独自の基準で厳格に評価!日本全国と海外30都市の旅行先グルメランキング

クチコミ

投稿受付中

独特世界感の薪焼きスペイン料理「bb9 - ベベック」in 神戸元町

訪問 2015.02

・bb9 - ベベック場所はJR元町駅の向かい道からさらに花隈の方角に進み、その途中の間道に入った路地に佇む隠れ家的オシャレなお店。扉の横に極少の看板があるだけで目印が全くなく、さらに路地中のためしっかりと場所を調べて行かないと迷う方も多いのではと思います。内装はこんな感じ。モダンかつスタイリッシュな店内に、席は4つのテーブルのみ、そこに空間をより際立たせるための神秘的なフィーリングミュージック。この時点ですでに他のレストランとは違った風格と異端児感、さらにこのお店は「薪焼き」といった非常に珍しい調理法での料理提供。あまり感じる事のない雰囲気の空気感に、期待が高まります。ちなみに通常のスペイン料理と言えばパエリアやガスパチョ等が有名ですが、こちらは大きくひねりのあるオリジナルスペイン料理。こういったスペイン料理のお店は数少ないので、それぞれのお店での料理の違いを感じるのも一つの楽しみです。最初はシャンパンからのオーダー、82年製のワインに炭酸を含めた珍しいタイプの物との事で、丁寧な説明を受けつつ飲んだこれがかなり美味しかった!料理内容はお任せコースの一つのみ。ただ予約時に今の時期は黒トリュフ

独特世界感の薪焼きスペイン料理「bb9 - ベベック」in 神戸元町

訪問 2015.02


・bb9 - ベベック



場所はJR元町駅の向かい道からさらに花隈の方角に進み、
その途中の間道に入った路地に佇む隠れ家的オシャレなお店。

扉の横に極少の看板があるだけで目印が全くなく、さらに路地中のため
しっかりと場所を調べて行かないと迷う方も多いのではと思います。



内装はこんな感じ。



モダンかつスタイリッシュな店内に、席は4つのテーブルのみ、
そこに空間をより際立たせるための神秘的なフィーリングミュージック。



この時点ですでに他のレストランとは違った風格と異端児感、
さらにこのお店は「薪焼き」といった非常に珍しい調理法での料理提供。
あまり感じる事のない雰囲気の空気感に、期待が高まります。


ちなみに通常のスペイン料理と言えばパエリアやガスパチョ等が有名ですが、
こちらは大きくひねりのあるオリジナルスペイン料理。

こういったスペイン料理のお店は数少ないので、
それぞれのお店での料理の違いを感じるのも一つの楽しみです。



最初はシャンパンからのオーダー、
82年製のワインに炭酸を含めた珍しいタイプの物との事で、
丁寧な説明を受けつつ飲んだこれがかなり美味しかった!

料理内容はお任せコースの一つのみ。
ただ予約時に今の時期は黒トリュフもあるとの事で、
通常コースにプラスして、追加オーダーとして予約しました。




では料理紹介に。

・黒トリュフと自家製バター


まず最初のお皿は黑トリュフとバターのみの料理、
これをナイフとフォークで食べるといった斬新かつ面白い始まりの一品。
単品で風味を味わったあとに、焼きたての自家製パンに付けて食べる。
これ以上とない贅沢なパンのお供ですね。



この焼きたてパンの焼き加減と味が絶妙、抜群に美味しかった。


・キス 薪焼き


ここから始まる、このお店特有となる調理法の薪焼き料理。
ほぼ半生のレア状態だけど、刺身でもないといった初めての食感と味わい。
高級寿司屋の様な完全に素材を活かした味付けで、これが美味かった!
まさに選ばれた鮮度でしか出せない素材を活かした一品、
おそらく薪焼き以外では食べる事の出来ない火入れ加減が絶妙でした。


・いいだこ 薪焼き


キスに引き続き、シンプルに素材を活かした味付けの薪焼きタコ。
横のソースはさっきまで生きていたこちらのタコの墨で調理されたイカスミ。
これも初めての味わいで、抜群に美味しかった。
おそらくこれまで食べたタコの中でもトップ3に入るであろう、絶品ダコ。


・自家製河内鴨チストーラ 薪焼き


鴨をウインナーの様な加工肉として、薪焼きでレアに調理されたチョリソー。
柔らかいハンバーグの様な不思議な食感と、素朴ながら上質な味わいのネギ。


・たいらぎ貝 薪焼き


お寿司屋に行くと必ず数種類の貝を頼むほど貝好きな僕ですが、
それでもあまり食べる機会のないしっかりとした食感のタイラギ貝。
それをオシャレな味付けの香草と、すごく甘いトマトソースと一緒に食す。
斬新な組み合わせが驚きの味となり、絶品でした。


・黒トリュフのリゾット


トリュフを際立たせたシンプルな味付けと上品な味わい、贅沢リゾットです。


・天然ヒラメ 薪焼き


パリパリの皮に、見た事もないような綺麗な真っ白な色合いの白身。
こちらも文句なしに美味でした。


・季節野菜


黄カリフラワーや海老芋、金時ニンジンや黄金かぶなど、
上質なお店ならでは鮮度にこだわった、美しく珍しい計19種類の野菜の数々。
味付けも本当にシンプルで、全て野菜本来の味を楽しむための一品。

