1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパール子ちゃんさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパール子ちゃんの ナマステ旅案内♪♪  

〜ようこそ素顔のネパールへ。〜

人と地球にやさしい旅を。

プロフィール

ニックネーム:
ネパール子ちゃん
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ガーレ トレックス- リバティーホリデイズ
会社英字名:
GHALE TREKS - LIBERTY HOLIDAYS
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
00977-1-4411001
業種:
旅行業
自己紹介:
ナマステ!

カトマンドゥに実店舗を持つ旅行・トレッキング代理店 「リバティーホリデイズ」「ガーレトレックス」のネパール子ちゃんが、治安情報や旅の穴場スポットなど役立つ情報をいち早く、ネパールの暮らしや街角の風景、また多様な民族と文化、自然遺産などなど盛りだくさんのネパールの魅力を余すところなくお伝えしてまいります。
お楽しみに!!

ネパール旅行のプランニング、宿泊、航空券、お車の手配もお任せ。
ご予算、日程、ご希望をお伺いの上、存分に楽しんでご満足いただけるよう、オーダーメイドのご旅行をご提案いたします。
女性お一人様、小さなお子様連れの旅もご安心を。
安全第一でサポートいたします。

ヒマラヤトレッキング・登山
リバーラフティング
ジャングルサファリ
農村エコホームステイ
世界遺産観光
ヒマラヤ遊覧飛行
ヨガリトリート
アーユルベーダトリートメント
ゴルフ
パラグライダー
バンジージャンプ
バードウォッチング
ネパール料理教室
博物館・ギャラリー巡り
チベットツアー
ブータンツアー
インドツアー
撮影・ロケハン
ネタ・リサーチ

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

Facebook
http://www.facebook.com/iinenepal

Twitter
http://twitter.com/iinenepal

在ネパール日本人商工会 観光部会会員です。

カレンダー

9月<2009年10月    
1 23
45678910
11 121314151617
181920 21222324
25262728293031

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

真鍮の器に盛り付けられたダルバート
ネパール版一汁三菜 「ダルバート」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:グルメ 
投稿日:2009/10/20 14:29
ナマステ!
ネパール カトマンドゥの旅行代理店 ガーレトレックス&ツアーズより、ネパール子ちゃんがお届けするブログです。


ネパール人の食事といえば「ダルバート」
直訳は「レンズマメ(のスープ)ごはん」 です。
実際には「ダルバート タルカリ アチャール & サーグ」の一汁三菜スタイル。
タルカリ=野菜をマサラで炒め煮したもの。
サーグ=青菜の炒め物
アチャール=サラダ、佃煮、辛いソース などさまざまな形態で、タルカリでもサーグでないものすべてを「アチャール」と言い切ってよろしいかと思います。

毎日、朝夕2回、1年中これを食べ続けるのがネパール人。


夕飯時に「あー、今日は何にしようかしら?」と主婦の頭を悩ませることはありません。
バザールか八百屋に行き、旬のお買い得な野菜で「ダルバート タルカリ アチャール & サーグ」にするだけなのですから。
もちろん子どもやだんなが「おかあさん、今日の夕飯はなーに?」などと聞くこともないですよ。
ちょっと滋養をつけようか、ということになると、ヤギ肉やチキンのカレー風煮ものがつきます。
週末の金曜日、土曜日はお肉屋さんが繁盛します。

ご飯といえば、「ダルバート」しかない!
これが幸か?不幸か?は、ネパール人にお尋ねください。

真鍮の器に盛り付けられたダルバート

ここで一般家庭のダルバートとおしゃれなレストランのダルバートを比較。
このようにプレゼンテーションがまったく違います。
数種類のアチャールにダヒ(ヨーグルト)までついていますね。
ネパール人、このヨーグルトもご飯に混ぜ混ぜして「ダヒごはん」にしてしまいますーー。
結局全部混ぜる「ビビンバ」!?

一般家庭のダルバート チキンがメイン

ローカル食堂のダルバートは家庭のそれと同程度。
ウエイターがお替りをよそいに来てくれます。
お肉以外のおかずとごはんのお替りは自由なのです!
たらふく召し上がれ。
ネパール人家庭に招かれたときにも、必ず女性がかいがいしく面倒見てくれます。
お腹いっぱいと断っても「もうちょっと、もうちょっと食べなさい」と、どんどん追加されます。
ほぼ「わんこそば」!?


