1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 青岩秋子さんのブログ
  5. 街中・建物・景色記事一覧

特派員ブログ


  国内エリア: 東北 > 青森 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

〜〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜〜

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!

プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー

8月<2017年9月    
1 2
345678 9
101112131415 16
171819202122 23
24252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(34件中)

恐山
イタコがつなぐあの世とこの世☆日本三大霊場「恐山」の大祭へ行ってきました☆
エリア:
  • 東北>青森>むつ・薬研温泉
テーマ:観光地 街中・建物・景色 お祭り・イベント 
投稿日:2017/09/22 09:33
コメント(0)
青岩秋子です☆

青森県の下北半島にある『恐山(おそれざん)』
高野山・比叡山と並ぶ日本三大霊場の一つです。(・△・;;;;;)

恐山へお参りができるのは毎年5月から10月末までとなっていて、夏と秋に行われる『大祭』では多くの人が訪れてにぎわいます☆


毎年7月20日〜24日に行われている『恐山大祭』へ行ってきました!(^-^)
イタコさんもいるそうなので怖いけどちょっぴり楽しみ。

恐山へのアクセスは、青森市内から車で約2時間30分。
公共交通機関の場合は、JR下北駅前から路線バスで約45分です。


恐山1

駐車場の辺りからすでに硫黄の匂いが漂っています。
受付で入山料を支払って門をくぐると、正面に真っすぐ伸びた参道と大きくて立派な山門が目に飛び込んできました。ォオ〜!!(゜Д゜ノ)ノ
貫禄ありますね〜!

恐山2

参道の奥にある地蔵殿
ご本尊の地蔵菩薩は、人間のさまざまな苦しみを救ってくださる仏様だそうです。
普段は一日に3回行われる供養が、大祭の期間は5回行われます。

ちょうど供養を終えた僧侶の方々が、地蔵殿から出てきたところに遭遇しました☆

恐山3

思わず合掌(-ω-人)

恐山4

地蔵殿をあとに参拝路を進んでいくと、ゴツゴツと岩肌がむき出になった丘がひろがります。
ここは無間(むげん)地獄と呼ばれていて、積まれた石の山があちこちに見られます。生気を感じさせない雰囲気がまさに地獄。。。(。o_o。 )

恐山5

歩いているとたくさんの鮮やかな色の風車が目を引きます。
風車は仏花の代わりであり、亡くなった子供があの世で遊ぶための玩具でもあるそうですよ。


恐山6

荒々しい地獄の景色から一変して、静かな風景が広がるのは宇曽利湖(うそりこ)と極楽浜
天気のよい日はエメラルドグリーンの湖面と、白砂の浜辺がとても美しいのですが、あいにくの天気で、湖の色もどんよりしていたのでちょっと残念。(ノ◇≦。)


イタコ口寄せ1

極楽浜から地獄めぐりの道を抜けるとイタコの口寄せの会場がありました〜!
たくさんの人が並んでいますね☆
「口寄せ」とは、イタコが自分の身体に霊を呼び寄せて、霊の意志を伝えてくれることです。

イタコ口寄せ2

どんなところでされているのか気にはなっていましたが・・・
屋外で、しかもとても小さな小屋でびっくり!

イタコさんは入口の方を向いていて、口寄せをお願いする人と向かい合って座っているのが見えました。|ω・)チラ

この日のイタコさんは3名。
ひと昔前はもっと多くのイタコさんが来られていたようですが、最近は人数が少ないとのこと。

イタコさんはいつも恐山にいる訳ではなく、大祭などの特別な日のみです。
そのため多くの方が各地から訪れます。
予約はできないため、順番に並んで自分の番まで待たないといけないので、何時間もかかることもあるみたいです。


恐山マップ

地獄や極楽を思わせるような光景と、あの世とこの世をつなぐイタコさんの存在を目の当たりにして、少し異次元にいるような不思議な感覚を覚えました。。。
境内の参拝路は、通常およそ40分で周ることができますよ。


