♪

以前、こちらでも紹介したことのある青森県田舎館(いなかだて)村の田んぼアート、
現在2つの会場の稲は元気に生育中!!

今年は・・・

≪第1田んぼアート会場:田舎館村役場≫
「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」6/5(月)〜10/9(月)

≪第2田んぼアート会場:道の駅いなかだて(弥生の里)≫
「桃太郎」6/17(土)〜10/9(月)

です☆

田んぼをキャンパスに見立て、色の異なる稲を絵の具代わりに巨大な絵を描く田んぼアートですが、田舎館村では平成5年に3色の稲でスタートしました。
その後、年々技術が向上して、今では7色の稲を使いこなし繊細で緻密なアートを作り上げているんですよ(●´∀`)○´∀`)ノ

パンフレットや映像では何度も見ていた田舎館の田んぼアート。
実際に見てみたいなぁと思っていたのですが・・・
去年の夏、念願叶って見に行くことができたんです(´∀`○)ノイェーイ♪

その時の様子をお伝えしますね〜

弘前駅から弘南鉄道弘南線に乗って23分、田んぼアート駅に到着〜
田んぼアート駅
駅?というか小屋というか・・・(笑) とにかくかわいい駅です(´∀`)∩

第2田んぼアート
第2田んぼアートはこの「弥生の里展望デッキ」から見ますよ☆
入場料300円を支払いエレベーターで展望デッキへ〜

エレベーターを降り、正面の展望デッキから見えたのは・・・

シンゴジラ
シン・ゴジラ!!!(゜∀゜屮)屮(゜∀゜屮)屮

シンゴジラ1
一緒にエレベーターに乗っていた人、全員が一斉に
「うわーーーーーっっ!!」と声を上げていました(笑)

でも、本当に「すごい!!」としか言えないんです!
想像以上の迫力に感動しっぱなしでしたヾ(≧ω≦)ノ

この会場には小石のアートもありましたよ〜
その名の通り、色の違う小石で作られたアートです♪

高倉健
高倉健さん
「自分、不器用ですから・・・」って聞こえてきそうです( *´艸`)

いやいや、この出来上がりはめっちゃ器用ですっ(笑)

そして、隣りにもう一人。

石原裕次郎
石原裕次郎さん

期間中は2つの田んぼアート間を結ぶ無料シャトルバス「たさあべ号」が運行しているので第1田んぼアートへの移動もラクラクです〜(´∀`○)ノ
バスに乗って10分、第1田んぼアート会場に到着です♪

第1田んぼアート
4階の展望デッキから見るために、こちらでも券売機で入場料300円のチケットを購入します(v´∀`*)

エレベーターで4階に到着!
いよいよ、デッキへ・・・

真田丸
真田丸!!!(゜∀゜屮)屮

NHK大河ドラマ「真田丸」をテーマに、俳優の山本耕史さん演じる石田三成と草刈正雄さん演じる真田昌幸の2人の武将姿が描かれていました

あっちからもこっちからも
「すごーーい、すごーーーい!!」という声が聞こえていましたよ!


6階の天守閣へもプラス200円で上がることができました。

伸びた真田丸
6階天守閣からの眺め

こちらの田んぼアートは4階の展望デッキから見た時にいちばんきれいに見えるよう計算され作られているので、6階からみると2人の武将の顔が少し伸びていました(笑)

でも・・・お天気が良ければ岩木山も良く見えるし、4階の展望デッキから見る完璧なお顔と、ちょっと間延びしたお顔の比較ができるのでおすすめですよ〜

田舎館村の田んぼアート、絶対おススメです!!
私は今年の夏も見に行ってきま〜す!(◎´∀`)ノ


詳しくはコチラ ↓↓↓

田舎館村 田んぼアート
http://www.inakadate-tanboart.net/
タグ:
田んぼアート 田舎館村 弘南鉄道 ヤマタノオロチ 桃太郎 

タイトル清水
ガイドさんと巡る『六郷湧水群』で湧水み〜つけたっ♪美郷めしもいただきますっ☆
エリア:
  • 東北>秋田>大曲
テーマ:観光地 街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2017/06/16 09:25
コメント(0)
青岩秋子です☆
秋田県美郷(みさと)町の六郷(ろくごう)にある『六郷湧水群』
ここは清水(しみず)巡りができる、これからの季節にピッタリの涼やかスポットで〜す☆彡
清水マップ

美郷町の湧水は町内に126ヶ所、六郷地区には60ヵ所を超える清水が点在していて、「全国名水百選」にも選定されている場所なんです。
水温が年間を通じて12℃前後のきれいな湧水には氷河期の生き残りといわれる魚「イバラトミヨ」が生息しているんですって!!


