1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパール子ちゃんさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパール子ちゃんの ナマステ旅案内♪♪  

〜ようこそ素顔のネパールへ。〜

人と地球にやさしい旅を。

プロフィール

ニックネーム:
ネパール子ちゃん
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ガーレ トレックス- リバティーホリデイズ
会社英字名:
GHALE TREKS - LIBERTY HOLIDAYS
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
00977-1-4411001
業種:
旅行業
自己紹介:
ナマステ!

カトマンドゥに実店舗を持つ旅行・トレッキング代理店 「リバティーホリデイズ」「ガーレトレックス」のネパール子ちゃんが、治安情報や旅の穴場スポットなど役立つ情報をいち早く、ネパールの暮らしや街角の風景、また多様な民族と文化、自然遺産などなど盛りだくさんのネパールの魅力を余すところなくお伝えしてまいります。
お楽しみに!!

ネパール旅行のプランニング、宿泊、航空券、お車の手配もお任せ。
ご予算、日程、ご希望をお伺いの上、存分に楽しんでご満足いただけるよう、オーダーメイドのご旅行をご提案いたします。
女性お一人様、小さなお子様連れの旅もご安心を。
安全第一でサポートいたします。

ヒマラヤトレッキング・登山
リバーラフティング
ジャングルサファリ
農村エコホームステイ
世界遺産観光
ヒマラヤ遊覧飛行
ヨガリトリート
アーユルベーダトリートメント
ゴルフ
パラグライダー
バンジージャンプ
バードウォッチング
ネパール料理教室
博物館・ギャラリー巡り
チベットツアー
ブータンツアー
インドツアー
撮影・ロケハン
ネタ・リサーチ

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

Facebook
http://www.facebook.com/iinenepal

Twitter
http://twitter.com/iinenepal

在ネパール日本人商工会 観光部会会員です。

カレンダー

10月<2010年11月    
12 3456
78 910111213
14 151617181920
212223242526 27
282930

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

質素なつくりでももてなしは温か
トレッキング先でのご当地料理
エリア:
  • アジア>ネパール>サガルマータ国立公園
  • アジア>ネパール>ジョムソン
  • アジア>ネパール>ガンドルン
テーマ:グルメ 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/11/26 16:46
ネパールといえば、食事はダルバート一辺倒でありますが、古い雑誌の記事に、地方での名物料理を紹介するものがありましたので、ちょっとピックアップしてみます。

一般家庭のダルバート チキンがメイン

北アンナプルナのジョムソンからムスタン
タカリ族のダルバート。
グリーンのダル(レンズ豆スープ)、山羊肉のカレーや干し野菜のタルカリ。
山椒を利かせた特徴のある味わい。
りんご、杏、ももやその加工食品。

マルファのアップルジュース、ブランデー。

グルン族が多く暮らす標高1900mのガンドルック周辺。
水牛肉のスパイシーなカレー。

エベレスト街道標高3400mナムチェバザールなどシェルパ族が暮らすクンブー地方
ジャガイモの料理。
ポテトパンケーキに殺人的に辛い青唐辛子のソースを添えて。
口に火がついたようになったら、ヤクのクリーミーなチーズで辛味が和らぐ。

カトマンドゥ北部のランタン方面
地鶏のカレー。

質素なつくりでももてなしは温か

やっぱり、どうしてもダルバート系…なんですねぇ。
まぁ、村のロッジでメニューにあるパスタ、ピザ、サンドイッチなどを頼むと、大失敗!!の可能性も結構あったりして…。
ネパールに来たことを胃袋から実感するには「ダルバート」を注文するのが、一番間違いないかと思います(笑)

PR
ポカラから出発のアンナプルナ・ゴレパニトレッキング。山岳民族の色濃い文化とマチャプチャレの絶景をお楽しみください。
ポカラから出発のアンナプルナ・ゴレパニトレッキング。山岳民族の色濃い文化とマチャプチャレの絶景をお楽しみください。
Rosebys LONDON 店内
上質なリネン類豊富! Rosebys LONDON
エリア:
  • アジア>インド
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 スパ・エステ 
投稿日:2010/11/14 21:10
ネパールならでは、というものを紹介すべきところですが、在留期間が長くなるとグローバルスルタンダードなものに憧れが出て、ついつい足を運び、うっとり、またなぜか安心感を覚えるのです。

Rosebys LONDON 店内

今回お邪魔したのは、ロンドンでお馴染みのインテリア&ライフスタイルショップ Rosebys LONDON。
主にベッド周りのリネン、カバー類を取り揃えています。

かなり大胆な、元気が出るような色柄使いの商品は、インド人デザイナーによるものだそう。
シンプルで落ちつきのある物を好む日本人には、刺激的なデザインに映りますが、上手に用いればスタイリッシュなお部屋になることでしょう。

