1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ドブロブニク(クロアチア)観光地
  5. ロヴリイェナツ要塞の現地クチコミ
ドブロブニク (クロアチア) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

アドリア (旅行コーディネーター)

大人気海外ドラマの舞台! 歴史ある堅牢な要塞

  • 要塞おすすめ
  • 穴場
  • 人気急上昇

旧市街のピレ門前広場から、ひときわ堅牢にそびえ立っているのが見える、ロヴリイェナツ要塞。英語ではSir Lawrence Fortress(サー・ローレンス・フォートレス)とも呼ばれています。旧市街を囲む城壁からは離れた要塞なので「城壁ウォーク」のルートには入っていないのですが、ドゥブロヴニク旧市街でゆっくり過ごす機会があったら、ぜひ足を運んでみてください。

11世紀の始め、当時のドゥブロヴニクはアドリア海を隔てた都市ヴェネチアと敵対関係にありました。ヴェネチアがドゥブロヴニク攻略のためこの場所に要塞を建てようとしていると知り、ドゥブロヴニクの人々はそれに先んじて、わずか3カ月で強大な要塞を建設。あとからやってきたヴェネチア勢を追い返したという逸話があります。

37メートルの崖の上に立ち、壁の厚いところは約12メートルもあります。一方で要塞が敵に占拠された場合には反撃しやすいようにと、内陸側の壁は厚さ約60センチと薄くなっています。要塞の中には、海に向けて設置された大砲があり、歴史上の戦いをイメージすることができるかもしれません。また、一番上まで上ると、城壁に囲まれた旧市街を外から眺めることができ、絶好の撮影スポットとなっています。

要塞としての役割を終えた近現代においては、会議場や劇場として使われることが多かったのですが、海外で大人気のドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の王城「レッド・キープ」の撮影地となったことから、いまや世界中のドラマファンが、ドゥブロヴニクを、そして「レッド・キープ」ことロヴリイェナツ要塞を目指してやってくるようになりました。旅行前にドラマを見ておくと、さらに楽しめるかもしれません。

要塞へは、ピレ門前の広場から旧市街に入らず、門向かって右手の、海のほうに歩いていきます。徒歩数分で入口に着きます。ドゥブロヴニクカードまたは城壁のチケットで入場でき、ロヴリイェナツ城塞のみの場合は、入場料1人50クーナです。

2018/03訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。