恐山8

境内には『薬湯』と呼ばれる温泉も湧いていて、誰でも入浴が可能です。
宿坊も併設しているので宿泊もしてみるのもいいかも☆


秋に行われる大祭は『秋詣り』と呼ばれています。
毎年10月の体育の日が最終日となる3日間で、今年は10月7・8・9日に開催されます。

恐山 秋

北東北の紅葉に合わせて、異次元の光景を見に出かけてみてはいかがでしょうか♪


詳しくはこちら↓↓↓

むつ下北観光案内(むつ市観光協会)HP
http://www.mutsu-kanko.jp/index.html

タグ:
恐山 恐山大祭 イタコ 秋詣り 日本三大霊場 

仏ヶ浦
バスで巡る下北半島〜ぐるりんしもきた号で一日観光♪
エリア:
  • 東北>青森>大間・下風呂温泉
  • 東北>青森>むつ・薬研温泉
テーマ:観光地 街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2017/08/18 10:25
コメント(0)
青岩秋子です♪

本州の最も北にある、青森県の下北(しもきた)半島へ行ってきましたよ〜!
下北半島は津軽海峡に面しているまさかり型の半島で、大自然の宝庫!優美な景観と温泉、豊富な海の幸に恵まれています☆


広い下北半島を巡るのにとても便利なのが『ぐるりんしもきた号』
毎年5月から10月までの土日を中心に運行されている観光ルートバスで、下北半島の主な観光地を一日で巡ることができるんです。ヾ(≧∇≦*)/

ぐるりんしもきた号運行マップ

バスに乗り込みます!!

ぐるりんしもきた号とガイドさん
ガイドさんがにこやかに出迎えてくれました〜♪

最初に訪れたのは、本州最北端の岬『大間崎(おおまざき)』

大間崎1

荒々しい津軽海峡の海で豪快なマグロ漁がおこなわれる大間町を象徴する、『マグロの一本釣りモニュメント』が建てられています。
津軽海峡を挟んで向かいの北海道函館市の汐首岬まではなんと17.5kmしか離れていないんですね〜。

大間崎2
岬の周囲には大間のマグロを使った料理を食べさせてくれるお店や、みやげ物店がならんでいますよ。

大間マグロ3種
早速マグロを買っちゃいました!
大トロ・中トロ・赤身の3種類を食べ比べ。とろける舌触りと脂の甘味が感じられてとっても美味しかった〜!ヽ(≧▽≦)ノ


次に向かったのは半島の西側に位置する佐井(さい)村の景勝地『仏ヶ浦(ほとけがうら)』 観光船に乗り換えて海から向かいます。

観光船の発着場の前にある『津軽海峡文化館アルサス』には観光案内所やみやげ物店、レストランが入っているほか、佐井村の歴史や文化を紹介する『海峡ミュウジアム』や津軽海峡と渡島半島や津軽半島を180度パノラマで眺望できる『展望室』があります。

津軽海峡文化館アルサス

海峡ミュウジアム

観光船「サイライト号」に乗ること30分・・・

サイライト号

こんな素晴らしい景色が!

仏ヶ浦1

仏ヶ浦2

仏ヶ浦2

『仏ヶ浦』は白緑色凝灰岩でできた大小の奇岩群が2kmにも渡って立ち並ぶ名勝で、岩には「如来の首」「五百羅漢」「蓮華岩」など、仏にちなんだ名前がつけられています。
空・海の青と白い岩のコントラストがほんとに美しかった〜!

仏ヶ浦に続いて神秘の世界『恐山(おそれざん)』です!!

恐山1

貞観4年(西暦862年)に慈覚大師によって開山され、比叡山・高野山とともに「日本三大霊山」に数えられる霊場です。

恐山2

生気を感じさせないごつごつ荒れた大地。境内に点在する『地獄』をめぐって参拝者は亡くなった人の成仏を願うそうです。・・・(・∀・i)タラー・・・

恐山3

荒涼とした地獄とは対照的に、静かな湖面の『宇曽利山湖(うそりやまこ)』のほとりには極楽浄土を思わせる白砂の浜が広がります。
異次元とも思える光景に何とも不思議な感覚をおぼえました・・・


最後は下北半島の北東端、東通(ひがしどおり)村の『尻屋崎(しりやざき)』

白亜のレンガ造りの『尻屋埼灯台』が美しい姿を見せてくれました。

尻屋埼灯台

ここでは4〜12月までの期間『寒立馬(かんだちめ)』が放牧されています。
寒立馬は字のごとく、寒さに強いのが特徴。青森県の自然天然記念物に指定されています。


尻屋崎1

広い岬の放牧地で普段自由に暮らしているの寒立馬は、群れて見られることは少ないようなんですが、この日はなんと20数頭の群れに遇うことができました〜!!なんてラッキー☆(*´∀`*)ノ。+゜ *。
大きな体ですが、とてもかわいい眼をしていました。

ツアーについているお弁当♪
ボリューム満点で海苔、イカ、鮭どれもとってもおいしかった〜!

