1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. バンコク(タイ)観光地
  5. メークロン鉄道市場/メークロン駅の現地口コミ・地図

Maeklong Market and Train/Maeklong Railway Station メークロン鉄道市場/メークロン駅

営業時間・地図等の詳細を見る

住所
Muang Samut Songkham, Samut Songkhram 75000, Thailand
投稿日2017/08/23

昭和レトロを感じさせる観光スポット、まさしくアメージングタイランド

  • 観光おすすめ
  • 定番人気
  • 穴場

(タイ在住ペットブリーダー兼ブロガー)

バンコクから約70km離れたサムットソンクラーム県にあるメークローン市場。国鉄メークロン駅周辺の市場です。

見所は列車が線路を通過する際に行われる店じまいの様子。この市場の一部お店は普段、線路上に商品を並べて販売しています。が、列車が通る際には一斉にテントを畳み商品を線路上から片づけます。列車が通過すると、何事もなかったかのようにテントや商品を元に戻して商売を再開。

この様子から別名〔線路市場〕と呼ばれています。劣化した線路の改修工事も終わり2016年4月から新たに再開されたメークロン線。バンコク市内から距離的にも日帰り可能な観光スポットです。

市場はローカルな雰囲気ですが、駅に到着する列車が通過する時間になると見物の観光客で賑わいます。こちらに行く場合は必ず列車の通過時間を事前チェックしておく必要があります。市場は午前中の方が賑わっていますので午前中がお勧めです。

市場で売っている物は、生鮮品、海産物、加工海産物、フルーツなどの現地特産食品類が多いです。旅行者にとってはバンコクでも購入できるものばかりなのであまり日本へのお土産品としてお勧めするような商品はありませんが、ローカル市場の雰囲気を堪能しながら散策するのも旅の醍醐味。市場で売られている生きたナマズや鮮魚類が入れられたバケツの中から飛び出してくることもあるかもしれません!

『バンコクからの行き方』
1.ロットゥー(ミニバス)で行く方法(乗車時間約1時間30分)
モーチットバスターミナル内にあるロトゥ乗り場212番のプラットホームがメークロン行き。直接プラットホームへ行き、その場でチケット代90Bを支払い、満席になったら出発。
*もう一箇所バンコクの南バスターミナル(サーイタイ・ガオ)からも出ているが場所が中心部から遠いので行き難い。尚、南バスターミナルは新と旧の2箇所あり、ロットゥーは旧(ガオ)のほうからの出発となるので要注意。
*自力で行く場合、往復ロットゥーで行くのが簡単で早い方法です。

2.電車で行く方法(合計所要時間片道約3時間以上)
1) 国鉄ウォンウェンヤイ(WongwianYai)駅へ
ホテルなどから駅まで直接タクシーで行くか、BTSウォンウェンヤイ駅下車(徒歩15分)
2) 国鉄ウォンウィエン・ヤイ(WongwianYai)駅から電車に乗り、終点マハチャイ(Mahachai)駅へ  (約1時間の乗車)
3) マハチャイ駅近くのパッタカーン船着場(Phattakan)から渡し船に乗り、下船後徒歩にて国鉄バーンレーム(Banlaem)駅へ。(徒歩+渡し船 約15分)
マハチャイ駅から徒歩5分弱で船着場であるが分からない場合、地元の人に〔バーンレム〕という単語を言うと指をさして教えてもらえます。渡し船3Bにて向こう岸へ渡り、下船後徒歩約8分ほどでバーレン駅に到着。ここはメークロン行きの始発駅で、出発の30分ほど前から列車に乗り込めるので早めに乗車して一番先頭の窓側の席を確保するべし。先頭車両の座席に座ると車掌席を通して正面から線路を見ることが出来ます。
4)バーンレーム駅から電車に乗り、終点メークロン駅へ(約1時間の乗車)
帰りはその逆となります。
*列車はディーゼル車で走行中は騒音を覚悟し、冷房はないため暑さを覚悟して乗るべし。走行中の風で涼しいとは限りません。耳栓、うちわ、飲み物持参で。

3.タクシー貸切 往復約 1500-2000B(別途高速代)

4.ツアーを利用する
旅行会社主催の日本語ツアーに参加。サムットソンクラーム県は潮干狩りや一日中楽しめるアムパワー水上マーケットもあります。またタイで最も有名な早朝のダムヌアンサドゥアック水上マーケットも近いので、上記観光地が組み合わさったツアーもあります。

〔往路ミニバンと復路列車を利用する場合の行程例〕
モーチットバスターミナルam8:30→ミニバスでメークロン駅へ90バーツ→10:30着→市場散策→11:10着の列車到着撮影→11:30発の列車でバーンレム駅へ10バーツ→徒歩+船移動3バーツ→13:15発マハチャイ発10バーツ→14:13ウォンウェンヤイ駅到着
*列車の時間に合わせて時間を計画する必要があり、時刻表変更の可能性もあるため最新の時刻表を事前にチェックしていく必要がああります。

市場の営業時間:AM6:00-16:00ごろ
2017年8月現在の見どころの時間帯はメークロン駅11:10着と11:30発の列車か14:30着と15:30発

列車の時刻表
ウォンウェンヤイ⇔マハチャイ間 日中は約1時間に一本は出ている
http://www.railway.co.th/checktime/checktime.asp?lenguage=Eng

バーンレム⇔メークロン間  
バーンレム発 (7:30、10:10、13:30、16:40)
バーンレム着 (7:20、10:00、12:30、16:30)
メークロン駅着 (8:30、11:10、14:30、17:40)
メークロン駅発 (6:20、9:00、11:30、15:30)

2017/08訪問

  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

海外現地情報のリクエスト

海外 現地クチコミの情報拡充のため、下記のようなご意見などぜひフォームよりお送りください。

  • ○○がおいしいお店の情報がほしい
  • こんなスポットを掲載してほしい
  • 掲載してほしい都市がある
  • 掲載されている内容に誤りがある、情報が古い

いただいたご意見は情報拡充やサイト改善の参考にさせていただきます。

※このリクエストフォームは「送信専用」であり、トラベルコ現地クチコミ事務局より返信することはできません。 ご質問など、事務局からの返信をご希望の場合は「不具合・ご意見」フォームからご用件とお名前・メールアドレスをご記入の上、送信してください。

送信する