世界のおいしいレストラン

独自の基準で厳格に評価!日本全国と海外30都市の旅行先グルメランキング

クチコミ

投稿受付中

「里葉亭」

訪問 2008.02

「里葉亭」@関内(☆☆)  押し寄せるお客もあって素材は常に新鮮で大振り、焼き具合はレアでいただけるものはレアに仕上げるという焼き鳥も見事。 立地と箱が良くなり、サービスがてこ入れされると、名店として全国にも名が轟きそうです。  伊勢佐木モールからちょっと入り込んだ場所。 角地に昔ながらの店を思い出させる白い建物が建っています。  中はとても混んでいるし、活気があります。 左が小上がりの座敷席、右がカウンターです。今風の店ではなく、外観同様に中も驚きの焼き鳥が出てくる内装ではないように思えます。 ただ、座布団は何枚もあって座るのには便利。 08年2月8日夜の来訪。 19時半の予約。20時では遅いといわれました。暖簾をくぐって中に入るとその時間でもう満席。  ソフトドリンクは烏龍茶とお茶しかないそうです。 エシャロット  そのものずばりの新鮮なエシャロット。味噌でいただく。葱に似てちょいと辛目のエシャロットの風味はさっぱりみずみずしく新鮮。 鶏のすきみ  味噌が塗ってあります。肉質はプリプリでところどころにコリコリした軟骨が。すきみとは首のところの肉らしいですね。どこにも焦げのない焼き鳥は不思

「里葉亭」

訪問 2008.02

「里葉亭」@関内(☆☆)

 押し寄せるお客もあって素材は常に新鮮で大振り、焼き具合はレアでいただけるものはレアに仕上げるという焼き鳥も見事。
 立地と箱が良くなり、サービスがてこ入れされると、名店として全国にも名が轟きそうです。
 
 伊勢佐木モールからちょっと入り込んだ場所。
 角地に昔ながらの店を思い出させる白い建物が建っています。

 中はとても混んでいるし、活気があります。
 左が小上がりの座敷席、右がカウンターです。今風の店ではなく、外観同様に中も驚きの焼き鳥が出てくる内装ではないように思えます。
 ただ、座布団は何枚もあって座るのには便利。
 
08年2月8日夜の来訪。
 19時半の予約。20時では遅いといわれました。暖簾をくぐって中に入るとその時間でもう満席。

 ソフトドリンクは烏龍茶とお茶しかないそうです。
 
エシャロット

 そのものずばりの新鮮なエシャロット。味噌でいただく。葱に似てちょいと辛目のエシャロットの風味はさっぱりみずみずしく新鮮。
 
鶏のすきみ

 味噌が塗ってあります。肉質はプリプリでところどころにコリコリした軟骨が。すきみとは首のところの肉らしいですね。どこにも焦げのない焼き鳥は不思議。
 
お新香盛り合わせ

 これはあまり食べなかったのですが、糠床は自家製で味わいは穏やかで美味しい。
 
銀杏

 お口直しに、といって出されます。苦味が強いのが気になりました。
 
長芋の漬け物

 ほんわり酸味のある長芋。醤油をかけずに摩り下ろしたばかりの山葵でいただく。これがトロミと辛味がよく美味しい。
 
牛モツ煮込み

 これが良い出汁が出ているし他の店と比して美味しいのです。ここまで文句を言っていた悪友二人もこれは美味いと褒めはじめました。にんじん、ゴボウ、蒟蒻に万能葱たっぷりで七味唐辛子がかかる。特別な作りではないけど十分に美味しい。奇をてらわずに素直に美味しいのですから力量ですね。
 
自家製スモーク盛り合わせ

 鶏皮付きのあっさりした鶏肉の自家製スモーク。黒こしょうを振った鶏フォアグラのスモーク。中がトロリとしたきんかん(卵になる前の黄味)。牛タンスモーク。縁側の味噌漬け。粒マスタードと黄色いマスタードの2種が添えられていました。
 
手羽先の唐揚げ

 手羽先は焼き鳥ではなく、外側がパリッと香ばしいから揚げに。
 
牛タン

 驚くほど厚めのタンで、ざっくり歯を入れてクニクニと食べます。ジューシーで味があふれ出す仕上がり。マスタード2種がここにも添えられています。
 
ハツ

 ハツといえばもっと香ばしくと思うのですが、トロリと滑らかな口当たりに焼かれたハツが驚くほどたっぷり刺さっています。上におろし生姜をのせていました。
 
つくね

 珠玉の出来栄えのつくね。ふんわりと軽く、コリコリした食感や穏やかな脂の甘みなども味わえる。これはぜひ食べねばならない品ですね。ねぎまになっています。
 
砂肝

 他のものに比してこれは表面をカラリと。ゴリゴリいただける砂肝らしい美味しさ。柚子胡椒が塗られていますが、これが辛味を強く感じます。
 
ピーマン

 お皿に盛られてきたこれはへたのほうを上にして食べるよう言われます。ピーマンから出た水分と塩が中にスープとしてたまるのです。このピーマンが苦味なく甘い。野菜の美味さを感じられる焼き物。これいいですね。
 
フォアグラ

 鶏のものでしょう。物凄くビッグです。ごっそりあるこれがレバーの香りもするもので、トロリとレアな口当たり。レアに仕上げて美味しく食べさせられるところがこの店の非凡なところです。もちろん、それだけの鮮度を誇っているからでしょう。
 
鶏スープ

 透き通ったスープは実に良い鶏がらの出汁が出ています。黒胡椒もたっぷり。
 
鶏皮

 肉までついているジャンと悪友どもが言うほどにビッグ。しかし、実は厚めの鳥皮がぎっちりと串に刺さっているという驚愕のひと串。油が滴る、プリプリクニクニの鳥皮がまた美味いんですよね。甘い醤油ベースのタレや味噌で。
 
フライドライス

 物足りない方にということでもちろん注文しました。フライドライスといっていましたが、実際はカレーピラフのようです。カレー粉の香るこれにレモンをふりかけ、福神漬けと味噌で食べると本当に良い。持ち帰りもできると大将が言ってくれましたが、遅れてきた悪友を入れて4人で完食しました。
 
 素材に自身があるからこそのレアさ加減、焼き鳥にしてはたっぷりの量がうれしい店ですね。
 最後に店主が馬鹿がつくほど丁寧にお見送りをしてくださる。ちょいと照れくさいくらいですが、こういう姿勢がこの場所にあって旨いものを出せ、お客を呼ぶ力の源になっているのだろうなぁと感心しました。

店舗情報

掲載情報修正

  • 価格帯
    ¥5,001~¥10,000
  • 定休日
    水曜日、毎月第1・第3・第5木曜日

この店について調べる 別ウィンドで開く

ご利用される際は、掲載情報についてご自身で店舗に確認をしていただくようお願いいたします。