ぐるりんしもきた号 おべんとう

4つの観光地を巡りツアーは終了。
車中でのガイドさんのトークもとっても楽しくて、大満足でした☆v(o´∀`o)v━━★

詳しくはこちら↓↓↓

ぐるりんしもきた 青森県下北半島旅ガイドHP
https://gururin-shimokita.com/

佐井定期観光株式会社
http://www.saiteikikanko.jp/

タグ:
ぐるりんしもきた号 大間崎 仏ヶ浦 恐山 尻屋崎 

シンゴジラ
感動!!田舎館村の田んぼアート♪
エリア:
  • 東北>青森
テーマ:観光地 街中・建物・景色 
投稿日:2017/07/14 09:06
コメント(0)
青岩秋子です♪

以前、こちらでも紹介したことのある青森県田舎館(いなかだて)村の田んぼアート、
現在2つの会場の稲は元気に生育中!!

今年は・・・

≪第1田んぼアート会場:田舎館村役場≫
「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」6/5(月)〜10/9(月)

≪第2田んぼアート会場:道の駅いなかだて(弥生の里)≫
「桃太郎」6/17(土)〜10/9(月)

です☆

田んぼをキャンパスに見立て、色の異なる稲を絵の具代わりに巨大な絵を描く田んぼアートですが、田舎館村では平成5年に3色の稲でスタートしました。
その後、年々技術が向上して、今では7色の稲を使いこなし繊細で緻密なアートを作り上げているんですよ(●´∀`)○´∀`)ノ

パンフレットや映像では何度も見ていた田舎館の田んぼアート。
実際に見てみたいなぁと思っていたのですが・・・
去年の夏、念願叶って見に行くことができたんです(´∀`○)ノイェーイ♪

その時の様子をお伝えしますね〜

弘前駅から弘南鉄道弘南線に乗って23分、田んぼアート駅に到着〜
田んぼアート駅
駅?というか小屋というか・・・(笑) とにかくかわいい駅です(´∀`)∩

第2田んぼアート
第2田んぼアートはこの「弥生の里展望デッキ」から見ますよ☆
入場料300円を支払いエレベーターで展望デッキへ〜

エレベーターを降り、正面の展望デッキから見えたのは・・・

シンゴジラ
シン・ゴジラ!!!(゜∀゜屮)屮(゜∀゜屮)屮

シンゴジラ1
一緒にエレベーターに乗っていた人、全員が一斉に
「うわーーーーーっっ!!」と声を上げていました(笑)

でも、本当に「すごい!!」としか言えないんです!
想像以上の迫力に感動しっぱなしでしたヾ(≧ω≦)ノ

この会場には小石のアートもありましたよ〜
その名の通り、色の違う小石で作られたアートです♪

高倉健
高倉健さん
「自分、不器用ですから・・・」って聞こえてきそうです( *´艸`)

いやいや、この出来上がりはめっちゃ器用ですっ(笑)

そして、隣りにもう一人。

石原裕次郎
石原裕次郎さん

期間中は2つの田んぼアート間を結ぶ無料シャトルバス「たさあべ号」が運行しているので第1田んぼアートへの移動もラクラクです〜(´∀`○)ノ
バスに乗って10分、第1田んぼアート会場に到着です♪

第1田んぼアート
4階の展望デッキから見るために、こちらでも券売機で入場料300円のチケットを購入します(v´∀`*)

エレベーターで4階に到着!
いよいよ、デッキへ・・・

真田丸
真田丸!!!(゜∀゜屮)屮

NHK大河ドラマ「真田丸」をテーマに、俳優の山本耕史さん演じる石田三成と草刈正雄さん演じる真田昌幸の2人の武将姿が描かれていました

あっちからもこっちからも
「すごーーい、すごーーーい!!」という声が聞こえていましたよ!