なぜ、ロンドンブランドがここ、ネパールへ?
ほとんど生産はインドで行っていて、インドでもRosebys INDIAとしてショップ展開しているからだそうです。


私が興味を抱いて買い求めたのは「バンブータオル」竹繊維50%とコットンの混紡素材で、吸水性が高く、肌触りがよいもの。
竹は抗菌性が高い素材と言われていますね。
端の処理がしっかりとしいて、ふっくら厚みがあり、耐久性も高そうです。
サイズは、ハンド(3枚組)、フェイス(2枚組)、バスの3種類、カラーバリエーションもいくつかあり、草色の筒状ボックスに入っていますから、ギフトにも好適なアイテムです!

このクオリティーにして価格が適切、というよりむしろかなりリーゾナボーではないかと思います。基本的に印ルピーの価格で、そのまま固定レート1.6倍したネパールルピー表示となっています。

パーソナルケア製品の品質、使い心地はわかりませんが、ソープが400ルピーといのは、ネパール全体の物価からすると少々お高いでしょうか?


Rosebys LONDON 外観

Fabindiaと並び、国際的に認知されたブランドショップがカトマンドゥに続々とオープンしているという、ヒマラヤンタイムズに詳しい記事が掲載されてました。
パタン市マンバワンのFabindiaのリポートは、また後日紹介させていただこうと思います。


Rosebys LONDONは、マカラディのアカデミーホール前から、カマルポカリのマルコポーロビジネスホテルへ向かう通り、いくつかの花屋さんと並んでありますので、すぐにわかります。

参照URL: http://www.myrosebys.com/

追記
2013年 閉店になりました。残念;

PR
ポカラから出発のアンナプルナ・ゴレパニトレッキング。山岳民族の色濃い文化とマチャプチャレの絶景をお楽しみください。
ポカラから出発のアンナプルナ・ゴレパニトレッキング。山岳民族の色濃い文化とマチャプチャレの絶景をお楽しみください。
銀行のビルのライティング
ティハール ハイライト
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
  • アジア>ネパール
テーマ:街中・建物・景色 お祭り・イベント 世界遺産 
投稿日:2010/11/08 19:52
今年のティハール。

背負子でマラを運ぶ老夫婦

暦の関係で、ククルティハールとラクシュミプジャが同日。
バイティカの日、ネワール族家庭では、マハプジャとなり、翌日にバイティカという変則的で、ネパール人の間でも混乱があったようです。

ラニポカリの中ヤマレショワール寺院、普段は中に入れませんが、バイティカの日は開門され、姉妹のいない人に「ティカ」を授けてくれます。
昨日に続きネワールの方のために今日も二日連続で開けられたそうです。


初日から今日までのハイライトをごらんください。

犬にプジャ

市場にて色粉を買うおじさん

銀行のビルのライティング

ヤマレショワール寺院

もっとも大切な儀式「ティカ」

PR
ツイッターでもティハール画像とつぶやきをアップしています。
ツイッターでもティハール画像とつぶやきをアップしています。
カラフルな色粉がずらりと並びます。
みんな、始まるよ!光の祭り「ティハール」
エリア:
  • アジア>インド
  • アジア>ネパール
テーマ:街中・建物・景色 お祭り・イベント 歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/11/02 02:35
11月3日から「ティハール」が始まります。
すでに方々から爆竹の爆音が響いてきております。
巷はダサインから続くセールということもあり、ショッピングセンターや市場には買い物客が繰り出しています。

 お金が振っている!印度の千ルピー。

ティハールのためのお買い物といえば、キャンドル、胡桃、マリーゴールドや千日紅のマラです。
犬や牛も、マラをかけ、ティカをつけてもらっているのを写真に収めるチャンスですよ。
ラクシュミプジャの日には、家の前に吉祥文様を描きますが、それもまたカラフルで、それぞれの家庭によってさまざまなデザインですので、見て回るのが楽しいものです。

カラフルな色粉がずらりと並びます。

5日間続くこの祭り、光の祭りと言われるとおり、あちらこちらに電飾や灯明が灯され、夜の街が華やかに、幻想的になります。
子どもたちが歌を歌ったり、踊ったりして、家々を巡てきますので、小銭をたくさん用意しておかなくては

PR
カトマンドゥ盆地の世界遺産サイトを巡る市内観光は、半日、1日、2日とございます。ご希望サイトをチョイスできます。日本語ツアーガイドサービスも承ります。
カトマンドゥ盆地の世界遺産サイトを巡る市内観光は、半日、1日、2日とございます。ご希望サイトをチョイスできます。日本語ツアーガイドサービスも承ります。

1 - 4件目まで(4件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(125)
インド(7)
中国(3)
ブータン(3)