美郷町観光情報センター
名水市場「湧太郎(ゆうたろう)」という施設の中にある「美郷町観光情報センター」へ。
まずは施設内のレストランで六郷でしか食べられない美郷めしの『美郷たぬ中』で腹ごしらえ(笑)
名前を聞いただけではどんな食べ物かわからないですよね〜〜
(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ-
揚げ玉が浮かんだ和風のつゆに中細のちぢれ麺が入った温かい麺料理で美味しいです☆
たぬ中

では、やっとスタートです。o(^O^*=*^O^)oワクワク
今回はガイドさんの案内を聞きながら8ヶ所の清水を巡りました。
『ハタチや清水 → 久米(くめ)清水 → 鷹匠(たかしょう)清水 → 御台所(おだいどころ)清水 → 藤(ふじ)清水 → 諏訪(すわ)清水 → キャペコ清水 → ニテコ清水』
歩いて見て周っても70分程のお散歩です。

<ハタチや清水>
清水1

お酒屋さんにひと声かけて見せてもらうと・・・コンコンと湧き出てくるのが見えました!!
店内にある水槽では「イバラトミヨ」を発見! o(^∇^)oワーイ♪
イバラトミヨ

<御台所清水>
清水2

鷹狩りに来た佐竹のお殿様が料理用にここの水を使われたことからこの名前がついたそう!
ガイドさんに清水の美味しい飲み方を教わり、柄杓で底の方の湧水をすくって飲んでみましたよ〜〜☆彡

休憩所
途中には休憩所があり、湧水が販売されていました。
買いたい!!けど重い・・・断念・・・

<ニテコ清水>
清水3

アイヌ語のニタイ(森林)、コツ(水たまり)からこの名前がついたそう!
清水の名前はなんだか不思議な名前が多いですね。

竹うち会場
諏訪清水の近くには、毎年2月に行われる『六郷のカマクラ(国指定重要無形民俗文化財)』のクライマックス行事、「竹うち」の会場がありました。
普段は穏やかな公園ですが、小正月の火祭りとして熱い戦いが繰り広げられる場所となります。

ニテコサイダー
ゴールの「湧子(ゆうこ)ちゃん(直売所)」では、名物の「おからドーナツ」と「ニテコサイダー」をゲット〜〜 O(≧∇≦)O イエイ!!

案内図
道のいたる所に案内があり、マンホールにも清水の方向が書かれているので個人で行っても迷うことはありませんが、案内を聞きながら歩くと楽しいですよ〜!
ガイドの申し込みは「美郷町観光情報センター」へ(1週間前までに予約が必要)。


↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
美郷町観光協会
http://www.rokugo-mizu.net/
秋田県美里町 観光トップページ
http://www.town.misato.akita.jp/kankou/1154.html

タグ:
六郷湧水群 美郷めし たぬ中 ニテコサイダー イバラトミヨ 

佐藤又六家 外観
内蔵の町☆秋田県横手市増田町と秋田の物産展情報〜☆
エリア:
  • 東北>秋田>横手
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/04/14 10:25
コメント(0)
青岩秋子です♪

気候が暖かくなって、きた東北にもまもなく桜の便りが届きそうですね!
お出かけの季節、まち歩きにおすすめの秋田県横手(よこて)市増田町(ますだまち) をご紹介します♪

◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇

増田町は横手盆地の南東部・成瀬川と皆瀬川が合流する地点に位置し、江戸時代以前から人や物資が往来しにぎわった地域です。
養蚕や葉タバコをはじめさまざまな商品の流通によって、県内有数の商業地として栄えた町には多くの商家や町屋が立ち並び、現在も当時の繁栄を今に伝える伝統的な街並みが残っています。

中七日町通り

増田の商業活動の中心だった中七日町(なかなのかまち)通りは平成25年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されていて、約400mの通りに並ぶ伝統的な家屋や『内蔵(うちぐら)』は見学が可能なんですヽ(´・∀・`)ノ

まち歩きマップ2

『内蔵(うちぐら)』 とは主屋の奥に建てられた土蔵のことなのですが、「かまくら雪まつり」で知られる横手市は日本有数の豪雪地帯のため、主屋と土蔵は『鞘(さや)』という建物ですっぽり覆われておりこのように呼ばれています。