6階の天守閣へもプラス200円で上がることができました。

伸びた真田丸
6階天守閣からの眺め

こちらの田んぼアートは4階の展望デッキから見た時にいちばんきれいに見えるよう計算され作られているので、6階からみると2人の武将の顔が少し伸びていました(笑)

でも・・・お天気が良ければ岩木山も良く見えるし、4階の展望デッキから見る完璧なお顔と、ちょっと間延びしたお顔の比較ができるのでおすすめですよ〜

田舎館村の田んぼアート、絶対おススメです!!
私は今年の夏も見に行ってきま〜す!(◎´∀`)ノ


詳しくはコチラ ↓↓↓

田舎館村 田んぼアート
http://www.inakadate-tanboart.net/
タグ:
田んぼアート 田舎館村 弘南鉄道 ヤマタノオロチ 桃太郎 

タイトル清水
ガイドさんと巡る『六郷湧水群』で湧水み〜つけたっ♪美郷めしもいただきますっ☆
エリア:
  • 東北>秋田>大曲
テーマ:観光地 街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2017/06/16 09:25
コメント(0)
青岩秋子です☆
秋田県美郷(みさと)町の六郷(ろくごう)にある『六郷湧水群』
ここは清水(しみず)巡りができる、これからの季節にピッタリの涼やかスポットで〜す☆彡
清水マップ

美郷町の湧水は町内に126ヶ所、六郷地区には60ヵ所を超える清水が点在していて、「全国名水百選」にも選定されている場所なんです。
水温が年間を通じて12℃前後のきれいな湧水には氷河期の生き残りといわれる魚「イバラトミヨ」が生息しているんですって!!


美郷町観光情報センター
名水市場「湧太郎(ゆうたろう)」という施設の中にある「美郷町観光情報センター」へ。
まずは施設内のレストランで六郷でしか食べられない美郷めしの『美郷たぬ中』で腹ごしらえ(笑)
名前を聞いただけではどんな食べ物かわからないですよね〜〜
(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ-
揚げ玉が浮かんだ和風のつゆに中細のちぢれ麺が入った温かい麺料理で美味しいです☆
たぬ中

では、やっとスタートです。o(^O^*=*^O^)oワクワク
今回はガイドさんの案内を聞きながら8ヶ所の清水を巡りました。
『ハタチや清水 → 久米(くめ)清水 → 鷹匠(たかしょう)清水 → 御台所(おだいどころ)清水 → 藤(ふじ)清水 → 諏訪(すわ)清水 → キャペコ清水 → ニテコ清水』
歩いて見て周っても70分程のお散歩です。

<ハタチや清水>
清水1

お酒屋さんにひと声かけて見せてもらうと・・・コンコンと湧き出てくるのが見えました!!
店内にある水槽では「イバラトミヨ」を発見! o(^∇^)oワーイ♪
イバラトミヨ

<御台所清水>
清水2

鷹狩りに来た佐竹のお殿様が料理用にここの水を使われたことからこの名前がついたそう!
ガイドさんに清水の美味しい飲み方を教わり、柄杓で底の方の湧水をすくって飲んでみましたよ〜〜☆彡

休憩所
途中には休憩所があり、湧水が販売されていました。
買いたい!!けど重い・・・断念・・・

<ニテコ清水>
清水3

アイヌ語のニタイ(森林)、コツ(水たまり)からこの名前がついたそう!
清水の名前はなんだか不思議な名前が多いですね。

竹うち会場
諏訪清水の近くには、毎年2月に行われる『六郷のカマクラ(国指定重要無形民俗文化財)』のクライマックス行事、「竹うち」の会場がありました。
普段は穏やかな公園ですが、小正月の火祭りとして熱い戦いが繰り広げられる場所となります。

ニテコサイダー
ゴールの「湧子(ゆうこ)ちゃん(直売所)」では、名物の「おからドーナツ」と「ニテコサイダー」をゲット〜〜 O(≧∇≦)O イエイ!!

案内図
道のいたる所に案内があり、マンホールにも清水の方向が書かれているので個人で行っても迷うことはありませんが、案内を聞きながら歩くと楽しいですよ〜!
ガイドの申し込みは「美郷町観光情報センター」へ(1週間前までに予約が必要)。


↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
美郷町観光協会
http://www.rokugo-mizu.net/
秋田県美里町 観光トップページ
http://www.town.misato.akita.jp/kankou/1154.html

タグ:
六郷湧水群 美郷めし たぬ中 ニテコサイダー イバラトミヨ 

佐藤又六家 外観
内蔵の町☆秋田県横手市増田町と秋田の物産展情報〜☆
エリア:
  • 東北>秋田>横手
テーマ:観光地 街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/04/14 10:25
コメント(0)
青岩秋子です♪

気候が暖かくなって、きた東北にもまもなく桜の便りが届きそうですね!
お出かけの季節、まち歩きにおすすめの秋田県横手(よこて)市増田町(ますだまち) をご紹介します♪

◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇

増田町は横手盆地の南東部・成瀬川と皆瀬川が合流する地点に位置し、江戸時代以前から人や物資が往来しにぎわった地域です。
養蚕や葉タバコをはじめさまざまな商品の流通によって、県内有数の商業地として栄えた町には多くの商家や町屋が立ち並び、現在も当時の繁栄を今に伝える伝統的な街並みが残っています。

中七日町通り

増田の商業活動の中心だった中七日町(なかなのかまち)通りは平成25年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されていて、約400mの通りに並ぶ伝統的な家屋や『内蔵(うちぐら)』は見学が可能なんですヽ(´・∀・`)ノ

まち歩きマップ2

『内蔵(うちぐら)』 とは主屋の奥に建てられた土蔵のことなのですが、「かまくら雪まつり」で知られる横手市は日本有数の豪雪地帯のため、主屋と土蔵は『鞘(さや)』という建物ですっぽり覆われておりこのように呼ばれています。

実際にいくつかの建物を見学させていただきました。
玄関から通りを抜けて、現れる大きな蔵は圧巻です〜!ォオ〜!!(゜Д゜ノ)ノ

● 山吉(やまきち)肥料店 ●
山吉肥料店 内蔵1
重厚な扉は重さが約1トンもあるそうです!
黒い漆喰を守るための鞘(さや)飾りの細工と調和してほんとうにすばらしい☆
思わず息をのんでしまいました!
山吉肥料店 5
主屋の部屋や歴史のある調度品もおもむきがあります。(*´∨`*)

● 佐藤又六(またろく)家 ●
佐藤又六家1
佐藤又六家の蔵は主屋の奥ではなく主屋の中に組み込まれた『店蔵(みせぐら)』で、現在も店舗として使用されています。表通りに面した主屋の2階にて蔵の外観を見ることができるんですよ。
また主屋の建築にも宮大工が手掛けた社寺建築に施されている建築の一部も残っていているたいへん貴重な家屋でした〜☆

● 日の丸醸造 ●
日の丸醸造4
大きな蔵の黒い漆喰と鞘の装飾がやはり美しいです。
日の丸醸造 内蔵4
蔵の中は白い漆喰と漆塗りの木の温かさが感じられました♪
また現在増田の唯一の蔵元ということで、ここでしか買えない限定酒を手に入れるのも楽しみですね♪

● 佐藤養助漆蔵資料館 ●
佐藤養助漆蔵資料館3
シンプルですがずっしりと歴史の重みを感じます。
佐藤養助漆蔵資料館2
2階は稲庭うどんの歴史についての資料を見ることができます。
1階のお食事処「養心館」で稲庭うどんが食べられますよ〜☆


公開をしている建物は現在19棟で、建物により公開日や見学料が変わります。
事前に電話で予約が必要な建物もありますので、事前に増田町観光協会のホームページまたは、増田町観光協会へお問合せ下さいね。d(ゝ∀・*)☆

◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇

中七日町通りには、食事処やスイーツのお店も充実(*´∨`*)
旬菜みそ茶屋くらをの麹やみそを使用した<旬菜ランチ>そば処はやし<天婦羅せいろそば>後藤チエ精肉店<きな粉パン>囲蕗李(いろり)<三色だんご>などなど、内蔵見学の途中でおなかも満たしてくださいね。

増田町へのアクセスの最寄り駅・JR十文字駅周辺の十文字町では煮干しや鰹・昆布からとった透明のスープに極細麺をあわせた<十文字ラーメン>も名物ですよ♪

十文字ラーメン1

◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇ ・ ◇

関西の方おまちかね!大阪で秋田県の物産が買えますよ〜!

期 間:4/17(月)〜 約1年間
場 所:船場センタービル2号館1階「ニッポン4県物産展」
営業日時:月曜〜土曜日(日祝休み)10〜18時
秋田県・熊本県・鳥取県・福井県の4県の物産を販売します。
いぶりがっこ、稲庭うどん、きりたんぽセットなど色々取り揃えていますので、ぜひお越しください♪

にっぽん4県物産展


詳しくはこちら↓↓↓

増田町観光協会
http://masudakanko.com/

タグ:
増田町 内蔵 重要伝統的建造物群 中七日町通 十文字 

1 - 5件目まで(34件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

東北
青森(90)
秋田(85)
岩手(83)