見た目の彩りはもちろんのこと、味にも華やかさを感じられるほどの素材。
味と共に、一つ一つ選びながら味わって行く過程がまた楽しいです。



そしてメインディッシュ、肉に合わせて白ワインから赤ワインに変更。




・仔鴨 薪焼き


メインは再度、鴨料理。
おそらくレバーとその近くの部位ではないかと思われる、2種類の柔らかい肉。
鴨特有のクセが少しあり、赤ワインとのマリアージュを楽しむための様な一品。

そして左にある、手羽先の様な小さく繊細な肉。
食す個所は小さい物の、これが焼鳥屋で出てくると唸る程の美味な一品でした。


そして2種のデザート。

・水晶文旦


文旦(ぶんたん)と言う、ハッサクの種類となるミカン系のシャーベット。


・自家製アイスクリーム


最後に自家製のシャーベット。
これは味を伝えない方が楽しめるとの事で、秘密での提供。
食べてすぐには分からなかったが判明、驚きの○○アイスクリームでした。
これは行った人のみが是非味わって下さい。
ここでしか食べられない味のアイスだと思います。



以上の料理。

トータル一言でまとめると、「非常にレベルの高い通な料理」といった感じ。
ある程度色んなお店で食べていなければ、多分ここまで良さは感じられなかった。
食材自体も独特で、おそらく好みや合う合わないといった感じもあると思います。
少量づつの斬新な料理の数々、個人的にはどれも美味しく、そして楽しかった。


見た目ではシンプルながら、どの料理も繊細で本当にこだわっているのが分かる。
薪焼きといった調理法はもちろんの事、仕入れでの食材選び、味付け、
そして火入れ加減や薪焼きの風味などなど、全て細かく計算しつくされた料理。

お皿はデザインのみで、特に彩る事はなくパンを置くお皿以外は全て真っ白。
それもおそらく全て料理に気がいくようにといった個人的な見解です。


そして接客面。
シェフとサービスのお2人で切盛りされてるようで、サービスの方の配慮や説明、
料理が出るタイミングやワインのチョイスなど、全て絶妙でした。
少し話すだけで知識豊富なのが伝わり、経験の厚みを感じられる素敵な方でした。
それと厨房からちらりと覗く、いかつい風防と個性的な髪形をしたシェフ、
そんな見た目とは裏腹に、笑った時の温かい笑顔が印象的の優しそうな方でした。

最後に料理が終了してから、少し歓談を。
素敵な時間があっという間に過ぎ去りました。
コスパもこれだけの内容を考えると、十分に満足出来る金額です。


ちなみに伺った時にお店の歴史を訪ねると、
トータル4年、新店になってからは1年との事で気になって少し調べると、
以前はヌーダという非常に評価されていたお店からリニューアルされたそう。
シェフは本場スペインの薪焼きの名店で修業された方、
サービスは神戸の名店「アランシャペル」で働かれていたとの事。
通りでこんなに面白い異色のお店になる訳です。



振り返りながらブログを書いていて、よりこのお店が好きになった気がします。

同じスペイン料理のカセントと比べた時に、カセントは年に一回行きたいお店、
こちらは季節が変わるごとに、その時期の食材を食べに行ってみたいと思うお店。
全てのトータルで見ると演出や完成度で少しカセントに軍配が上がりますが、
こちらの方がお店の方との距離が近く、通いたくなるというのが主観です。

場所は結構いびつな所にあり、きっかけがなければまず行かないような場所。
集客を考えると、料理に自信がなければまず出さない場所だと思います。
そして見事に、その思惑通りにさせられました。
足を運ぶ価値が存分にある、また季節が変わったら訪れたいと思います。

ミシュラン2015には選ばれていませんが、選ばれても全く遜色ないと思います。
むしろ独自路線やオリジナリティが好きな僕としては、
こういうお店がミシュランに選ばれるともっと面白いなと思います。

本当に素晴らしいレストランでした。





(再訪 2015年8月)
何度か予約電話するも、タイミングが合わず再訪出来てませんでしたが、
ようやく念願叶っての訪問で楽しみに訪れました。




今回食したのはこちらのメニュー、

・自家製バターと白トリュフ


・淡路のさば


・フランス産モンサンミッシェルのムール貝


・河内鴨のチストーラ


・淡路のはも


・季節野菜


・長崎五島のひらすずき


・ドライエージング 40日間の熟成肉


・巨峰のアイスクリーム


・前回同様、こちらのスペシャルアイスクリーム


以上の料理内容。

まず最初の自家製バターですが、前回は黒トリュフでしたが今回は白トリュフ。
薪焼きの香りに燻製とトリュフの風味、バターと塩とのバランスが相まって絶品。
こんなに贅沢で美味しいバケットは他では食べられません。

そしてここから始まる薪焼き料理。
素材を生かしたシンプルな調理と最低限の味付けに、抜群の火入れ加減。
手間がかかった仕込みと、シンプルならではの深さを改めて感じさせられました。
やはり今回も、非常にハイクオリティな料理と素晴らしい世界観でした。

それとこのお店が素晴らしいのは料理だけではなく、サービスをされている
ソムリエの西川さんあってのお店のクオリティの高さだと思います。
ワインから料理の説明、絶妙な距離感、繊細な気遣い、抜群の会話とテンポ、
この居心地の良さが相まってこそハイレベルなお店としてより際立つと思います。

今回も大満足でお店を後にしました。
今後も通っていきたいと思う、数少ないお店のうちの一店です。
気になる方は是非一度足を運んでみて下さい。

店舗情報

掲載情報修正

  • 価格帯
    ¥10,001~¥15,000
  • 定休日
    水曜日、その他不定休

この店について調べる 別ウィンドで開く

ご利用される際は、掲載情報についてご自身で店舗に確認をしていただくようお願いいたします。