実際にいくつかの建物を見学させていただきました。
玄関から通りを抜けて、現れる大きな蔵は圧巻です〜!ォオ〜!!(゜Д゜ノ)ノ

● 山吉(やまきち)肥料店 ●
山吉肥料店 内蔵1
重厚な扉は重さが約1トンもあるそうです!
黒い漆喰を守るための鞘(さや)飾りの細工と調和してほんとうにすばらしい☆
思わず息をのんでしまいました!
山吉肥料店 5
主屋の部屋や歴史のある調度品もおもむきがあります。(*´∨`*)

● 佐藤又六(またろく)家 ●
佐藤又六家1
佐藤又六家の蔵は主屋の奥ではなく主屋の中に組み込まれた『店蔵(みせぐら)』で、現在も店舗として使用されています。表通りに面した主屋の2階にて蔵の外観を見ることができるんですよ。
また主屋の建築にも宮大工が手掛けた社寺建築に施されている建築の一部も残っていているたいへん貴重な家屋でした〜☆

● 日の丸醸造 ●
日の丸醸造4
大きな蔵の黒い漆喰と鞘の装飾がやはり美しいです。
日の丸醸造 内蔵4
蔵の中は白い漆喰と漆塗りの木の温かさが感じられました♪
また現在増田の唯一の蔵元ということで、ここでしか買えない限定酒を手に入れるのも楽しみですね♪

● 佐藤養助漆蔵資料館 ●
佐藤養助漆蔵資料館3
シンプルですがずっしりと歴史の重みを感じます。
佐藤養助漆蔵資料館2
2階は稲庭うどんの歴史についての資料を見ることができます。
1階のお食事処「養心館」で稲庭うどんが食べられますよ〜☆


公開をしている建物は現在19棟で、建物により公開日や見学料が変わります。
事前に電話で予約が必要な建物もありますので、事前に増田町観光協会のホームページまたは、増田町観光協会へお問合せ下さいね。d(ゝ∀・*)☆

◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇

中七日町通りには、食事処やスイーツのお店も充実(*´∨`*)
旬菜みそ茶屋くらをの麹やみそを使用した<旬菜ランチ>そば処はやし<天婦羅せいろそば>後藤チエ精肉店<きな粉パン>囲蕗李(いろり)<三色だんご>などなど、内蔵見学の途中でおなかも満たしてくださいね。

増田町へのアクセスの最寄り駅・JR十文字駅周辺の十文字町では煮干しや鰹・昆布からとった透明のスープに極細麺をあわせた<十文字ラーメン>も名物ですよ♪

十文字ラーメン1

◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇

関西の方おまちかね!大阪で秋田県の物産が買えますよ〜!

期 間:4/17(月)〜 約1年間
場 所:船場センタービル2号館1階「ニッポン4県物産展」
営業日時:月曜〜土曜日(日祝休み)10〜18時
秋田県・熊本県・鳥取県・福井県の4県の物産を販売します。
いぶりがっこ、稲庭うどん、きりたんぽセットなど色々取り揃えていますので、ぜひお越しください♪

にっぽん4県物産展


詳しくはこちら↓↓↓

増田町観光協会
http://masudakanko.com/

タグ:
増田町 内蔵 重要伝統的建造物群 中七日町通 十文字 

弘前さくら
きた東北の桜『みちのく三大桜』開花情報展示中で〜す!
エリア:
  • 東北>青森>弘前
  • 東北>岩手>北上・夏油温泉郷
  • 東北>秋田>角館
テーマ:街中・建物・景色 お祭り・イベント 自然・植物 
投稿日:2017/03/31 11:00
コメント(0)
青岩秋子です☆
いよいよ明日から4月!新年度の始まりですね。
大阪は桜が開花していますが、きた東北はゆっくりと準備中・・・まだ蕾です。

北東北三県大阪合同事務所では、一足早く『きた東北の桜』の展示をしています。
展示の様子
今年も『みちのく三大桜』の開花状況を毎日更新していますよ!
展示の様子2


『みちのく三大桜』のさくらまつりの日程を新作ポスターとともにご案内します。
☆青森県弘前(ひろさき)市 『弘前公園』
弘前ポスター
弘前さくらまつり
平成29年4月22日(土)〜5月7日(日)



☆岩手県北上(きたかみ)市
『北上展勝地(きたかみてんしょうち)』

北上ポスター
北上展勝地さくらまつり
平成29年4月10日(月)〜5月7日(日)



☆秋田県仙北(せんぼく)市
『角館(かくのだて)武家屋敷』

角館ポスター
角館の桜まつり
平成29年4月20日(木)〜5月5日(金)



