1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. アムステルダム(オランダ)観光地
  5. マウリッツハイス美術館の現地口コミ・地図

アムステルダム(オランダ)

現地のプロ(6人)詳細を見る

Mauritshuis マウリッツハイス美術館

  • 美術館・ギャラリー
  • ハーグ
  • 価格帯大人 15.50ユーロ
    こども(18歳まで) 無料
  • 定休日11月5日、1月1日、12月25日

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Plein 29, 2511 CS Den Haag, The Netherlands
営業時間
[月]13:00-18:00 [火,水,金-日]10:00-18:00 [木]10:00‐20:00
公式サイト
http://www.mauritshuis.nl/
電話番号
+31-70-3023456
駐車場
なし
投稿日2018/06/04

オランダを代表する画家フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」に会える美術館!

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • ガイドの超イチオシ!
  • 定番人気

(個人ガイド、オーダーメイドツアー、通訳)

フェルメールの代表作3点(「真珠の首飾りの少女」「デルフトの眺望」「ディアナとニンフたち」)が展示されているマウリッツハイス美術館。この美術館は、17世紀にオラニエ=ナッサウ=ジーゲン候ヨハン・マウリッツ伯爵の私邸として建てられました。後にいくつかの異なる用途を経て、1822年、美術館となりました。

展示されている絵画はそのほか、レンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」、ポッテルの「雄牛」、ファブリティウスの「五色ヒワ」などの名作があります。なお、美術館の公式ホームページではマウリッツハイス美術館に展示されている絵画すべてを(デジタルですが)見る事ができます。

美術館敷地内の地下を降りていくとロビーがあり、その右側に入館券購入窓口とコインロッカーがあります。

また、明るくゆったりとしたロビーにはマウリッツハイス美術館関連グッズの売店があります。関連したポストカード、文房具、書籍など、何を買って帰ろうか迷うほどの品揃えの良さです。

こども達がゲーム感覚で楽しく歴史、美術が学べるようにと年間を通して色々なイベントが開催されています。英語かオランダ語が話せる方は、家族連れで訪問される場合、イベントがあるかどうか窓口で確認されるのもよいでしょう。

お勧めのコースとしては、マウリッツハイス美術館で「デルフトの眺望」を鑑賞した後に、実際にその絵が描かれたとされる場所で景色を堪能する事です。その場所へはデンハーグ中央駅から2駅(約15分)先のデルフト駅で降ります。そこからは徒歩約10分で到着です。

【知っておくと便利!】
平均滞在時間:約1時間
比較的空いている時間帯:午前中
アクセス:デンハーグ中央駅から徒歩約15分
日本語音声ガイド:あり(3.50ユーロ)。アプリ利用の場合は無料ダウンロード可能。
車椅子:館内での無料レンタルあり。
休憩所:館内にお茶やランチが出来る黄金時代をテーマにしたレストランあり。

【営業情報】
休館でない祝休日は短時間営業になる場合があります。
2018年度のお休みは11月5日、12月25日、2019年1月1日。
なお、専用駐車場はありません。

※2018年5月時点の情報となります

2018/04訪問

投稿日2015/03/23

会いに行く、という表現が世界中でもっともふさわしい絵があります。

  • 芸術鑑賞おすすめ
  • 定番人気

(フリージャーナリスト)

アムステルダムから電車で約50分、デン・ハーグ中央駅から徒歩15分の場所にこの美術館があります。2014年6月、2年間におよぶ改修工事が終わり、リニューアルオープンをしました。

工事の間、日本、イタリア、アメリカの美術館を回り、世界中のファンを魅了した”あの少女”も帰って来ました。知名度では、フェルメール作品の中でダントツの「真珠の耳飾りの少女」。日本でも大勢の人々がこの絵を見るために出かけたのではないでしょうか。

ここでは他に、フェルメールのごく初期の作品と言われている「ディアナとニンフたち」、そして2点だけある彼の風景画のうちの一点「デルフトの眺望」を所蔵しています。人物画で有名なフェルメールですが、この風景画を彼の一番の傑作と推す人もいるんですよ。この絵の空の色は、ぜひとも本物の絵の前に立って観て欲しいと思っています。

美術館の建物は1644年、マウリッツ候の住居として建てられたもので、17世紀のオランダ建築の典型です。今回の改修工事で建物本来の姿と色を取り戻しました。
大きな美術館では味わえない、個人宅にお邪魔したような気分になるマウリッツハイス。そして、こんな美術館に小さな「真珠の耳飾りの少女」の絵はとてもふさわしいと思います。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する