ハイ「ビビンバ」と「わんこそば」の楽しさを合体させた定食、それが「ダルバート」です。

PR
ネパール人の暮らしを体験する農村ホームステイ。
電気、ガス、水道はありません。
ついでにトイレもないんです…。
水汲み、芝刈り、ダルバートもかまどで調理。
ネパール人の暮らしを体験する農村ホームステイ。 電気、ガス、水道はありません。 ついでにトイレもないんです…。 水汲み、芝刈り、ダルバートもかまどで調理。
色鮮やかなマリーゴールドが山積み
ティハール、はじまります!
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:街中・建物・景色 お祭り・イベント 
投稿日:2009/10/11 18:58
ナマステ!
ネパール カトマンドゥの旅行代理店 ガーレトレックス&ツアーズより、ネパール子ちゃんがお届けするブログです。


ダサイン大祭が終わっても、まだまだ祭り気分は抜けません。
そう、ティハールがやってきます。

色鮮やかなマリーゴールドが山積み


ティハールはディパワリ、ヒンドゥー教の「光の祭り」です。
吉祥天ラクシュミを迎え入れるよう、家中をきれいに清掃し、花輪で飾りつけたり、赤土で道しるべや吉祥文様を絵描いて、灯明を明々と灯します。

期間中、それぞれの日に、カラス、犬、牛にもマラ(マリーゴールドや千日紅の首飾り)やティカをして祝福します。

子どもたちは囃子歌を歌いながら、家々を回り、お小遣いやお菓子を貰い受けます。
小額の紙幣や、コイン、お米、キャンディーなどを渡すと喜びます。


最終日のバイティカは女性が男性の兄弟にティカを授けます。
この日に欠かせない食べ物といいますと、シエルロティという、米粉をドーナツ型に揚げたパンとくるみ。


くるみは殻を一撃で割って、魔王を追い払い、兄弟たちを守ると言われています。

ティハールは誰もが大好きな、美しくて、楽しいお祭りです!!

PR
エベレストを間近に望むヒマラヤ遊覧飛行。
ファーストフライトが断然おすすめ。
目覚まし時計は午前5時セット!
エベレストを間近に望むヒマラヤ遊覧飛行。 ファーストフライトが断然おすすめ。 目覚まし時計は午前5時セット!
ブータン国営ドゥルックエア機
ブータン土産がやってきた
エリア:
  • アジア>ブータン
テーマ:買物・土産 鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2009/10/01 19:11
大好評のブータンツアーですが、ブータンへは国営ドゥルックエアのみが就航しています。IATAに加盟しておらず、航空券の予約、発券には独自のルールを設けています。

ブータン国営ドゥルックエア機

日本からいらっしゃる方には、バンコク、カトマンズ、またはデリーからの出発が便利ですが、10月のチェチュ(お祭り)シーズンを控え、早くも空路キャンセル待ちで大変混み合っており、ビジネスクラスでもかなり搭乗が難しくなってきていますので、ご予定されている方はお急ぎください。


最後の秘境とも言われるドラゴン王国からお土産が届きました。
赤唐辛子、赤米、新国王即位を記念して作られたプレミアムウイスキーです。
夏ならば松茸なのですが、残念ながら今年の松茸シーズンは終わってしまいました。
乾燥松茸なら年中求められますので、市場やスーパーに行ってみましょう。

バザールには唐辛子の山!!

大きな唐辛子は辛さだけではなく、香りと風味が凝縮されています。
辛いおかずが大好きなブータン人は、そのままチーズやきのこ、豚肉などと煮込んで食べるそうです。
聞いただけで毛穴という毛穴が全開、今にも唾液と汗が噴出しそうですねー。

世界激辛選手権があったら優勝候補まちがいなしでしょう。
続くは、メキシコ、韓国、タイあたりでしょうか?

赤米は高級米とされていて、大変なごちそうです。
精米は杵で搗いて行われるようで、五分づき程度の状態です。
もち米のような香りがあって、腹持ちがよいのが特徴。
おにぎりにしてもおいしいですよ。

K5 プレミアムウイスキー

K5と命名されたプレミアムウイスキーは、透明感がある美しい琥珀色。
スコットランドのモルトから国内で醸造されたとのこと、お味のほうはと申しますと、
……… ス、スミマセン;
全然飲めませんので、わかりません。
このプレミアム感だけは、現地でお求めになって味わってくださいませ。

PR
大好評!ちょこっとブータン&ゆったりブータン
ビザ申請から全部まとめて手配いたします。
大好評!ちょこっとブータン&ゆったりブータン ビザ申請から全部まとめて手配いたします。

1 - 3件目まで(3件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(125)
インド(7)
中国(3)
ブータン(3)