新しいパンフレットも続々届いていますよ。
新着パンフレット

ぜひ、北東北三県大阪合同事務所へお立ち寄りください。

<物産展情報>
そごう神戸店にて、第12回 東北六県の物産展が開催されますよ〜!!
4月5日(水)から11日(火)まで 本館9階の催会場にて(※最終日は午後6時閉場)


↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
弘前コンベンション協会(さくらまつり)
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_spring_sakura

北上展勝地さくらまつり
http://sakura.kitakami-kanko.jp/index.html

角館町観光協会
http://kakunodate-kanko.jp/

そごう神戸店「東北六県の物産展」
https://www.sogo-seibu.jp/kobe/kakutensublist/?article_seq=230168

タグ:
弘前公園 武家屋敷 角館 北上展勝地 開花情報 

冬がたり チラシ
囲炉裏を囲みながら…冬の風物詩「角館の冬がたり」でほっこり体験♪
エリア:
  • 東北>秋田>角館
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/02/10 10:30
コメント(0)
青岩秋子です♪

みちのくの小京都、秋田県仙北市角館(かくのだて)町の中心部、武家屋敷通りは言わずと知れたシダレザクラの名所ですよね(*ゝω・*)ノ

サクラの季節はもちろんのこと、秋はその通りを真っ赤に染める場所としてたくさんの観光客の方が訪れていますが、冬もとっても素敵なんですよ〜☆

冬景色2
武家屋敷の落ち着いた佇まいに黒板塀、そして一面の雪景色はまるで水墨画のよう。
不思議と心落ち着く感じです。

岩橋家 外観
武家屋敷のひとつ岩橋家では毎年「角館冬がたり」というイベントを行っていて、昔ながらの囲炉裏を囲んでかくのだて歴史案内人のお話を聞くことができるんですよ〜

イベントは主に12月から3月までの毎週金・土・日・振替休日
午前11時30分からと午後1時30分からの1日2回約30分
行われています。

去年の2月に聞いてきたので、紹介させていただきますねヽ(o’∀`o)ノ

冬がたりの様子
『この さびどご えぐ おざってけだんしな』
(こんなに寒い中、よくお越しくださいました)


歴史案内人さんがしてくれたのは、角館の歴史や武家屋敷通りについての話っこ、春のシダレザクラの話っこ、雪国の暮らしの話っこなど・・・
囲炉裏から聞こえる炭火のパチパチという音とゆっくりとした角館の温かいことばにほっこりしちゃいました(*´ェ`*)

いぶりがっこ
話っこの途中で、手づくりのいぶりがっこが出てきておやつタイムもありましたよ♪

皆さん、ポリポリといい音を立てて食べていました(笑)
とっても美味しかった〜(v´∀`)

岩橋家 囲炉裏
天井からいぶりがっこを作るための大根や保存食の干魚がぶら下っていたり、雪下ろしに必要な道具が飾ってある部屋での角館冬がたりは温かみ溢れる素敵な時間でした。
ゆったりとした時間を持つことの大切さも教えてもらったなぁ(´∀`○)

また、2/18(土)〜3/12(日)は「かくのだて雛めぐり」が行われますよ〜
角館は、武家の住む「内町」と町民の住む「外町(とまち)」に分けられた江戸時代の町割が残っていて、雛人形もそれぞれ特徴があるのだとか。

石黒家の雛
(去年の「石黒家」雛飾り)

駅前蔵 雛
(去年の角館駅前観光案内所「角館駅前蔵」の雛飾り)

代々大切に受け継がれてきた享保雛や豪華な古今雛、ふくよかなお顔の木目込み人形に押絵雛・・・いろいろあって見応えがありました〜(o´∀`o)

ガイド付き雛めぐり(要予約、有料)をお願いすると、案内人の方が雛人形の説明はもちろん、角館の歴史、町並みや建物の特徴を交えながらガイドしてくださるそうですよ〜(>∀<人)

そして!!
冬の散策をしたいけど冬靴の用意がないし・・・という方にうれしいサービスがあります〜

角館駅の右前に建つ観光案内所では無料で長靴の貸し出しを行っています♪
(*゜∀゜人゜∀゜*)━ィ♪!

長靴貸し出し
これはうれしいサービスですね〜☆
足元を気にすることなく、安心して散策できますね☆

魅力たっぷり♪冬の角館へ是非お出かけください!!


詳しくはコチラ↓↓↓

角館町観光協会HP
http://kakunodate-kanko.jp/
タグ:
角館 冬がたり 武家屋敷 岩橋家 雛めぐり 

1 - 5件目まで(32件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

東北
青森(85)
岩手(81)
秋田(81)