1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ベルリン(ドイツ)ショッピング・お土産・買い物
  5. ハッケシャー ホーフの現地口コミ・地図

Hackeschen Hofe ハッケシャー ホーフ

  • ショッピング街・エリア
  • ベルリン
  • 定休日各店舗に準ずる

このスポットへ行くオプショナルツアー

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Rosenthaler Street 40-41, 10178 Berlin, Germany
営業時間
各店舗に準ずる
公式サイト
http://www.hackesche-hoefe.com
電話番号
+49-30-2835293
投稿日2016/12/27

サブカルチャーの発信地、集合住宅のような作りがユニーク

  • ファッション・生活雑貨おすすめ
  • 穴場
  • 地元っ子に人気

(フリージャーナリスト)

東西統一後のベルリンは、世界的なサブカルチャーが生まれる場所として注目されるようになりました。そんな中で、この街の新しい文化の発信地として訪れたい場所がここ、ハッケシャー ホーフ。

ホーフとは、ある囲まれた敷地内に、5−6階建ての低層ビルが複数繋がっている場所を言います。その中庭に面した部分や階上には、さまざまなショップやカフェ、アートショップ、ギャラリーなどが集まっています。このハッケシャー ホーフは規模が大きく、ホーフの代表的な場所として多くの観光客が訪れます。

いわゆるショッピングモールとは全く雰囲気が異なり、敷地内の中庭をぶらぶらしているだけでも「ベルリンの文化の深さ」がしっかり感じられることでしょう。商業施設というよりむしろ、高級な団地が連なっている、という印象を持つかもしれません。

このホーフを有名にしているお店は、東ドイツ時代の信号の図案をモチーフにしたアンペルマン・ショップです。最寄駅からホーフに入ると最も奥のエリアにお店があります。ホーフの中をのんびりと歩きながらショップに向かうことにしましょう。

2016/09訪問

投稿日2015/09/18

通りを離れて裏道散策!おしゃれなお店もたくさん

  • ファッション・生活雑貨おすすめ
  • 穴場

(ライター)

ハッケシャーマルクト駅をおりて、通りに向かうと大きな三叉路に出ます。
そこを渡った先がハッケシャーホーフ。

入り口すぐのところには映画館が。
この建物はベルリン特有の住居の形をしていて、入り口を入るとその先に中庭が広がり、周りを建物が囲んでいます。
ちょっと下町に入り込んだ気分になります。
ハッケシャーホーフの場合、こういったコンドミニアムが複数あり、
中に行けばいくほど、新たな建物があるという、とても面白い構造になっています。

ここを訪れた際には、まず、一番奥にあるアンぺルマンショップへどうぞ。
ベルリンの信号機のキャラクターがたくさんの笑顔で旅行客を迎えてくれます。
オーソドックスなものは日本と同じく「緑が進む」「赤が止まる」なのですが、
それをモチーフにしたTシャツだったり、グミなどもおいてあります。
ステッカーに目を移してみると、三つ編みにした女の子になっていたり、
禁煙マークだったりと、多種多様に活躍している様も垣間見れます。

上部に目を移すと、戦時中のユダヤ人の生活にフォーカスした資料館などがあります。
戦前はここに、ユダヤ人女性のためのコミュニティが設置されており、その跡地が利用されています。

また、デザイナーグループがここを拠点にしていることでも知られています。
なかには前衛的な銅像があったり、骨董品のお店などもあったりして、
なかなか面白い出会いがあるでしょう。カフェで一息入れるのも楽しいものです。

ハッケシャーホーフ近辺は、おしゃれなファッションのお店がたくさんあります。
ここを拠点にぜひ開拓してみてください。

投稿日2015/03/23

ベルリンの代官山?お洒落カフェやショップが集う8つの中庭

  • ショッピングおすすめ
  • 穴場

(翻訳)

現代ベルリンを象徴するミッテ地区にある人気スポット、ハッケシャー・ホーフ。
ホーフとは中庭のことで、一歩中に入ると美しい迷宮に迷い込んだような不思議な気分になれる場所。
さかのぼること100年前に職人さんの工房や住居であったアパートを東西統一後にお洒落によみがえらせブティックや雑貨店、カフェの並ぶ人気スポットに突如なりました。
青いモザイクタイルの建物は、ベルリンのシンボルの1つ。

8つのホーフには、東ドイツ時代の独特な信号機をモチーフにした大人気のアンペルマンショップ本店があり、連日世界からの観光客で賑わいます。アンペルマングッツは、ベルリン市内のあちこちでみかけますが、こちらの本店は品揃えが1番!ベルリン土産として喜ばれます。
ホーフ1にはアンペルマンがトレードマークのカフェレストラン「ハッケシャー・ホーフ(Hackesche Höfe)」もあり、アンペルマンの世界を楽しめます。

これらのショップの他、シアターや映画館、クラブもあるカルチャーコンプレックスでもあり、ホーフ周辺の街並みも東ドイツの面影が残っていて散策にお勧めです。

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
ハッケシャー ホーフ周辺のおすすめショッピングスポット

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する