世界のおいしいレストラン

独自の基準で厳格に評価!日本全国と海外30都市の旅行先グルメランキング

クチコミ

投稿受付中

那覇に全国レベルの凄いピッツェリアがあった!「BACAR OKINAWA(バカールオキナワ)」

訪問 2013.09

今日のピックアップフォトは、沖縄の那覇にあるナポリピッツァの名店「BACAR OKINAWA」でオーナーの仲村大輔氏に焼いてもらったマルゲリータとマリナーラです。沖縄にこんな旨い隠れた名店があったことを知らなかったのが恥ずかしい位です(笑)。 詳しい情報はこの後の本文でお楽しみください(^_-)-☆ 沖縄出張の二日目です。「BACAR OKINAWA」に初訪問してきました!!いやー、未訪問でも凄い店があったもんです(笑)。このBACAR OKINAWAはずっと気になっていながらなかなか行けなかった店です。今回の沖縄出張でやっと予約がとれて訪問することが出来ました。店の入り口はオーナーの仲村さんの修業先だった名店「SAVOY」をイメージさせる雰囲気ですね。(^_-)-☆18時に予約をしておいて開店と同時に入りました。平日なのに18時前には既にお客様が外で待っているほどの人気店です。店内はとても落ち着いた感じで、一見すると怖そうな男性ばかり働いていますが皆さんお話すれば笑顔も素敵な好青年ですよ(^_-)-☆。 かなり硬派な感じの店造りだと思いました。 前菜メニューからグリーンサラダをチョイスしました。 ピッツァは初めにマリナーラで2枚目はマルゲリータ。この潔いメニ

那覇に全国レベルの凄いピッツェリアがあった!「BACAR OKINAWA(バカールオキナワ)」

訪問 2013.09

今日のピックアップフォトは、沖縄の那覇にあるナポリピッツァの名店「BACAR OKINAWA」でオーナーの仲村大輔氏に焼いてもらったマルゲリータとマリナーラです。
沖縄にこんな旨い隠れた名店があったことを知らなかったのが恥ずかしい位です(笑)。

詳しい情報はこの後の本文でお楽しみください(^_-)-☆

沖縄出張の二日目です。
「BACAR OKINAWA」に初訪問してきました!!
いやー、未訪問でも凄い店があったもんです(笑)。
このBACAR OKINAWAはずっと気になっていながらなかなか行けなかった店です。
今回の沖縄出張でやっと予約がとれて訪問することが出来ました。
店の入り口はオーナーの仲村さんの修業先だった名店「SAVOY」をイメージさせる雰囲気ですね。(^_-)-☆

18時に予約をしておいて開店と同時に入りました。

平日なのに18時前には既にお客様が外で待っているほどの人気店です。
店内はとても落ち着いた感じで、一見すると怖そうな男性ばかり働いていますが皆さんお話すれば笑顔も素敵な好青年ですよ(^_-)-☆。

かなり硬派な感じの店造りだと思いました。

前菜メニューからグリーンサラダをチョイスしました。

ピッツァは初めにマリナーラで2枚目はマルゲリータ。
この潔いメニューも現在では聖林館となった旧SAVOYのスタイルをしっかりと踏襲しています。
デザートメニューからレモンのグラニータとエスプレッソを頼みました。

グリーンサラダには自家製ハムが乗っていましたが、これがまたかなり旨い!
力のある野菜と一緒に美味しいハムを楽しめました。

サラダを食べ終わったらオーナーの仲村大輔氏がピッツァの準備を始めました。

仲村さんのニンニクのカットの仕方はヒラヒラと表現出来るくらい薄くナイフでスライスしています。
また仕上げに握り拳にちょっとだけつけて塩をふりかけるしぐさもきまってますね。

焼く前のBACAR OKINAWAのマリナーラです。
良いピッツァは焼く前から旨そうなオーラが見えるものです(笑)。

窯に投入したら集中してピッツァを焼き上げます。

この薪窯もSAVOYや聖林館をイメージさせる薪窯ですね。

薪窯の中で焼き上がりをチェックする目は実に鋭いですね。

マリナーラの完成です。
これはまた見事なマリナーラです。
焼き上がる頃を見計らってスタッフが仲村さんの所で待機していて、焼き上がったらお客様の所に走って持って来てくれるのが最高に嬉しいです(笑)。
焼き上がりを走って届けに来るとお客様も「ナポリピッツァは急いで食べなくちゃいけない」ということが伝わりますね(笑)。
ニンニクを透けるほど薄くスライスして乗せた所にかけられたオリーブオイルに、ニンニクの旨味が移り、生地の旨味との相乗効果で、かなり美味しいマリナーラでした。

2枚目のマルゲリータを作り始めたので、また拝見させていただきました。
この生地の伸ばし方は今まで見て来た方達とはまた違う感じですね。

仲村さんがピッツァを作るときの仕上げに「拳」に塩を付けてサッとかける様子は見ていてカッコイイですね~!

仲村さんがピッツァを焼く姿は実に決まってます。
話をする時のニコニコとした感じと、ピッツァを作るときのピンッと張った緊張感がたまりません。

このマルゲリータのルックスをご覧ください!
コルニチョーネ(額縁部分)はサックリしていて本体はもっちり。
トマトソースの酸味と甘みにマイルドなモッツァレラチーズの旨味が加わって実に旨い。

最後にエスプレッソを頼んでみました。
このマシンとパッサラックァ(ナポリの珈琲豆)の看板を見ただけでもかなり期待出来そうです。

このエスプレッソは実に素晴らしかったですよ。
ナポリのパッサラックァの直営店に行くと初めから砂糖を入れてエスプレッソを淹れるんですが、バカールでも初めから砂糖を入れて出すのがナポリっぽくてGOODです(^_^)v。
ドルチェのレモンのグラニータも実に好みのタイプでした。
ちゃんと酸味があってかなり旨いのでグラッパをかけて食べても美味しいかもしれませんよ。

最後にオーナーの仲村大輔氏に記念撮影をお願いして素晴らしいディナーを締めくくりました。
仲村さんはイタリア旅行でナポリピッツァの魅力にはまり、当時からナポリピッツァを提供していた中目黒の名店「聖林館」がまだ「SAVOY」と名乗っていた時代に、柿沼氏の下で修業したそうです。
ナポリピッツァよりアメリカンピザが強い沖縄で、自分が信じる「ナポリピッツァ」を現代のナポリピッツァブームに左右されることなく貫き、自分が信じる道をコツコツと歩み続けている仲村さんは熱い漢(オトコ)です。

これから沖縄出張や旅行のチャンスがあれば間違いなく再訪したいと思える素晴らしいお店でした。

店舗情報

掲載情報修正

  • 価格帯
    ¥2,001~¥5,000
  • 定休日
    無休

この店について調べる 別ウィンドで開く

ご利用される際は、掲載情報についてご自身で店舗に確認をしていただくようお願いいたします。