1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 海外旅行
  3. 海外現地クチコミ
  4. ドバイ(アラブ首長国連邦)観光地
  5. ドバイクリーク (ドバイ川)の現地クチコミ
ドバイ (アラブ首長国連邦) 観光の現地クチコミ

現地のプロ(3人)詳細

Dubai Creek ドバイクリーク (ドバイ川)

ゆん (フリーライター)

小舟に乗って渡り歩く、運河沿いに栄えたドバイの旧市街

  • 観光おすすめ
  • 定番人気

ドバイ・クリークは、アラビア湾の海水が流れ込む運河で、ドバイの街を二分するように存在しています。
ドバイの街はこのクリーク沿いを貿易の拠点として発展を遂げたため、
クリークの北側にあるデイラ地区と南側に位置するバール・ドバイ地区にはノスタルジックな街並みが残り、
ドバイの歴史を感じられる様々な観光スポットが点在しています。

バール・ドバイ地区はドバイ博物館やオールド・スーク、伝統建築が保護されているバスタキヤ地区があり、
デイラ地区は多種多様なスパイスが揃うスパイス・スークがあるので、アラビアンな雰囲気を楽しめる観光地が目白押し!

この2つのエリアを散策するために大活躍するのが、1ディルハムで乗船可能なアグラという小舟です。
潮風感じるアグラに乗って、クリークを渡って散策する!これこそドバイの旧市街を楽しむ醍醐味ではないかなと思います。
クリーク沿いのアグラ乗り場は全部で4カ所ありますが、「アル・グバイバ(Al Ghubaib)」駅から徒歩約15分で着く、
「バール・ドバイ・アブラ・ステーション(Bur Dubai Abra Station)」から乗ることをオススメします!
オールド・スークからスパイス・スークまでの導線を繋いでいるので、効率よく散策できますよ。

また近年、新しく「アル・シーフ(Al Seef)」というスポットがクリーク沿いに誕生しました!
伝統的な建築スタイルの建物内はカフェやショップになっていて、食事やお買い物が楽しめます。
スタッフの方々はオーダー等、英語で対応可能な方々ばかりなので安心です。

このスポットの面白いところは、全てのエリアがトラディショナルな街並みで造られているのではなく、
途中からモダンで洗練された建物が並ぶ近代的な雰囲気に街並みが様変わりするところです。
まるでエリア全体を通して“ドバイの過去から現在までの移り変わり”が表現されているかのような演出は、
ドバイの歴史が動き出したドバイ・クリーク沿いにあるからこそリアルに感じることができるのかなと思います。

「アル・シーフ(Al Seef)」へのアクセス方法は2パターン。
メトロの「アル・ファヒーディ(Al Fahidi)」駅から向かうと、
徒歩約10分でオールドスタイルの街並みが連なっているエリアに辿り着くことができ、
「バージュ・マン(Burjuman)」駅から向かうと、徒歩約15分でモダンなエリア側に到着しますので、
行ってみたいエリアに近い駅から向かうことをオススメします。

様々な表情を持つスポットが目白押しのドバイ・クリークは、写真を撮りながらお散歩をしているだけでも楽しいので、是非訪れてみて下さいね。

2018/12訪問
  • 上記の記事は、訪問時点の情報を元に作成しています。訪問先の都合や現地事情により、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。